Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【C3 Series】 「Die Festung Hamburg」

f:id:crystal0207:20230131165522j:image

Thin Red Line Gamesの新作、仮想1980年代・第三次欧州大戦を扱ったC3シリーズ第3弾「Die Festung Hamburg(ハンブルグ要塞)」が到着。このシリーズは、かつてSPIから発売されていた「Central Front」シリーズと「NATO Division Commnader」を魔合体させて21世紀に蘇らせたようなシステムで、プレイするのはなかなかしんどいが、個人的には気に入っている。しかし、なかなかここまで恐ろしげなボックスアートの作品も珍しい。もちろんシリーズ第1弾「Less Than 60 Miles」第2弾「The Dogs of War」同様、1ユニット=大隊~連隊規模、1ターン=3時間、1ヘクス=5kmという、詳細な作戦級ゲームスケールになっている。

f:id:crystal0207:20230131165526j:image

地図盤は前2作より50%増しの広さとなり、タイトルにもあるハンブルグブレーメンを含む北ドイツ平原一帯をカバーしている。

ちなみに昨年Compass Gamesから再販されたGDW「The Third World War」をソロプレイした時に、本当にハンブルグワルシャワ条約軍によって包囲されたものの、都市攻撃にしくじり、逆に攻撃側6スタックがすべて半壊するという、まさに「ハンブルグ要塞」的な大惨事になったので、それをよりミクロな視点で見てみるのも一興だなと。

f:id:crystal0207:20230131165550j:image

シリーズ3作の地図盤を連結してみるとこの通り。地図盤東端が東西ドイツ国境に沿っているため、ジグザグにならざるを得ない。しかしこうして比較してみると、一番下(南)の第1弾「Less Than 60 Miles」戦区は、さすがフルダ峡谷、地形が入り組んでいて攻めるには面倒くさい。対する一番上(北)の「Die Festung Hamburg」戦区の北ドイツ平原は最も進撃しやすそうに見える。とは言え真ん中の「The Dogs of War」戦区でプレイした時も、平野部はあったけれど、それほど進みやすかった印象はない。

一応シリーズとしては全5作、さらに南部の2戦区が出版されるはずなので、それが全部揃えば、夢企画として潰えたSPI「Central Front」シリーズの21世紀版となるんじゃないかな(しかしこのシリーズ企画もまだまだ油断はできないぞ)

f:id:crystal0207:20230131165531j:image

こちらが守るNATO軍ユニット。その大半は地元の西ドイツ軍、オランダ軍、デンマーク軍であり、米英軍を含んだ南部戦区に比べるとやや頼りない。

f:id:crystal0207:20230131165535j:image

こちらが攻めるワルシャワ条約軍。こちらも中央戦区ほど精鋭師団が多いワケではない。

f:id:crystal0207:20230131165539j:image

こちらはマーカー類。以前のプレイ経験からして、これだけでは多分足りないので、前2作のマーカーも流用するか、VASSALでプレイした方が便利。

f:id:crystal0207:20230131165543j:image

f:id:crystal0207:20230131165547j:image

一応、前2作も1回ずつソロプレイはしたものの、本作システムの特徴のひとつである、命令とフォーメーション変更を扱うところまでは進めていないので、次回はさらに長期的なプレイをして、両軍の隊形変更の柔軟さ、硬直さが味わえるといいなあ……

【Advanced Squad Leader】「ASL Journal #13」

f:id:crystal0207:20230110152209j:image

プレオーダーしていたAdvanced Squad Leader(ASL)の不定期専門誌「ASL Journal #13」が到着。2023年のウォーゲーム的初物がこちら。不定期とは言え、一年に一冊ずつ出ていた時期もあったが、前回の「#12」が2017年発売なので、5年近く空いたことになる。それについては巻頭の編集前期で「我々は忙しかった」とあるが、たしかにこの5年間に各種モジュールが多々発売されたので致し方なし。

その編集前期に今後のASL商品の展開も書かれていたが、「ASL Journal #14」(ANZAC/オーストラリア+ニュージーランド軍特集号)は近いうちに出すと。クルスク戦ヒストリカル・モジュール「Slaughter at Ponyri」はあまり進展がないようだが、第一次中東戦争やスペイン市民戦争、盧溝橋事件等のヒストリカル・モジュールに加えて、絶版のペガサス・ブリッジ、アルンヘム(A Bridge Too Far)のアップデート版も予告されていたので、まあ、こちらのお財布が苦しくないペースで出てくれればと思う(^_^;)

f:id:crystal0207:20230110152213j:image

本誌記事は「Hatten in Flames」のキャンペーンゲーム分析、車体遮蔽(Hull Down)について、朝鮮戦争モジュール「Forgotten War」のデザイナーズノート、朝鮮戦争でのイギリス海兵隊コマンド部隊について等があるが、特に盤外砲撃判定用チットの確率分析がやけに詳しく、ぱっと見、ビジネス雑誌の経営分析記事みたいだった(^_^;)

f:id:crystal0207:20230110152217j:image

付録は地図盤「#77」……すでにASLの地図盤は「#88」まで発売されているけれど、これだけ欠番状態だったが、ようやく発表されたか。あと1つだけ建物オーバーレイ「X20」も入っている。

f:id:crystal0207:20230110152221j:image

シナリオは、J194~J222まで29本収録。ここ数年に発売されたモジュールに合わせてか、日中戦争、冬戦争、1940年フランス戦、北アフリカ戦、朝鮮戦争など幅広い。

f:id:crystal0207:20230110152225j:image

さらに今回初めて見るフォーマットとして、1枚のシナリオカードにそれ専用の小さな地図盤も印刷されているという、新形式のシナリオが4本(両面印刷)収録されていた。シナリオナンバーがPK1~PK4とあるけれどPKって何の略?

まあ、ASLに関してはここ最近完全にコレクター化しているけれど、いずれまた出番も来ると思うので、それまでは引き続き整備フェイズということで、発売されたモジュールや雑誌を買い揃えておくしか……

 

【戦国群雄伝】「長元記」天魔王襲来 ソロプレイAAR

f:id:crystal0207:20230103113216j:image

先日「戦国武将列伝10  四国編」を購入した流れで、戦国群雄伝「長元記」をプレイしたくなった。まだゲームジャーナル版は未プレイだったので、早速カウンターを切り、一番バランスが取れているというシナリオ3「天魔王襲来」を配置。このシナリオは天正十年(1582年)六月、本能寺で織田信長が死なず、そのまま予定通り神戸信孝丹羽長秀によって四国征伐が開始されていたら?という仮想シナリオである。史実シナリオは、長宗我部方に有利な設定が多いため、こちらの方が良いだろうと。

f:id:crystal0207:20230103113220j:image

まず讃岐戦線では、長宗我部方の香川氏・羽床氏が、織田方の香西氏・奈良氏と対峙している。双方共に行動力2の武将ばかりなので、あまり期待はできないが、どちらも上位の長宗我部・織田の総大将・大将クラスに編入することは可能。と言うか、まさにそうした方が良いのだろう。ちなみに今回も編成表は使わず、地図盤上にユニットを積み重ねて、その兵力数をわかりやすく表現してみた。

f:id:crystal0207:20230103113225j:image

伊予北部戦線では、織田方の河野氏と、長宗我部方の金子氏が対峙。金子元宅(★323)は行動力3だが兵力的に劣勢。対する河野通直(★★222)は、総勢1万の兵を集めているが行動力は2と頼りない。

f:id:crystal0207:20230103113229j:image

伊予南部戦線にも、織田方の西園寺氏が総勢1万を展開させているが、西園寺公広(★312)は、他の指揮官を統率できず、小競り合いしかできない大将となっている。しかし他の大将とスタックしている場合は総大将として野戦修整(頼りない1)を使うことになり、せっかくこの地方最強の勇将・土居清良(★343)(野戦修整最強の4)がいても、合戦の采配は西園寺公広が担うことになる。その土居清良にしても配下に2ユニットしか編入できず、戦力9までしか扱えず、1レベルの城すら包囲できない(包囲には城レベル×10戦力が必要)。

f:id:crystal0207:20230103113233j:image

阿波戦線には、反長宗我部方で最も頼りになる男・十河在保(★★333)が、三好家の兵を加えた総勢1万と共に待機。その背後の淡路島には、すでに織田信長軍の四国征討部隊、神戸信孝(★★213)と丹羽長秀(★224)隊が控えている。丹羽長秀は、このシナリオ中、唯一の行動力4を持った武将である。

このように讃岐、伊予、阿波という3方面から長宗我部元親の本国である土佐に向けて攻撃が開始され、長宗我部としては内線作戦を強いられる展開となる。長宗我部元親(★★323)は、総勢2万7千の兵を集めているが、麾下の大将クラスも含めてその行動力は3であり、果たして3方向からの敵に対処できるのか?という、たしかになかなか面白い状況設定になっている。

まず第1イニング(1582年6月第2週)、長宗我部元親は、弟の香宗我部親泰(★323)に5千の兵を預け、4カ国の結節点である白地城に配置。元親本隊1万1千は、そこから西進し、金子氏と合流。伊予北部の河野氏討滅に向かった。伊予南部には面倒な土居清良がいるし、先に合戦で河野氏を潰しておこうと。

一方、阿波の十河勢1万は、長宗我部方の仁宇城を強襲。大兵力にモノを言わせ、城の耐久力をガリガリと削っていく。それに対して長宗我部方も、猛将・桑名吉成(★333)4千を送り込んだが、十河勢から手痛い反撃を喰らっている。また神戸信孝丹羽長秀隊は讃岐へ向かい、その配下に香西氏、奈良氏を組み込み、兵力を増した上で作戦を行う計画である。

第2イニング(6月第3週)、神戸信孝は香西氏、奈良氏を部隊に編入して総勢9千となり、同じく総勢9千の丹羽長秀と共に、羽床城の羽床資載(★332)2千を攻撃。野戦修整3の羽床資載は頑強に抵抗したが、多勢に無勢、今滝五郎左衛門(312)が討ち死にし、城内へ退却、籠城することになった。これに対して白地城から香宗我部親泰隊が救援に駆けつけている。

一方、長宗我部元親本隊は、金子元宅隊5千を編入し、総勢1万6千となって河野勢1万に接近。しかし河野通直は合戦を避け、じりじりと後退。河野勢としてはできるだけ時間を稼ぎ、織田軍の来援を待つばかりである。

第3イニング(6月第4週)、神戸信孝は羽床城の包囲を開始。丹羽長秀隊は、聖通寺城まで前進していた香宗我部親泰隊を攻撃し、これに痛撃を浴びせた。香宗我部親泰は城ヘクス上で補充を受けつつ抵抗しようとしたが、あいにく補充ダイスがハズれて補充無し。そこへ第3、第4ステージ連続で丹羽長秀が攻撃を加えて、親泰隊はすべてステップロス。さらに2ヘクス後退する際、土器川を渡ってさらに1ステップロス=戸渡親清が討ち取られてしまった。

阿波では十河勢が仁宇城を陥落させ、伊予北部では河野通直が山地ヘクスに入って合戦を避けるという遅滞行動が続いている。

第4イニング(7月第1週)、阿波の十河勢は、牟岐城の桑名吉成を攻撃。お互い野戦修整3のハードパンチャー同士の殴り合いだが、城ヘクスに陣取る桑名吉成は必死に補充を続け、防衛線を維持した。讃岐の丹羽長秀も、聖通寺城を攻囲開始。

一方の長宗我部元親本隊は、河野氏国府城、象ヶ森城に強襲をかけたが、どちらも城方が頑強に抵抗し(迎撃に成功)、長宗我部方も複数のステップロスを喰らうハメになった。

第5イニング(7月第2週)、阿波では、十河勢の猛攻を受けた桑名吉成が遂に5ユニットすべてがステップロスし、牟岐城から海部城へ撤退。しかし十河勢も10ユニット中6ステップロスと痛手を負ったまま牟岐城攻略に入った。讃岐では、丹羽長秀聖通寺城を落としている。

対する長宗我部元親本隊も、国府城、象ヶ森城を陥落させたものの、度重なる強襲に伴う城方の迎撃により、16ユニット中7ステップロスもの痛手を負ってしまった。このまま河野通直と合戦に及んでは、むしろ負けてしまう可能性も……

f:id:crystal0207:20230103192752j:image

第6イニング(7月第3週)、河野通直は、今ならワンチャン長宗我部元親本隊と合戦に及んでも互角に戦えるのではと思い、遂に合戦に応じることに。しかし野戦修整は互角でも、やはり戦力差に差があり、4ラウンド戦った末に河野勢は敗退。大将・大野直昌含めて6千の兵を失い、残り4千。たとえ全ステップを回復させても8戦力しかなく、城の攻囲ができないレベルにまで衰微してしまった。しかし長宗我部方も、16ユニット中12ステップロスともはや半壊状態である。

第7イニング(7月第4週)、長宗我部元親本隊は金子山城まで撤退し補充に専念。その間に讃岐では羽床城が陥落。聖通寺城を落とした丹羽長秀も、土器川を渡って天霧城に迫り、香川勢4千に痛撃を与えた。

第8イニング(8月第1週)、各地で傷ついた武将たちが補充に専念する中、丹羽長秀は香川勢を天霧城内に追い詰め、強襲をかけた。これに対して再び香宗我部親泰隊が救援に駆けつけるも、やはり丹羽長秀隊から猛反撃をくらって撤退。

第9イニング(8月第2週)、長宗我部元親本隊はようやく全回復。天霧城攻めには神戸信孝も加わり、城内の士気は-2、耐久度も2まで落として降伏勧告を行ったが、香川勢からの返答は無し。

f:id:crystal0207:20230103202625j:image

最終第10イニング(8月第3週)、全回復した長宗我部元親本隊は、やはり回復した香宗我部隊と合流し、総勢2万となって天霧城救出へ向かった。しかし一歩遅く、天霧城は陥落。籠城していた香西勢5千も除去された。ならばと長宗我部隊は、織田(神戸・丹羽)軍に合戦を挑もうとしたが、合戦をやるやらないの決定権を持つのは後手の織田軍。一応、織田軍も2万を擁しているが、ユニット戦力で言うと長宗我部側が優位。そして野戦修整も、丹羽長秀(2)ではなく、総大将の神戸信孝(1)を使わなくてはいけないので、その点でも不利……ということで、織田軍は撤退してしまった。

f:id:crystal0207:20230103202629j:image

そうして讃岐戦線に長宗我部元親本隊を釘付けにしている間に、阿波から十河勢に土佐を攻めさせればいい……とは言え、こちらも桑名吉成が善戦を続けていて、いまだに土佐には入れていない。

f:id:crystal0207:20230103202634j:image

南伊予方面は睨み合いで終わり。

結果、奪った城と除去した敵武将による勝利点を合計すると、織田方22点、長宗我部方9点となり、織田方の勝利と相成った。まあ、たしかにバランスは良いし、両軍とも主力をどこへ振り向けるか、選択肢が複数あって考えさせられるのが良い。今回は初めてのプレイだったので、こういった経緯になったが、もっと良い選択肢はなかったのか、いずれまた考えてみたい。

GMT「A World at War」を学ぶ Part.3:1941年夏バルバロッサ作戦

f:id:crystal0207:20230102182052j:image

2022年大晦日から、2023年元旦にかけて、21世紀版「アドバンスド第三帝国 Third Reich / Empire of Rising Sun」こと「A World at War」のルールを読んでいた。2年前にもいったん読んだが、今回は基本的なルール部分に蛍光ペンを引くという、受験生的な勉強方法で再インストールしようと。とにかくこのゲームもルールが多いが、重複して説明している部分や、特例やレアケースも多いので、まずは基本的なルールだけ抜き出すことにした。

f:id:crystal0207:20230102181849j:image

とりあえず1941年夏から始まるバルバロッサ作戦シナリオなら、地上作戦、航空作戦、兵站ルールぐらいまで読めばプレイできそうだったので、ルール確認として動かしてみることに。もちろんかなり間違っているだろうが、練習だからいいのだ。と言うか、ナポレオンの精密戦術級バタイユをプレイした時にも書いたが、こんなルールの多いゲーム、最初から完璧に、ミス無くプレイできるわけないのだから、まずは一回、雑にプレイしてみて、そこから疑問点を洗い出せばいいのよ。私は完璧主義者ではない。

f:id:crystal0207:20230102181853j:image

とは言え一応、「A World at War」公式サイトに専門誌「Ultra」のバルバロッサ作戦記事がPDF化されていたので、それをざっと読み、航空基地の配置だけ参考にしてみた。また公式サイトでは、バルバロッサ作戦シナリオ自体もアップデートされていたので、そちらの変更点もチェックと(完璧主義者ではないけれど、最新版には対応したい派)

f:id:crystal0207:20230102181856j:image

ということで1941年夏ターン。先攻・枢軸軍の移動と攻撃から。今回は5カ所で突破(Breakthrough)を得て、これらのヘクスを足がかりに装甲部隊をねじ込んでいく。

f:id:crystal0207:20230102181907j:image
突破ヘクスを足がかりにして、その先のヘクスへ、さらにもうひとつ先のヘクスへと展開(Exproitation)していく枢軸軍装甲部隊。

f:id:crystal0207:20230102181922j:image

しかし後手・ソ連軍は、生産フェイズで歩兵部隊を作りまくり、あっという間にドニエプル河沿いに新たな戦線を引き直した。

f:id:crystal0207:20230102181937j:image
続く1941年秋ターン。枢軸軍は再び移動・攻撃を行い、ミンスクに籠もるソ連軍を包囲。しかし装甲部隊が突破・展開によって散らばったため、集中して使える位置にいなかった。そうか、もっと近い位置で連携させないとダメなんだな。そんな枢軸軍の拙攻により、この時点でキエフスモレンスクもリガも取れていない。いやマズいよ。この後、さらにソ連軍の増援と生産が来て、厳しい冬ターンを迎えるんだから、もっと前進していないと……と分かったところで練習プレイ終了。

いやでも、基本的な陸戦と航空支援を学ぶにはこのシナリオで良いなと。最初の2ターンだけ動かしてみて、どこまで枢軸軍が進めるか練習すればいいんだ。そういったメドが見えてきただけでも収穫。いずれまたソロってみよう。

【Wargaming Column】ゆく年くる年2022

f:id:crystal0207:20221228104155j:image

毎年恒例、今年の振り返り&来年の展望について。

【2022年の購入ウォーゲーム】

こちらは2022年に購入したウォーゲーム、その1。そのほとんどは、昨年から購入を予定していた新作ゲームばかりで、ある意味想定内。「Panzer Leader」「第三帝国」といったイレギュラーな買い物もあったが、基本的にはこの数年同様、第二次世界大戦~現代戦というくくりの中に収まっている。

f:id:crystal0207:20221228104204j:image

問題はこちら。2022年に購入したウォーゲーム、その2。今年に入って、再び古代戦、中世、日本の戦国時代、ナポレオン戦争のゲームにも手を広げてしまった。特にナポレオン物は、以前所有していたのに手放してしまったバタイユ、Campaign of Napoleon、The Library of Napoleonic Battles、Triumph & Gloryシリーズをまるまる買い直して、さらに近年の作品まで買い揃えるという、いったい俺は何をしているのかと自問するような買い物っぷりだった。我ながら酷いと思う。

今年はある種、バブル景気的な買い物だったので、来年はこんなに買わないだろうな。いやホントに。マジでマジで。今年はゲームだけでなく、出張旅行と、家族の入院費でがっさり貯金が削られたので、来年は貯蓄の年にしたいのだ。

【2022年のウォーゲーム・プレイ】

今年も引き続きソロプレイ状態。だがそれでいい。当然のように、買ったゲームをすべて消化できるはずもないが、それでも「BCS:Arracourt」「GTS:Race for Bastogne」「Crossing the Line」「Operation Theseus」「The Third World War」「Nevsky」「Men of Iron」「Arquebus」TNLBシリーズ諸々と、一応一回はやっつけていった。なかなか複数回のプレイまではこぎ着けなかったが、一回プレイしておくのと、まったくプレイできていないのは全然違うのだよ。

【2023年の購入ウォーゲーム予想】

すでに予約している「Die Festung Hamburg(1980年代現代戦C3iシリーズ第三弾)」「Next War:Poland 2nd Edition」は、年明け早々に到着するはず。他にも、来年以降発売される予定の新作ゲームで言うと、GMT「North Africa'41」「GBoH:Battle of Alexander Expanded Deluxe Edition」「Next War:Taiwan 2nd Edition」「Decisive Action」、MMP「GTS Utah Beach」「ASL Sainte Mere Eglise 」、CompassAir & Armor」、Vuca「Red Strike(VG Gulf Strikeシステムの中欧戦線編)」……あたりが欲しい。うーん、これだけでも10個か。そして今年も発売されなかったTSWWの新作(南太平洋編とスペイン市民戦争編)はどうした。あと国際通信社からGDW「第五次辺境戦争」が再販される計画がある、というのも気になる。とりあえず来年は、ここに書いてあるゲームの購入だけで済めばいいなあと……(早くも弱気)

【2023年のウォーゲーム・プレイ予想】

とりあえず年明けの正月休みは、ゲームジャーナル版・戦国群雄伝のソロプレイと、「第三帝国」のルール読みからスタート予定。できれば来年は「第三帝国」「A World at War」のプレイに取りかかりたい。さらに、昨年の課題に挙げながらまったく手が着けられなかった「Downtown」系、今年一回はプレイしたもののまだルールが習得できていないバタイユ・シリーズ、今年購入しただけで終わった「Pacific War」……あたりが課題かなあ。もちろん来年の新作も、一度はやっつけておきたい。

 

Blogの記事数で見ると今年2022年は、今までで一番記事数が多かった2010年を抜いて、最も記事を書いた一年だった。それだけウォーゲームを買ったりプレイしたりが多かったのだろう。しかし占いの世界では、人生が12年サイクルで一周していくとする占術があるが、恐らく今年2022年(2010年から12年後)もひとつのピークで、来年以降は購入もプレイ回数も、下手するとウォーゲームそのものへのモチベーションも下がるんじゃないかと思っている。と言っても、また一気に断捨離はしないと思うが、そういった人生の流れが見えているからこそ「来年はこんなに買わないだろうな」と感じている。まあ、細々とでも続けていくとは思うので、来年も引き続き宜しくお願いいたします。

皆様、どうぞ良いお年を……

【参考文献】「戦国武将列伝10 四国編」「徳川家康と武田信玄」

2巻「関東編(上)」7巻「畿内編(上)」に続いて、戦国武将列伝シリーズ第10巻「四国編」も購入。全12巻のこのシリーズだが、あえてマイナーな地域の武将本から出しているようだ。本書では、四国武将を代表する長宗我部家の面々はもちろん、一条兼定安芸国虎、西園寺公広、十河存保・一在、河野通道・晴通、村上武吉・元吉などが紹介されている。もちろん自分もこのあたりの武将には詳しくないので、改めて知識をインストールしている感じ。またこのシリーズは、近年のさまざまな(中には相反する)学説を紹介しており、今現在どのような説があるのか、ざっくりわかるのが良いところ。とりあえず本書を手元に置いて戦国群雄伝「長元記」をもう一度プレイしてみたいと思う。

また、来年の大河ドラマ「どうする家康」にちなんで、さまざまな徳川家康関連の書籍が出ているが、その中から「徳川家康武田信玄」を購入。まあ、大河ドラマを視るかどうかは別として、こういったメジャー武将についても、近年の研究成果を読んでおきたいなと。本書では、桶狭間合戦から始まる徳川家康の独立、武田信玄と組んでの今川攻め、そして信玄の上洛戦、三方ヶ原の戦いに至る、徳川・武田両家の動きを追っている。このあたりの歴史的な流れや人物は一応、頭に入っているものの、近年の研究(徳川と今川・織田の関係性等)も入れて、当時のイメージを刷新した方が良いだろう。

ちなみに先日、某ゲームショップで、ゲームジャーナル52号「信玄上洛」と55号「関東制圧」のデッドストックを発見し、定価で売っていたので、すでに持っているのについ買ってしまった。まあ、手元に2冊ずつ抱えることになったので、心置きなく1冊はカウンターを切ってプレイ準備を整えた。ということで2023年の正月休みは、このあたりの戦国群雄伝のソロプレイから始まりそうだ……

【参考文献】「戦国武将列伝7 畿内編(上)」「歴史REAL 応仁の乱」

先日購入した2巻「関東編(上)」に続いて、戦国武将列伝シリーズ第7巻「畿内編(上)」も購入。「関東編(上)」は、享徳の乱を中心とした戦国時代初期の人物伝を集めた一冊だったが、こちらの「畿内編(上)」は、応仁・文明の乱後に登場した人物が紹介されている。個人的にはこの時期も知識が薄く、ほとんど分かっていない。応仁・文明の乱なら、足利義政細川勝元山名宗全畠山義就大内政弘……ぐらいは思い浮かぶが、本書ではそういった面々は紹介されておらず、細川勝元の子・細川政元、孫の細川澄元、三好長慶の曾祖父・三好之長、父・三好元長筒井順慶の祖父・筒井順興、父・筒井順昭など、自分にとってはミッシング・リンクな人物ばかりなので「関東編(上)」より手強い感じ……まあ、このあたりの人物が登場するシミュレーション・ウォーゲームは所有していないので、予備に持っておいて、何かあったら参照しよう……(^_^;)

また、応仁・文明の乱に関して、図版を用いた簡便なガイドブックもあるといいなと思い、2017年発行の「歴史REAL 応仁の乱」もネット古書店から購入。あまりこの手の本は買わないけれど、自分の知識が手薄な場合、本格的資料と併せて読むにはいいかなと。