Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】「ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊」

ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊
 

昨年刊行された「ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊」を購入。ブランデンブルク隊は、特殊部隊だっただけに、その内実は不明な部分も多いが、それにしてもかなり詳細な内容だったため、出た時から気になっていた一冊。現在ルール翻訳中の「TSWW:Barbarossa」では、ブランデンブルク隊のユニット毎に特殊能力が異なるという仕様になっており、元ネタを確かめる意味でも入手してみた。

ちなみに「TSWW:Barbarossa」のブランデンブルク隊は、まず共通能力として、敵が保持している橋梁の奪取や破壊、石油精製施設の捕獲が行え、パルチザンに対する降伏ダイスロールに有利な修整が得られる。さらにウクライナ人で組織されたナハティガル(ナイチンゲール)大隊、ローラント大隊(本書を読むと実際にはブランデンブルク隊の指揮下ではなかったらしい)は、ソ連軍の降伏ダイスロールに有利な修整が得られ、元ソ連軍捕虜や脱走兵で構成されたベルクマン特務隊は、ソ連軍ユニットを操って、枢軸軍から2ヘクス遠ざけることができる。また鉱油技術旅団は石油施設の修理が行え、第804部隊は常に戦闘前後退が行え、1年に3回奇襲に自動成功し、1ゲームに1回だけソ連軍の非師団ユニットを操れる。まあ、そこまで特別ルールが多いなら、単なる歩兵ユニットとは区別して、使用するかなと。

「OCS:DAK」でも、選択ルールとして「第287特殊任務連隊によるエジプト軍ユニットの懐柔」や「ヘッカー水陸両用大隊による海岸上陸」がある。使ったことないけど。フォン・ケーネン隊ユニットも用意されているが、練度の高い歩兵ユニットとして消耗されるのがオチかなと。

同じく「OCS:Case Blue」のグロズヌイ戦シナリオには第288特殊任務連隊が登場するし、「OCS:Tunisia II」にもフォン・ケーネン隊ユニットが登場するが、どちらも特別ルールは無く、練度の高い歩兵ユニットとして表現されている。またビル・ハケイム戦を扱った「GTS:No Question of Surrender」にも第287特殊任務連隊ユニットが出てくるが、こちらも単なる歩兵ユニット扱い。これもある意味、特殊部隊として訓練されたのに、単なる歩兵として消耗されてしまったという、ブランデンブルク隊の史実的な運用とその悲劇を表しているわけだ。

もう手放してしまったが、レロス島の戦いを扱った「TCS:Leros」は、ブランデンブルク隊をかなりフィーチャーした作品だったと思う。結局まともにプレイすることなく処分してしまったが、もしブランデンブルク隊にご興味があるなら、それをがっつりと堪能できるゲームは「TCS:Leros」かもしれない。

【参考文献】Aleksei Isaev「Dubno 1941」

Dubno 1941: The Greatest Tank Battle of the Second World War (English Edition)

Dubno 1941: The Greatest Tank Battle of the Second World War (English Edition)

 

引き続き「TSWW:Barbarossa」発売に向けて、WWII東部戦線本を収集中。こちらは、ロシアの戦史研究家Alexey(Aleksei) Isaev氏による作戦史「Dubno 1941」。1941年6月、バルバロッサ作戦開始直後、進撃するドイツ南方軍集団に対して、ドゥブノ周辺で行われたソ連南西正面軍の反撃を扱っている。サブタイトルにも「第二次世界大戦最大の戦車戦」とあるが、ソ連軍3000輌、ドイツ軍800輌が参戦しており、後のプロホロフカ(クルスク)戦車戦より、実は大規模だったという。本書が最初に発行されたのも2017年なので、まさに最新の知見というところだろうか。 

このドゥブノ戦を扱ったウォーゲームでは、World ar War誌31号「Drive on Dubno」(2013年)と、コマンドマガジン120号「ドゥブノ大戦車戦」(2014年)があるが、あいにくどちらも持っていないし、プレイもしていない。どちらも本書発行前に発売されたゲームなので、本書での知見は反映されていないかな。一応、どちらも1ユニット=大隊(ドイツ軍)/連隊(ソ連軍)という作戦級スケールになっている。

ただ、この「Dubno 1941」を読むと、むしろもっと細かい、GTS(Grand Tactical Series)のような作戦戦術級ゲームとしてプレイしたいと感じた。と言うのも著者曰く、この戦いは、戦車戦(Tank Battle)というより機甲戦(Armored Battle)であったと。ソ連軍は、大量の戦車を有していたが、それに伴う歩兵・砲兵・航空支援は無く、逆にドイツ軍は、ソ連軍戦車に対して、戦車で対抗するのではなく、歩兵・砲兵・航空支援による複合兵科効果(コンバインド・アームズ)で対抗したと。そのような機甲戦闘は、兵科の違いが如実に反映された1ユニット=中隊単位ぐらいで表現されていると、その様相がよく分かると思う。

ただ、ネックになるのは、その作戦範囲の広さだ。やはり東部戦線だけあって、この戦闘全体を1ヘクス=500mで表現しようとするのは、かなり無理。一応、本書には、6月26日に行われたソ連第8機械化軍団による反撃の戦況図も載っていたが、そこだけ切り取るならアリかなと。

本書では、バルバロッサ作戦開始当初の、ソ連軍の戦車師団や自動車化師団についても詳しく分析しているが、たしかに編制上、装備車輌は多いものの、その構成員の60~70%は軍隊勤務2年以下という、新米部隊ばかりだったようだ。

f:id:crystal0207:20200318195114j:plain

「OCS:Smolensk」にも、戦力は高く、人員(ステップ数)も多いのに、質(アクションレーティング)が低いソ連戦車師団が登場していたが、まさにアレ。現在ルールを翻訳している「TSWW:Barbarossa」にも、この当時のソ連戦車師団/自動車化師団に特別なペナルティが課されているし、中には「半自動車化機甲(Half Mortorized Armored)」ユニットなどという、ワケの分からない部隊も登場するが、それもこの当時の、独特な部隊構成を表現したものだろう。

本書ではドゥブノ戦だけが扱われているが、恐らく他の戦線でも、ソ連軍戦車/自動車化部隊は同様の問題を抱えていたと思うので、ドゥブノ戦の戦いぶりを見ることで、当時のソ連軍全体の問題も見えてくるのではないだろうか。

【参考文献】アントニー・ビーヴァー「赤軍記者グロースマン」

赤軍記者グロースマン―独ソ戦取材ノート1941‐45

赤軍記者グロースマン―独ソ戦取材ノート1941‐45

 

2007年に発売された「赤軍記者グロースマン」を、墨田区古書店にて適価にて購入。これもたいして古くない本だけれど、いつの間にか品切れていて高値になっていた。そろそろ史上最大の独ソ戦ゲーム「TSWW:Barbarossa」も発売なので、その雰囲気作りに良いかなと思って。たしかにWWII東部戦線の生々しさや、ドイツ側から伝えられるのとはまた違ったソ連側の実情が感じられる。

しかし個人的には、こういった「下からの歴史(History from below)」=庶民レベルから掘り起こされた民衆史は、あまり興味が無かったりする。いや、もちろん歴史研究では、そういったミクロレベルの情報を丹念に拾い起こすことも重要なのは重々承知なんだけれど、単純にあまり民衆史に興味がないんだと思う。日本の戦争モノでも「海軍飯炊き物語」みたいな本は全然読まないし。だから本書も「イワンの戦争」(これも白水社で品切れだ)も発売当時はスルーしたし、最近コミック化された「戦争は女の顔をしていない」も「ボタン穴から見た戦争」も、書店でぱらぱらとページをめくってみたものの、いまだに買う気がしないし、読んでもいない。

むしろ戦史好きとして自分が興味があるのは「上からの歴史(History from above)」=政治家、軍事指導者、少なくとも作戦指揮官レベルから見た戦争の歴史だったり、戦略家による戦略・作戦分析だったり、作戦経過や部隊史なんだけれど、これはもう好みの問題なので。歴史研究者だったら、その双方を追うかもしれないけど、自分、あくまで一読者なので。 

イワンの戦争 赤軍兵士の記録1939-45

イワンの戦争 赤軍兵士の記録1939-45

 

【参考文献】「総力戦としての第二次世界大戦」

新刊「総力戦としての第二次世界大戦」を購入。本書では、ポーランド戦、フランス戦、英国航空決戦、北アフリカ戦線、イタリア戦線、ノルマンディ上陸作戦戦略爆撃、マーケットガーデン作戦、バルジの戦いが採り上げられており、サブタイトルにも「西方戦線の激闘」とあったので、欧州西部戦線オンリーかと思いきや、それを概説するために東部戦線のバルバロッサ作戦にも一章が割かれている。

プロローグに書かれているように、第二次世界大戦は総力戦=個々の戦闘に決定性は無かった、としながらも、その戦闘を分析している。内容については、特に目新しいものはないと言いつつも、さまざまな戦略家によるその戦闘の論評(そしてその論評自体の問題点)も整理して列挙されているので、なるほど、今この戦いはそういう観点で語られているのか、という基盤的な理解をするには良いかなと。

【参考文献】G.L.ワインバーグ「第二次世界大戦」

第二次世界大戦 (シリーズ戦争学入門)

第二次世界大戦 (シリーズ戦争学入門)

 

シリーズ戦争学入門の第2弾、G.L.ワインバーグの「第二次世界対戦」を購入。軍事史の専門家による第二次世界大戦の概説ということで、欧州・アジア両戦域の流れが簡潔にまとめられている。まあ、すでにアントニー・ビーヴァーの「第二次世界対戦(上中下)」や、H.P.ウィルモットの「大いなる聖戦(上下)」を読んでいると、分量的にはやや物足りない気もする。 

A World at Arms: A Global History of World War II

A World at Arms: A Global History of World War II

 

むしろ気になるのは、本書の元になった、同著者による第二次大戦の通史「A World at Arms」(約1200ページ)だったりする。うーん、ちょっと読み切れるかどうか分からないが、訳者解説ではこの「A World at Arms」を『すでに古典としての地位を確立したといってよい』と評しているので、いずれ手を出すかも。

【参考文献】Niklas Zetterling & Anders Frankson「The Drive on Moscow 1941」

The Drive on Moscow 1941: Operation Taifun and Germany’s First Great Crisis of World War II

The Drive on Moscow 1941: Operation Taifun and Germany’s First Great Crisis of World War II

 

いよいよ史上最大のWWII独ソ戦ゲーム(地図盤20枚、カウンター7840個)「TSWW:Barbarossa」が今月中に発送されるそうで、こちらとしても、その雰囲気作りに、あらためて東部戦線書籍を買い集めている。

まずは「Normandy 1944」の著者でもあるNiklas Zetterlingと、Anders Franksonの共著「The Drive on Moscow 1941」。こちらは「Normandy 1944」とは違って、軍事分析より読み物部分が多い。あらためてモスクワ攻略・タイフーン作戦の顛末を眺めるには手頃な分量。一応、巻末には東部戦線でのドイツ軍戦車の損失数の推移や、独ソ両軍の戦闘序列も簡単にまとめられている。

昨年読んだ「ナチス 破壊の経済」第15章「1941年 転回点」でも、このバルバロッサ作戦~タイフーン作戦の頓挫が、ドイツの戦争が崩壊した時だと捉えており、将来アメリカが参戦する前にソ連を打倒しようとするギャンブルに負けたのがこの時期だと。まあ、ソ連を打倒するだとか、資源問題が解決するという発想そのものが妄想に近かったようだけれど。

だったらウォーゲーム上でも、独ソ戦なんてムダじゃないかと思うけれど、大概の独ソ戦ウォーゲームで与えられるのは、あくまで戦域司令官や参謀本部の立場なので『ドイツの生活圏を拡大するためにソ連に攻め込むぞ』という政治方針は変えられなかったりする。今回発売される「TSWW:Barbarossa」でもそれは同じなので、あくまでハルダー参謀総長のように、絶望的な戦いに胃を痛めるしか。

もちろん、もっと戦略的レベルで、ソ連と戦わずに勝利を収めるようなウォーゲームもあるのだろうが、自分はあまりそのあたりに詳しくないので、そのうち「Gathering Storm」にも触れてみよう(こちらも昨年からルール翻訳中)。

ちなみに「TSWW:Barbarossa」のルールは、すでにメーカーから送って頂いて翻訳を進めている。今のところの印象としては、当時の独ソ両軍の政治的制約も如実に反映しているというか、ガチガチに史実に固める方向のルール。ドイツ軍は、1941年12月以降、後退する際、スタック毎に「後退許可」が出るかどうか判定するとか、1942年以降は毎年1回攻勢をやらなきゃいかんとか(つまり42年の青作戦、43年の城塞作戦、44年のバルジのような攻勢をどこかでやれと)。他にも、対独協力者(ヒヴィ)や奴隷労働の活用、選択ルールとしてNBC兵器、とか恐ろしいルールも多々あり。すでにルールそのものの翻訳作業は90%まで終わっているので、発売と前後して公開できるかと思う。まあ、ルール以外にも、膨大なシナリオブックや戦闘序列や図表類があるけれど、とりあえず本体ルールでなんとか……

【参考文献】Niklas Zetterling「Normandy 1944」

スウェーデン軍事史家、Niklas Zetterlingが2000年に出版した「Normandy 1944:German Military Organization, Combat Power and Organizational Effectiveness」(1944年ノルマンディ:ドイツ軍の軍事組織、戦闘力、組織戦闘効率)が再版されたので、Amazonにて購入。ノルマンディ戦のドイツ軍分析としては、評価が高い一冊だったし、自分も前々から読みたかったが、初版が長らく品切れで、中古市場でも高騰していたので、ありがたい再版である。

しかし今回の再版は、一応「fully revised and updated(全面改定版)」という触れ込みだったが、旧版と比較した米Amazonの評価を見ると、あまり大きな改訂はされていないようだ。2000年以降に出版されたドイツ軍師団史からの情報が適用されている形跡も無く「全面改定版」 という宣伝文句は大袈裟かもしれない。また第2装甲師団の編成表が第2SS装甲師団になっているミスもあり、やや残念な出来である(Kindle版なら、そのうち訂正されるかもしれない)。

とは言え、内容そのものは興味深いので、ぱらぱらと読み始めている。

そもそも本書の存在を知ったのは、2016年に入手した「GTS:The Greatest Day」(ノルマンディ上陸作戦の英軍海岸のみを扱った作戦戦術級ゲーム)が、ドイツ軍の戦闘序列を調べる際に本書を基礎とした、と書かれていたことだった。特に「GTS:The Greatest Day」では、本書でZetterlingが言う「ドイツ軍は、ノルマンディ戦線では、8.8cm対空砲を対戦車任務にはほとんど使用せず、もっぱら(本来の任務である)対空任務と、間接砲撃任務に使用していた」という主張を採り入れている。そのため「GTS:The Greatest Day」にも、ドイツ軍の8.8cm対空砲ユニットは入っているが、対戦車能力は無く、対空と間接砲撃力しかない。これは結構思いきった処理で、それを見た時、ことの真偽はともかく、なるほどそういう歴史解釈もあるのかと、非常に興味深く感じた。

他にも本書では、連合軍航空機による空爆の間違ったイメージ……戦闘爆撃機によるロケット弾攻撃なんて車輌にそうそう当たらないし、その実害は思ったより少なく、むしろドイツ軍増援の移動を阻害したり、鉄道操車場などのインフラ攻撃の方が効力を発揮していたという記述も面白く、ドイツ軍戦闘車輌の主砲による装甲貫徹力の比較や、トレヴァー・N・デュピュイが考案した数式によってドイツ軍の戦闘効率を論理的に算定しようとする試みも、興味深い。

基本的には、ノルマンディ戦に参加したドイツ軍師団や独立部隊の説明が大半だが、そういった新視点での研究も多々盛り込まれており、ノルマンディ戦にご興味のあるウォーゲーマーなら、目を通しておいて損は無い一冊かなと。