Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【The Second World War】「TSWW : Singapore !」The Gates of India : Imphal and Kohima 1944 Solo-Play AAR Part.1

f:id:crystal0207:20200408105924j:image

ようやく「TSWW:Barbarossa」のルール翻訳も終わり、すでに現物もイギリスから発送されている。それが到着する前に、TSWWの最新ルールv1.6に慣れるため「TSWW:Singapore !」のインパール作戦シナリオ「The Gates of India : Imphal and Kohima 1944」をソロプレイすることに。このシナリオは、陸空のみだが、今までソロプレイしてきた小規模シナリオとは違って、より広大な戦域規模であり、補給についてもよく考える必要があるので、TSWW中級者へのステップアップとしては良いかなと。今回は、実際にユニットを地図盤に配置しつつ、VASSAL上でも配置を行っている。

f:id:crystal0207:20200408113519p:plain

まず戦略的な状況から見てみよう。連合軍は、地図盤外のインド西部から、鉄道によってカルカッタに物資を運び、そこからさらに東のダッカへその物資を移送している。しかし大輸送量(High Volume)の鉄道線があるのはここまで。そこからさらに東の都市、ディマプール、レドへは、各都市に航空補給部隊(Air Quatermaster)を配置し、その航空補給部隊に輸送機ユニットを配属することで、リレー的に物資を供給することになる。レドからは、さらに東の(地図盤外の)蒋介石率いる中国国民党軍に物資が運ばれ、これがいわゆる「援蒋ルート」という戦略的補給線になるわけだ。今までWWIIビルマ戦のゲームは「OCS:Burma」しかプレイしたことがないが、それより規模の大きいTSWWで見てみると、なるほどディマプールの重要性がよく分かる。

これに対して日本軍は1944年3月、この「援蒋ルート」の切断と、インドへの進入を目論んで、ルートの中間に位置するディマプールを狙い、その手前のインパール、コヒマに攻撃を開始する、というのがインパール作戦(ウ号作戦)である。敵の戦略的な補給線を切断するという意味では、決して狙いは悪くない。問題は、1944年3月の日本軍に、それを実行する能力があったかどうか、である。

f:id:crystal0207:20200408115548p:plain

シナリオは、インパール攻略のため、日本軍3個師団がチンドウィン川を渡って展開したところから始まる。だがこれと時期を同じくして、日本軍の後方には、イギリス軍空挺部隊「チンディット隊」が進入。その後方連絡線を脅かすという初期配置になっている。 

さてインパール作戦と言えば、日本軍の無謀な補給計画によって頓挫した、というのが一般的な見方だが、このシナリオでの補給状況はどうだろうか。

まずTSWWは、OCSよりおおざっぱなスケールなのに、OCSより補給ルールが細かくなっている。まず補給体系には、自国から地続きで補給を送る大陸(Continental)補給システムと、自国から海外に派兵した場合の渡洋(Overseas)補給システムがあり、微妙に補給線の引き方が異なっている。

日本軍は、自国から離れているため渡洋補給システムを使いそうなものだが、隣国タイ(親枢軸国)を本国として、ビルマまで鉄道を通して大陸補給システムを運用としているものとみなす。ちなみにそのタイ=ビルマ間の鉄道が、映画「戦場にかける橋」でも有名なクワイ河鉄道なのだが、イギリス製のTSWWとしては、ビルマ鉄道の建設ルールはもちろん、捕虜の奴隷労働ルールも準備されている。

f:id:crystal0207:20200408201615j:plain

日本軍には、補給所(ST)カウンターが2個、自動車化補給部隊(QM)が3個、河川補給部隊(RM)が1個用意され、それによって補給網を形成し、インパール作戦部隊はもちろん、東は拉孟・騰越、西はアキャブまでを補給下に置く必要がある。

まず補給所は、都市にしか配置できないため、1つは後方のラングーン、1つは前線近くのマンダレーに配置。さらにマンダレーの補給所には、20スタックポイント(連隊相当)を補給下に置ける補給部隊をスタックさせ、これを補給拠点とした。補給所と補給部隊がスタックした場合、その補給部隊の移動力に等しいヘクス数の部隊補給ルート(QMSR)範囲内にあるユニットと、そのルートから6ヘクス以内にあるユニットが一般補給下に置かれる。今回の場合、補給部隊の移動力は20なので、だいたい20ヘクス+6ヘクスまでが一般補給下に置かれる。

その部隊補給ルート上の、イェウにさらに補給部隊を配置し、そこからまた20ヘクス+6ヘクス先までの、インパール作戦部隊を一般補給下にした。またバーモにも補給部隊を置き、ミートキーナに置かれた第33軍司令部を介して、さらに先の拉孟・騰越までを一般補給下としている。

もちろんこれは、あくまで晴天時の補給範囲であり、悪天(Poor)、荒天(Severe)ともなれば、1ヘクスを通過するコストが増加し、たちまち補給が届かなくなってしまう。それでなくても、日本軍の補給範囲はインパールが狙えるぎりぎり程度であり、晴天時にどこまで攻められるかが作戦の成否を握っている……

……というところまでをルール上、解読するのに2日ほどかかってしまった。自分で翻訳したルールなのに頭に入っていないのもオカシな話だが、訳している間は『ああそうか』と納得しても、いざ実践するとなると『???』となるものだ。 

f:id:crystal0207:20200408105934j:image

ちなみに、こちらが西のアキャブ方面。一般港湾があるアキャブには、河川補給部隊を配置した。本来なら河川補給部隊は、巨大/大型港湾にしか設置できないが、10スタックポイントという限定された能力の河川補給部隊なら一般港湾にも配置できるという選択ルールを採用した(ルール16.L.3.d)。 

f:id:crystal0207:20200408204032j:plain

こちらが東のレド公路、雲南戦線。雲南からは、1944年5月後半ターン以降、中国国民党軍が現れ、拉孟・騰越を攻める予定。チンディット部隊が降下・開拓したアバディーン、ブロードウェイ飛行場には、レドから空中補給が行われる。

そういった連合軍の空中補給システムを、日本軍の航空戦力でどうにかすれば良かったという考えもあるだろうが、両軍の航空戦力差を見て頂こう。

f:id:crystal0207:20200408204539j:plain

数的には、連合軍圧勝。質的にも、イギリス軍にはスピットファイアVIII(空戦攻撃力13・防御力9)、アメリカ軍にもP47D5(空戦攻撃力11・防御力9)、P51B(空戦攻撃力9・防御力8)という新鋭戦闘機が投入されているが、日本軍は一式戦・隼(Ki43-IIb Oscar)(空戦攻撃力7・防御力6)があるだけで、これで制空権を取れだの、空中補給を切れと言われても……

『いやしかし、ビルマ戦線の一式戦部隊は、P51とも互角に戦ったのだ』という事実もあるにはある。実際、日本軍には5ユニット・10ステップ=200機相当の一式戦・隼があるが、これ史実の機数よりだいぶ多いと思う。1943年12月、ビルマに展開していた第5航空師団がカルカッタを全力攻撃した際、戦闘機94機を投入したとあるが、さすがにこの時期、200機は無かったのではないか。まあ、それもビルマ戦線で健闘した一式戦部隊を讃えてこのような評価になったのかもしれない(実際の機数より多めの戦力として認められているということ)。とは言え、互角=同数の損害を与え合ったとしても、そもそもの母数(保有数)が違うのだから、割合からいったら負けているのよ。

ウォーゲームでは、史実でそのような善戦があったとしても、割合と無慈悲に『でも結果、負けたから』といってバッサリ切る場合があるし、TSWWもその例外ではない。零戦神話があるように、一式戦神話もあるかもしれないが、そこはもう消耗戦的な視点で、ビルマ航空戦も見てみたいと思う。ではソロプレイ開始 ……(前振りが長すぎる)

【Wargaming Column】「PLUS 透明デスクマット 反射抑制機能付き」

f:id:crystal0207:20200331164256j:image

20年前に買った透明デスクマットが、さすがに経年劣化で黄ばんできた。いつも自宅テーブルでウォーゲームをする際、地図盤の上に敷いていたが、リプレイ写真を撮ると、その黄ばんだ色味まで映ってくるので、これはもう寿命だなと、新しいものを購入した。今まで使っていたのも、PLUSというメーカーの透明デスクマットだったが、Amazonで調べたら「反射抑制」機能付きがあったので、そちらを選択。サイズは、我が家のテーブルが150cm✕90cmなので、それに一番近い、1390mm✕690mmを購入。もう少し幅があると良かったけど、まあいいか。とりあえず上の写真のように、フルマップ1枚の左右にA4の図表類を置いても、十分カバーできる大きさ。※撮影モデル:「Normandy'44」さん。 

f:id:crystal0207:20200331164312j:image

「反射抑制」機能付きとは言え、完全に反射しないわけではない。あくまでも「抑制」。とは言え、以前のモノよりはかなりマシ。 

f:id:crystal0207:20200331164325j:image

これが今まで使っていた透明デスクマット。蛍光灯の形まで分かるほど、ガッツリと反射。この問題に悩まされてきたウォーゲームBloggerは多いはず。 

f:id:crystal0207:20200331164346j:image

これも今までのデスクマット。本来の地図盤の色彩とは異なる、黄ばんだレイヤーが乗っかっている。いやそれも味になるよね、と言うほどでもない。 

f:id:crystal0207:20200331164356j:image

こちらが、新しく買った透明デスクマット。本来の色味が素直に出ている。 

f:id:crystal0207:20200331164409j:image

フルマップ2枚はカバーできないが、以前のモノより長さ25cm、幅10cmほど広くなり、地図盤を押さえる安定性は増したはず。※撮影モデル:「OCS:Baltic Gap」さん。 

f:id:crystal0207:20200331164420j:image

複数のマップを押さえるにも、やはり広い安定性が大切。※撮影モデル:「TSWW:Singapore !」さん。

実はこの「TSWW:Singapore !」のインパール作戦シナリオを実プレイしようとして、今までのデスクマットでは足らんなと思ったのも購入のキッカケ。あとOCS(Operational Combat Series)の新作「Hungarian Rhapsody」も発売が決定したので、それが届く前に、同じ末期東部戦線でOCSを復習するために「Baltic Gap」にまた触れておこうかなと。

とは言え、最近のコロナウイルス騒ぎでリモートワークも増え、このテーブルでオンライン仕事をすることも多く、なかなかウォーゲームを広げっぱなしにもできないが、一応準備だけは整えておこうと。

【参考文献】「ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊」

ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊
 

昨年刊行された「ヒトラーの特殊部隊 ブランデンブルク隊」を購入。ブランデンブルク隊は、特殊部隊だっただけに、その内実は不明な部分も多いが、それにしてもかなり詳細な内容だったため、出た時から気になっていた一冊。現在ルール翻訳中の「TSWW:Barbarossa」では、ブランデンブルク隊のユニット毎に特殊能力が異なるという仕様になっており、元ネタを確かめる意味でも入手してみた。

ちなみに「TSWW:Barbarossa」のブランデンブルク隊は、まず共通能力として、敵が保持している橋梁の奪取や破壊、石油精製施設の捕獲が行え、パルチザンに対する降伏ダイスロールに有利な修整が得られる。さらにウクライナ人で組織されたナハティガル(ナイチンゲール)大隊、ローラント大隊(本書を読むと実際にはブランデンブルク隊の指揮下ではなかったらしい)は、ソ連軍の降伏ダイスロールに有利な修整が得られ、元ソ連軍捕虜や脱走兵で構成されたベルクマン特務隊は、ソ連軍ユニットを操って、枢軸軍から2ヘクス遠ざけることができる。また鉱油技術旅団は石油施設の修理が行え、第804部隊は常に戦闘前後退が行え、1年に3回奇襲に自動成功し、1ゲームに1回だけソ連軍の非師団ユニットを操れる。まあ、そこまで特別ルールが多いなら、単なる歩兵ユニットとは区別して、使用するかなと。

「OCS:DAK」でも、選択ルールとして「第287特殊任務連隊によるエジプト軍ユニットの懐柔」や「ヘッカー水陸両用大隊による海岸上陸」がある。使ったことないけど。フォン・ケーネン隊ユニットも用意されているが、練度の高い歩兵ユニットとして消耗されるのがオチかなと。

同じく「OCS:Case Blue」のグロズヌイ戦シナリオには第288特殊任務連隊が登場するし、「OCS:Tunisia II」にもフォン・ケーネン隊ユニットが登場するが、どちらも特別ルールは無く、練度の高い歩兵ユニットとして表現されている。またビル・ハケイム戦を扱った「GTS:No Question of Surrender」にも第287特殊任務連隊ユニットが出てくるが、こちらも単なる歩兵ユニット扱い。これもある意味、特殊部隊として訓練されたのに、単なる歩兵として消耗されてしまったという、ブランデンブルク隊の史実的な運用とその悲劇を表しているわけだ。

もう手放してしまったが、レロス島の戦いを扱った「TCS:Leros」は、ブランデンブルク隊をかなりフィーチャーした作品だったと思う。結局まともにプレイすることなく処分してしまったが、もしブランデンブルク隊にご興味があるなら、それをがっつりと堪能できるゲームは「TCS:Leros」かもしれない。

【参考文献】Aleksei Isaev「Dubno 1941」

Dubno 1941: The Greatest Tank Battle of the Second World War (English Edition)

Dubno 1941: The Greatest Tank Battle of the Second World War (English Edition)

 

引き続き「TSWW:Barbarossa」発売に向けて、WWII東部戦線本を収集中。こちらは、ロシアの戦史研究家Alexey(Aleksei) Isaev氏による作戦史「Dubno 1941」。1941年6月、バルバロッサ作戦開始直後、進撃するドイツ南方軍集団に対して、ドゥブノ周辺で行われたソ連南西正面軍の反撃を扱っている。サブタイトルにも「第二次世界大戦最大の戦車戦」とあるが、ソ連軍3000輌、ドイツ軍800輌が参戦しており、後のプロホロフカ(クルスク)戦車戦より、実は大規模だったという。本書が最初に発行されたのも2017年なので、まさに最新の知見というところだろうか。 

このドゥブノ戦を扱ったウォーゲームでは、World ar War誌31号「Drive on Dubno」(2013年)と、コマンドマガジン120号「ドゥブノ大戦車戦」(2014年)があるが、あいにくどちらも持っていないし、プレイもしていない。どちらも本書発行前に発売されたゲームなので、本書での知見は反映されていないかな。一応、どちらも1ユニット=大隊(ドイツ軍)/連隊(ソ連軍)という作戦級スケールになっている。

ただ、この「Dubno 1941」を読むと、むしろもっと細かい、GTS(Grand Tactical Series)のような作戦戦術級ゲームとしてプレイしたいと感じた。と言うのも著者曰く、この戦いは、戦車戦(Tank Battle)というより機甲戦(Armored Battle)であったと。ソ連軍は、大量の戦車を有していたが、それに伴う歩兵・砲兵・航空支援は無く、逆にドイツ軍は、ソ連軍戦車に対して、戦車で対抗するのではなく、歩兵・砲兵・航空支援による複合兵科効果(コンバインド・アームズ)で対抗したと。そのような機甲戦闘は、兵科の違いが如実に反映された1ユニット=中隊単位ぐらいで表現されていると、その様相がよく分かると思う。

ただ、ネックになるのは、その作戦範囲の広さだ。やはり東部戦線だけあって、この戦闘全体を1ヘクス=500mで表現しようとするのは、かなり無理。一応、本書には、6月26日に行われたソ連第8機械化軍団による反撃の戦況図も載っていたが、そこだけ切り取るならアリかなと。

本書では、バルバロッサ作戦開始当初の、ソ連軍の戦車師団や自動車化師団についても詳しく分析しているが、たしかに編制上、装備車輌は多いものの、その構成員の60~70%は軍隊勤務2年以下という、新米部隊ばかりだったようだ。

f:id:crystal0207:20200318195114j:plain

「OCS:Smolensk」にも、戦力は高く、人員(ステップ数)も多いのに、質(アクションレーティング)が低いソ連戦車師団が登場していたが、まさにアレ。現在ルールを翻訳している「TSWW:Barbarossa」にも、この当時のソ連戦車師団/自動車化師団に特別なペナルティが課されているし、中には「半自動車化機甲(Half Mortorized Armored)」ユニットなどという、ワケの分からない部隊も登場するが、それもこの当時の、独特な部隊構成を表現したものだろう。

本書ではドゥブノ戦だけが扱われているが、恐らく他の戦線でも、ソ連軍戦車/自動車化部隊は同様の問題を抱えていたと思うので、ドゥブノ戦の戦いぶりを見ることで、当時のソ連軍全体の問題も見えてくるのではないだろうか。

【参考文献】アントニー・ビーヴァー「赤軍記者グロースマン」

赤軍記者グロースマン―独ソ戦取材ノート1941‐45

赤軍記者グロースマン―独ソ戦取材ノート1941‐45

 

2007年に発売された「赤軍記者グロースマン」を、墨田区古書店にて適価にて購入。これもたいして古くない本だけれど、いつの間にか品切れていて高値になっていた。そろそろ史上最大の独ソ戦ゲーム「TSWW:Barbarossa」も発売なので、その雰囲気作りに良いかなと思って。たしかにWWII東部戦線の生々しさや、ドイツ側から伝えられるのとはまた違ったソ連側の実情が感じられる。

しかし個人的には、こういった「下からの歴史(History from below)」=庶民レベルから掘り起こされた民衆史は、あまり興味が無かったりする。いや、もちろん歴史研究では、そういったミクロレベルの情報を丹念に拾い起こすことも重要なのは重々承知なんだけれど、単純にあまり民衆史に興味がないんだと思う。日本の戦争モノでも「海軍飯炊き物語」みたいな本は全然読まないし。だから本書も「イワンの戦争」(これも白水社で品切れだ)も発売当時はスルーしたし、最近コミック化された「戦争は女の顔をしていない」も「ボタン穴から見た戦争」も、書店でぱらぱらとページをめくってみたものの、いまだに買う気がしないし、読んでもいない。

むしろ戦史好きとして自分が興味があるのは「上からの歴史(History from above)」=政治家、軍事指導者、少なくとも作戦指揮官レベルから見た戦争の歴史だったり、戦略家による戦略・作戦分析だったり、作戦経過や部隊史なんだけれど、これはもう好みの問題なので。歴史研究者だったら、その双方を追うかもしれないけど、自分、あくまで一読者なので。 

イワンの戦争 赤軍兵士の記録1939-45

イワンの戦争 赤軍兵士の記録1939-45

 

【参考文献】「総力戦としての第二次世界大戦」

新刊「総力戦としての第二次世界大戦」を購入。本書では、ポーランド戦、フランス戦、英国航空決戦、北アフリカ戦線、イタリア戦線、ノルマンディ上陸作戦戦略爆撃、マーケットガーデン作戦、バルジの戦いが採り上げられており、サブタイトルにも「西方戦線の激闘」とあったので、欧州西部戦線オンリーかと思いきや、それを概説するために東部戦線のバルバロッサ作戦にも一章が割かれている。

プロローグに書かれているように、第二次世界大戦は総力戦=個々の戦闘に決定性は無かった、としながらも、その戦闘を分析している。内容については、特に目新しいものはないと言いつつも、さまざまな戦略家によるその戦闘の論評(そしてその論評自体の問題点)も整理して列挙されているので、なるほど、今この戦いはそういう観点で語られているのか、という基盤的な理解をするには良いかなと。

【参考文献】G.L.ワインバーグ「第二次世界大戦」

第二次世界大戦 (シリーズ戦争学入門)

第二次世界大戦 (シリーズ戦争学入門)

 

シリーズ戦争学入門の第2弾、G.L.ワインバーグの「第二次世界対戦」を購入。軍事史の専門家による第二次世界大戦の概説ということで、欧州・アジア両戦域の流れが簡潔にまとめられている。まあ、すでにアントニー・ビーヴァーの「第二次世界対戦(上中下)」や、H.P.ウィルモットの「大いなる聖戦(上下)」を読んでいると、分量的にはやや物足りない気もする。 

A World at Arms: A Global History of World War II

A World at Arms: A Global History of World War II

 

むしろ気になるのは、本書の元になった、同著者による第二次大戦の通史「A World at Arms」(約1200ページ)だったりする。うーん、ちょっと読み切れるかどうか分からないが、訳者解説ではこの「A World at Arms」を『すでに古典としての地位を確立したといってよい』と評しているので、いずれ手を出すかも。