Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

GDW/HJ「現代機甲戦 Assault」「ブーツ・アンド・サドルズ」

メルカリにて、GDW/ホビージャパンの「現代機甲戦 Assault」(1984年発売)と、シリーズ第2作「ブーツ・アンド・サドルズ」(1985年発売)の中古・カウンター未切離品を購入。言わずと知れた、1980年代後半のヨーロッパでの第三次世界大戦を想定した戦術級ゲー…

コマンドマガジン150号「冬戦争 Red Winter」

昨日書いた、131号、138号と同じく、駿河屋の中古コーナーにて、コマンドマガジン150号「冬戦争」(2019年発売)を購入。これも品切れだが、ほぼ定価に近い金額だった。そしてこの付録ゲームも、元々はGMT「Red Winter」(2012年発売)で、元ゲームを買ったにも…

コマンドマガジン131号「モジャイスクの戦い」138号「ムツェンスクの戦い」

駿河屋の中古コーナーにて、コマンドマガジン131号「モジャイスクの戦い」(2016年発売)と、138号「ムツェンスクの戦い」(2017年発売)の中古新品を購入。どちらもすでに品切れだが、定価とほぼほぼ同じ値段だった。この2つの付録ゲーム、元々はGMT「Roads to…

【参考文献】「第二次世界大戦 戦況図解」

地図と解説でよくわかる 第二次世界大戦戦況図解 WWII Illustrated Atlas 作者:デヴィッド・ジョーダン,アンドリュー・ウィースト ホビージャパン Amazon 新刊「第二次世界大戦 戦況図解」を購入。この手の地図本は何冊も買っているのだけれど、やはり基本的…

【参考文献】ハイム・ヘルツォーグ「図解 中東戦争」

図解 中東戦争―イスラエル建国からレバノン進攻まで 作者:ハイム ヘルツォーグ 原書房 Amazon 昨日は、仕事ついでに横須賀まで行き、古書店探訪。横須賀中央駅から、えっちらおったら長く急な上り坂の先にある古書店にたどり着いたので、来た記念にと、1990…

【参考文献】ジャン・ポール・パリュ「西方電撃戦 フランス侵攻1940」

西方電撃戦―フランス侵攻1940 作者:ジャン・ポール パリュ 大日本絵画 Amazon 「Hannut : Tank Action France 1940」を購入したついでに、前々からAmazonの欲しいモノリストに入れていた「西方電撃戦 フランス侵攻1940」を購入。いや、さすがに高額なので、…

【Grand Operational Simulation Series】World at War 80号「Hannut : Tank Action France 1940」

Decision Gamesから発行されている、第二次世界大戦ウォーゲーム専門誌「World at War」80号を購入。「WaW」誌を購入するのは、これが初。今回は付録ゲームの日本語ルールが欲しかったので「小さなウォーゲーム屋」さん経由で購入と。 そんな「WaW」80号の付…

【参考文献】ジョン・ウィークス「対戦車戦」

対戦車戦―戦車と戦う人間 作者:ジョン・ウィークス 原書房 Amazon 先日、高崎の古書店に行った際に、1980年発売の「対戦車戦」を購入。古い本だけど、高崎にも滅多に来ないし、来たオミヤゲに何か一冊と思い、500円コーナーから回収。内容的には、戦車が登場…

【参考文献】カーユス・ベッカー「呪われた海 ドイツ海軍戦闘記録」

呪われた海―ドイツ海軍戦闘記録 作者:カーユス ベッカー 中央公論新社 Amazon 今日は、所用で都心まで出たので、五反田、戸越銀座、武蔵小山、自由が丘の古書店を偵察。その途中、戸越銀座の小川書店(軍事書多め)で「呪われた海 ドイツ海軍戦闘記録」を購入…

【Battalion Combat Series】「Panzers Last Stand」Operation Konrad I Solo-Play AAR Part.2

ではコンラート作戦Iシナリオ、ソロプレイ開始。まず第1(1945年1月2日)ターン、枢軸軍に許可された活性化割当(Allotments)は、Primary(第2活性化OK)1回、Secondary(第2活性化NG)2回。ただしこのターン唯一のPrimary活性化は、攻勢の先鋒であるドイツ第96歩兵…

【Battalion Combat Series】「Panzers Last Stand」Operation Konrad I Solo-Play AAR Part.1 Set-Up

先日届いた「BCS:Panzers Last Stand」のルールとヒストリカルノート等の翻訳が終わり、いよいよプレイ稼働状態に。まずはキャンペーン最序盤を扱う、シナリオ3「Operation Konrad I」を並べてみた。状況としては、1945年1月1日、ソ連軍に包囲されたブダペ…

【参考文献】ローレンス・フリードマン「戦略の世界史」(上下)

戦略の世界史(上)(下)2冊セット 日経BP 日本経済新聞出版本部 Amazon 文庫化された「戦略の世界史」(上下)を購入。2018年に単行本が出た時も、店頭でぱらぱら立ち読みしたものの、軍事戦略だけでなく、政策、社会運動、ビジネスまで多岐に及ぶ戦略書だっ…

【Battalion Combat Series】「Panzers Last Stand」

プレオーダーしていた、戦術作戦級シリーズBCS(Battalion Combat Series)第4弾「Panzers Last Stand」が到着。今回のテーマは、1945年ハンガリー戦で、BCS初の東部戦線モノとなっている。時期的には、1945年1月のコンラートI、II、III作戦、2月の南風作戦、…

【Advanced Squad Leader】「Starter Kit Bonus Pack #2」

ASL(Advanced Squad Leader)の入門編スターター・シリーズの新作「Starter Kit Bonus Pack #2」をクロノノーツゲームさんから購入。しかし「Bonus Pack #1」っていつ出たっけ?と思ってBlogを読み返したら、2009年だった。それからもう12年。ASLスターター・…

「Across the Bug River」Campaign Solo-Play AAR 

夏休みの宿題その2。先月購入した「Across the Bug River」を初めてソロプレイしてみた。まあ最初からキャンペーンシナリオでも大丈夫だろうと思ったが、この後、結構なルール間違いをしたままプレイを続けてしまうハメに。しかしやり直すのもアレだし、今…

【Operational Combat Series】「The Third Winter」Scorpions in a Bottle Solo-Play AAR

先月購入した「OCS:The Third Winter」のカウンターをようやく切断。とりあえず小振りなシナリオから試してみようと「Scorpions in a Bottle」を並べてみた。このシナリオは、1943年12月26日~1944年2月19日ターンまでの、コルスン周辺での戦闘を扱っている…

【参考文献】マイケル・ハワード「クラウゼヴィッツ「戦略論」の思想」

クラウゼヴィッツ: 『戦争論』の思想 作者:マイケル・ハワード 勁草書房 Amazon イギリスの歴史家マイケル・ハワードの「クラウゼヴィッツ 「戦争論」の思想」の邦訳が出たので購入。「戦争論」のバックボーンにある、クラウゼヴィッツ自身の人となりや、当…

【Advanced Squad Leader】「Blood Reef : Tarawa」

1999年にアバロンヒル社から発売されたASL(Advanced Squad Leader)のヒストリカル・モジュール「Blood Reef : Tarawa」をヤフオクにて購入。昨年末、MMP社で売れ残っていた「Blood Reef : Tarawa Gamer's Guide」を買った時に『(本体モジュールも)いいとこ3…

VUCA Simulations「Across the Bug River」

ドイツの新興メーカーVUCA Simulationsの「Across the Bug River」を「小さなウォーゲーム屋」さんから購入(日本語ルール付)。お題は、1941年6月22日、バルバロッサ作戦劈頭の、ヴォロディームィル=ヴォルィーンシキー(長いな)周辺での数日間の戦闘を扱って…

【参考文献】イアン・トール「太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上下)」

太平洋の試練 上 ガダルカナルからサイパン陥落まで (文春文庫 ト 5-3) 作者:イアン・トール 文藝春秋 Amazon 太平洋の試練 下 ガダルカナルからサイパン陥落まで (文春文庫) 作者:イアン・トール 文藝春秋 Amazon 「太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイま…

【参考文献】リチャード・オウヴァリー「なぜ連合国が勝ったのか?」

なぜ連合国が勝ったのか? 作者:リチャード・オウヴァリー 楽工社 Amazon イギリスの歴史家、リチャード・オウヴァリーの「なぜ連合国が勝ったのか?」の邦訳が出たので購入。初版は1995年だが、今回は2006年に出版された第2版の翻訳。第二次大戦で連合国が…

SPI/HJ「第二次欧州大戦 War in Europe」

先日、今まで行ったことのなかった沿線の古書店を巡り、見知らぬ駅に次々下りて探索を開始。しかし7駅で7軒まわって特に収穫は無く、8駅目の8軒目でようやく、一応買っておくかという程度の古書を買い、最後の9駅目に到着。まあ、ここだけ見て今日は帰…

【Operation Combat Series】「The Third Winter」

MMPに直接プレオーダーしていた、OCS(Operational Combat Series)第19弾「The Third Winter」が到着。その名の通り「三度目の冬」……つまり枢軸軍がソ連に侵攻して「一度目の冬(1941-42年モスクワ攻略失敗)」「二度目の冬(1942-43年スターリングラード降伏)」…

【C3 Series】The Dogs of War:The River Weser Deep and Wide Campaign Solo-Play AAR part.2

さて「The Dogs of War」キャンペーンシナリオの続き。開戦初日(1985年6月24日)0600時に始まった戦闘は、第3ターン(1200時)へ。このターン、ブラウンシュヴァイクの南から突破を図ったソ連第32親衛戦車師団は、NATO軍防衛線の隙を突いて、損耗1を被りなが…

【C3 Series】The Dogs of War:The River Weser Deep and Wide Campaign Solo-Play AAR part.1

2月に購入した仮想・第三次世界大戦C3シリーズ第2弾「The Dogs of War」をソロプレイすることに。2019年9月に、シリーズ前作「Less than 60 Miles」をプレイした際には、態勢マーカーが足りなくなったことから、VASSALでプレイした方が良いと思ったのだが…

「Up Front」「Banzai」「Desert War」

一昨日、メルカリを見ていたら、日本語版「アップフロント Up Front」(Squad Leaderのカードゲーム版)が送料込み11500円で出ていた。ふーんと思って画像を見たら、妙に内容物が多い。よくよく見ると、どうやら日本語版「アップフロント」に、英語版の「Banza…

「PanzerBlitz:Hill of Death」First Crack Solo-Play

仕事も一段落したので、2月に購入した「Panzer Blitz:Hill of Death」をソロプレイしてみることに。まずはシナリオ1「Fiest Crack」を選択。112高地周辺に陣取ったドイツ軍に対し、イギリス軍が攻めかけるという状況。ドイツ軍側のチットは、OP0(1スタッ…

【参考文献】「後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線」

後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線 (角川新書) 作者:広中 一成 発売日: 2021/04/09 メディア: 新書 新刊「後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線」を購入。あとがきにもあるように、研究者である著者御自身が『そういえば、太平洋戦争のときって、日中戦争…

【参考文献】「バトル・オブ・ブリテン1940 ドイツ空軍の鷲攻撃と史上初の統合防空システム」

バトル・オブ・ブリテン1940 ドイツ空軍の鷲攻撃と史上初の統合防空システム 作者:ダグラス・C・ディルディ 発売日: 2021/03/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) ぶらり八重洲ブックセンターに寄ったら、 「バトル・オブ・ブリテン1940 ドイツ空軍の鷲攻撃…

【Advanced Squad Leader】「AP#16 From The Land Down Under」「Winter Offensive Bonus Pack #12」

Advanced Squad Leader(ASL)の新作2点をクロノノーツゲームさんから購入。まず1点は「Action Pack #16 From The Land Down Under」。地図盤1枚と、オーストラリアのASLクラブ作によるシナリオ15本のセット。そのうち8本は、第二次大戦中にオーストラリア…