Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】Jack Radey & Charles Sharp「The Defense of Moscow 1941 : The Northern Flank」

「TSWW:Barbarossa」には、1941年10月~12月のカリーニン周辺での戦闘を扱うシナリオがあり、それは先日、日本語訳ファイルとしても公開されたのだけれど、その元ネタとなった「The Defense of moscow 1941」もすでに購入済みである。いつものようにKindle版ではなくハードカバー版で入手。TSWW制作チームは、本書にインスパイアされて、カリーニン戦シナリオを作ったそうで、そのためゲームクレジットにも「Barbarossa」から、本書の著者であり、ウォーゲーム・デザイナーでもある、Jack Radey氏の名前が載っている。

シナリオの前説にも書いてあるが、たしかにこの戦闘、(自分が読んだ範囲でしかないが)ドイツ側からの戦史にはまず出てこない。コロミーエツの「モスクワ攻防戦」には、ソ連側の反撃の様子が載っているし、昔懐かしいソ連版の「第二次世界大戦史」第3巻でもちょろっと触れられているが、ドイツ側の作戦意図までは詳しく書かれていない。まさに、忘れられた戦い、という感じだ。 

1941年10月、ドイツ第3装甲軍集団はカリーニンを奪い、そこから東のモスクワに向かって進撃し、クリンを占領した後、モスクワに近接する運河に橋頭堡を築き……という展開は、ドイツ側の戦史にも載っている。しかし本書によると、ドイツ軍はカリーニンを奪った後、すぐには東に向かわず、むしろ逆方向の北西に向かっていたと。その行動の裏には、北方軍集団からも部隊を南下させて、ヴァルダイ高地の東側で手をつなぎ、そこに陣取るソ連軍を包囲しようという狙いがあったと。しかしソ連軍の果敢な反撃によって、その意図は挫かれ、仕方なくドイツ軍は包囲を諦め、モスクワへ向かった……ということらしい。

後世の人間からすると『いや、そんな包囲なんかせずとも、すぐに直接モスクワを狙えば良かったのに』と言いたくなるが、Jack Radeyによれば、それは後知恵だと。当時のドイツ軍は、あわてなくても、いずれモスクワは陥落するだろうから、それよりヴィヤズマ包囲戦のように、先にソ連軍をまた一網打尽にしようと思っていたらしい。まあ、そういった楽観的なモノの見方をしていても、おかしくはない。

「TSWW:Barbarossa」ではこの戦闘を、史実通りのシナリオAと、北方軍集団も参加する仮想シナリオBとして紹介している。規模的にも手頃なので「TSWW:Barbarossa」で最初にプレイするシナリオとしては良いかなと思い、自分も現在、シナリオAのソロプレイの準備中である。

もしこのカリーニン戦にご興味があれば「OCS:Guderian's Blitzkrieg II」の地図盤A+Dだけでも、プレイ可能かもしれない。あいにくシナリオとしては、中央からモスクワを攻める地図盤B+Eシナリオ(The Northern Pincers)、南から攻める地図盤C+Fシナリオ(Guderian's Blitzkrieg)しかなく、こちらでもカリーニン戦は無視されている。さらにOCSでは、レニングラード方面の地図盤や部隊カウンターが無いため、ヴァルダイ高地を包囲するところまでは、今のところ表現できない。となると、やはりTSWWの出番ということで、近いうちに触れてみようと思う。 

【The Second World War】TSWW1.6 2020年9月FAQとシナリオ日本語訳 無料公開

21世紀版エウロパ・シリーズこと、WWII戦役級シリーズTSWW(The Second World War)の公式フォーラムにて、TSWW1.6の2020年9月FAQと、入門者向けシナリオ6本の日本語訳ファイルが公開されました。ダウンロードするには無料アカウント登録が必要となります。

今回公開したシナリオは、以下の6本です。本当はシナリオブックを全訳してアップしたいのですが、分量が多すぎてなかなか完訳できないので、遊びやすいシナリオだけ切り取ってアップしました。

 ・「TSWW : Hakkaa Päälle」1940年:冬戦争・ティモシェンコ攻勢シナリオ

 ・「TSWW:Day of Infamy」1941年:真珠湾奇襲シナリオ

 ・「TSWW:Day of Infamy」1942年:ドゥーリトル東京空襲シナリオ

 ・「TSWW:Singapore !」1941年:マレー半島侵攻シナリオ

 ・「TSWW:Singapore !」1944年:インパール作戦シナリオ

 ・「TSWW:Barbarossa」1941年:カリーニン戦シナリオ

シャングリラ作戦(ドゥーリトル東京空襲)シナリオのファイルが2つありますが、何かの間違いです。あと、本当は「TSWW:Day of Infamy」の仮想ウェーク島救出作戦シナリオの和訳ファイルも送ったんですけど、なぜかアップされてないですね。まあ、また別のシナリオを送る時にでも再送します。

この中でも、一番ハードルが高いのがマレー半島侵攻シナリオです。これ陸海空、全部乗せのシナリオとなると、上陸作戦やらその補給やら、面倒なルールを読まなきゃなりません。僕もまだプレイしてないです。その前に、真珠湾シナリオで航空攻撃・対艦攻撃を学んだり、ティモシェンコ攻勢かカリーニン戦シナリオで陸戦を学びましょう。カリーニン戦シナリオも、まだプレイしてませんが、規模的には手頃なはず。インパール作戦シナリオは、規模は大きいですが海戦は無いので、マレー半島戦よりちょっとハードルが下がるはずです。プレイ済みのシナリオに関しては、下記Blog記事を参考にしてみてください。また、TSWWのシナリオは結構おおざっぱな部分もあるので、よく分からないところはすっ飛ばしたり、自分で考えましょう。そういうキットです。あしからず。

Rhino Game Company「Campaign to Stalingrad」

f:id:crystal0207:20200923180032j:plain

昨日、仕事帰りに、ぶらっと新宿イエサブに寄り道した。特に何か買う予定も無く、単なる偵察……と思ったら、新品中古の「Campaign to Stalingrad」(カウンター未切)を発見。これが5000円や10000円だったらスルーしただろうが、意外にも3500円だったので、なんだウォーゲーム雑誌一冊より安いじゃないかと思い、つい衝動買い。まあ、あまりゲームは増やさないようにしているが、先日もコマンドマガジン版の「コーカサス・キャンペーン」を買い直したところだし、Simonitchづいているのかもしれない。

本作は、1992年にRhino Game Companyから発売された、その名の通り、スターリングラード戦役を扱う作戦級ゲーム。このメーカーは、Mark Simonitch自身が立ち上げており、彼がデザインした「The Legend Begins !」「Decision in France」しか出していないが、その中の一作。自分が1999年にウォーゲームに復帰した時は、まだ普通に買えたような気もするが、なぜか手を出さなかった。

Simonitch自身は、昨年GMTから、この作品の後継とも言える「Stalingrad'42」を出しており、自分もそれを買ったので、別にもう古い作品は要らないじゃないかと言われればその通りなのだけれど、デザインの変遷を見たかったというのもある。

f:id:crystal0207:20200923180043j:plain

本作は、マップ1.5枚を用いて、北はヴォロネジ、西はハリコフ、東はサラトフ~スターリングラードに至るヴォルガ川流域を収め、南のロストフ以南、コーカサス方面は省略している。1ヘクス=16km(10マイル)というスケールも「Stalingrad'42」と同じ。

f:id:crystal0207:20200923180054j:plain

1ユニットは、師団/軍団が基本だが「Decision in France」と同じく、複数ステップ制を採用。ドイツ軍装甲・歩兵師団やソ連軍戦車・機械化軍団は4ステップ、ソ連軍歩兵師団は3ステップ、枢軸中小国師団が2ステップという感じ。しかしこのユニットの作り、「Decision in France」や「The Legend Begins !」と同じなので、妙に懐かしい。 

f:id:crystal0207:20200923180101j:plain

f:id:crystal0207:20200923180109j:plain

本作は、1ゲームターン=3日なので、戦役開始の1942年6月28-30日ターンから、最終ターンである1942年12月28-30日ターンまで、キャンペーン全体を通すと全62ターンかかる。これが「Stalingrad '42」だと、1ターン=4~7日という変動制であり、まったく同じ期間を扱っているにも関わらず、全36ターンとなっている。

ゲーム進行自体は、移動・戦闘・補給判定をくり返す、オーソドックスなもの。ZOCボンドあり、参加部隊数によって戦闘ダイスを複数振るマグニチュードルールあり、戦闘後前進中のオーバーランあり、攻撃には補給カウンターを消費と、この当時のSimonitchのWWII作品を知っていれば、ああはいはい、あれねという感じ。ただ、やはりこの頃のSimonitchは、まだまだ血気盛んというか、スターリングラード等の大都市ヘクスに拡大マップを用意し、そのヘクスを6等分して奪い合うというルールも入れている。まあ「Stalingrad'42」でも市街戦ルールはあるが、さすがにここまで詳細ではない。

実際、まだ「Stalingrad'42」も最初のシナリオしかプレイしていないし、しばらくは本作に手を出すことも無いだろう。そしてこれをプレイするなら「TSWW:Barbarossa」の青作戦シナリオをやりたいし、手を着けるのはだいぶ後回しになるかと。ある意味「蔵書」的な買い物だし、所有数を控えているとは言え、たまには衝動買いも良しとしておこう。

「Campaign to Stalingrad」エラッタ

 

【参考文献】「ヒトラーが勝利する世界:歴史家たちが検証する第二次大戦・60の''IF''」

先日、古書店で、2006年に発売された「ヒトラーが勝利する世界」を発見。発売当時も軽く手に取ったが、仮想戦記っぽいかと思ってスルーしていた。しかし、あらためて執筆陣を見てみると、デビッド・M・グランツ(詳解独ソ戦全史)、デニス・E・ショウォルター(クルスクの戦い1943)、ゲアハード・L・ワインバーグ(戦争学入門・第二次世界大戦)という、真っ当な軍事史学者ばかりだったので、なんだこれ、マトモな本だったのかと気づき、今さら購入してみた。

これ原書も日本語版も、表紙に「What If ?(もしも)」と書いてあるが、仮想状況を楽しむのではなく、むしろ「こういう理由があったから、もしもという想定は成り立ちませんよ」という、仮想設定潰しのような内容になっている。なので、タイトルで損をしているし、仮想戦記っぽいと思って読むと失望するかも。逆に、自分のように「なぜその仮定は成立しなかったのか?」という要因を知りたい人向き。

まあ、ヒストリカル・ウォーゲームでも、どこまで展開の振れ幅を許すのかというのは、デザイナー自身の考えや、プレイヤー自身の好みもあって、千差万別かと思う。史実から思いっきり離れてもOKな人もいれば、史実に沿った展開を好む人もいるし、良い悪いで判断するモノではないのだろうが、それはあくまで商業ゲームでのお話であって、軍事史学者としては、あまりに荒唐無稽な夢想や妄想については、一言言っておきたいのかもしれない。

自分自身も、基本的には「歴史にもしもは無い」と思っているし、史実に沿った展開になった方が嬉しいウォーゲーマーである。とは言え、✕月✕日にこの部隊はここまで進んでいるはずだと、細かい展開まで合わせてほしいわけではない。このあたり、とても抽象的な言い方になるし、あくまで個人の感覚なので、論理的な線引きはできないが、多かれ少なかれ、それぞれのウォーゲーマー一人一人に、そういった感覚はあるんじゃないかな、と思っている。たぶん。 

Avaronhill「Panzer Blitz」

f:id:crystal0207:20200913141833j:image

突然のノスタルジーねた。ご近所ゲーマーのYossyさんから『ゲームを処分するので、部品取り用に必要ならどうぞ』と連絡を頂き、アバロンヒルの「Squad Leader」と「Panzer Blitz」を頂戴してきた。「Squad Leader」の方は、なるほど、たしかにカウンターが車輌しか無く、歩兵カウンターがごっそり無い状態。これではジャンク品としても売却しにくいだろう。幸い、こちらの手元には「Squad Leader」のカウンターは揃っているものの、箱が無かったので、合わせればちょうど1セット完品が整うことに。これで「Advanced Squad Leader」ではなく「Squad Leader」がプレイしたい場合にも対応できそうだ。

f:id:crystal0207:20200913141841j:image

問題はこちら「Panzer Blitz」。開けてみると、英文ルールブック以外の内容物は、すべて揃っていた。まあ、英文ルールは無くてもあまり問題無いし、カウンターも切り離し済みなので、すぐに遊べる状態。しかし個人的には……いやー、このタイミングで手に入ったかと、ちょっと感慨深くなってしまった。なにしろ、今から39年前の1981年、中学1年生だった自分が、今は亡き船橋西武百貨店の輸入雑貨コーナーで初めて目にしたウォーゲームがこの「Panzer Blitz」だった。当時、すでにプラモデル戦車少年だった自分は『あのロンメル戦車(タミヤっ子だったからね)が描かれた箱はなんだろう?』と不思議に思ったが、それがウォーゲームだと分かったのは、しばらく後のことだった。ところが、雑誌「コンバットマガジン」のウォーゲーム広告を見ると「Panzer Leader」の方が、ノルマンディ戦、マーケットガーデン作戦、バルジ戦という、当時の自分になじみ深かった西部戦線ゲームだと分かったので「Blitz」は買わず、「Leader」を買ったのだ。その後、なんとなく「Blitz」が気になりつつも、延々買うことなく39年が過ぎ、今回こうして我が家のコレクションに収まった次第。最近はもう、旧作のノスタルジー買いはしないぞと決めていたのに手に入ってしまうというのは、やはり、ある種のご縁なのだろうか…… 

f:id:crystal0207:20200913141851j:image

このBlogをお読みのベテラン・ウォーゲーマー諸氏には、あらためて紹介する必要もないだろうが、本作は、1970年にアバロンヒル社から発売された、WWII東部戦線を舞台とした戦術級ゲーム。1ターン=6分、1ヘクス=250m。デザイナーはSPI社の創設者、ジェイムズ・F・ダニガン御大。元々は「Tactical Game 3」という試作ゲームが元になっているそうだが、あいにく現物を見たことはない。

本作では、ドイツ軍、ソ連軍双方の各種戦車、歩兵、砲兵器がユニット化され、車輌についてはシルエットも描かれている。いや、今でこそ美麗かつ詳細な車輌イラストが描かれたウォーゲームは多々出版されているが、50年前の作品としてはビジュアル系なのだこれでも。ゲームの手順は、攻撃・移動をくり返すもの。攻撃したユニットは移動できず、移動中にはオーバーランも行える。まあ、なにしろ50年前のゲームなので、ルール的に不備な面もあるだろうが、あまり気にせずプレイしたいとは思う。

1ユニットは、1個小隊。今回、Board Game Geekにあったカウンターシート画像を見ながら、駒が揃っているか確認したが、全部で352個という少なさにびっくりした。意外と少なかったんだなあと。いや、自分の場合、1000個2000個当たり前のビッグゲームばかりに接しているため、そのあたりの感覚がバカになっているのだろう…… 

f:id:crystal0207:20200913141859j:image

地図盤は3枚。架空の地形を組み合わせて状況を生み出すというパターンは、WWII戦術級ゲームにはよく見られるし「Squad Leader」もそうなのだが、その元祖も本作だと思う。まあ、個人的には、小隊・中隊レベルのゲームであっても、史実の地形を模した地図盤の方が好みなのだが、これもこれで発明よね。

f:id:crystal0207:20200913141906j:image

シナリオは12本。デザイナーズノート+キャンペーン分析の小冊子には、より大きな部隊を編成する際の指針も載っている。

ちなみに最近、やはりご近所ゲーマーのKarter氏が「Panzer Leader」の新品中古を買い『プレイしたい』と言っていたが、そのタイミングで自分の手元にも「Blitz」が来るとは、これはやはりウォーゲームの神のお導きなのだろうか。実際、自分のウォーゲーム・コレクションも、すでに第二次大戦モノオンリーに絞っているが、1ユニット小隊級のゲームは無かったため、そこを埋める形にもなってくれた。そう、同じスケールの、エポック「装甲擲弾兵・東部戦線」やらAvalanche「Panzer Grenadier」にも手は出してみたが、いずれもピンと来ず、すでに手放している。しかしウォーゲーム歴39年、ぐるっと一周回って、まさか「Panzer Blitz」に戻ってくるとはね…… 

http://gregpanzerblitz.com/

Imaginative Strategist

そして「Panzer Blitz/Leader/Arab-Israeli Wars」シリーズの場合、根強いファンも多く、自作のユニットや地図盤を発表している海外サイトもある。こういうの見てしまうと、つい作りたくなってしまうし、ずぶずぶとこの沼に沈み込みそうな気もしている。そして自分が39年前に買った「Panzer Leader」も、もはや手元には無いため、いっそまた再購入するか、とも思ったり。うーん、ここからそういう展開になるなら、なかなか罪深いゲームを入手したのかもしれないなあ…… 

【Advanced Squad Leader】「Solitaire ASL 2nd Edition」

f:id:crystal0207:20200912094316j:image

先日、MMPの掘り出し物セール(品切れゲームのパーツが見つかったので再販売)にて「Solitaire ASL 2nd Edition」を購入した。箱無しのジップロック入り、ボックスアートはカラーコピーされたペラ紙だが、内容的には特に問題は無い。ソリティアという名の通り、ASLのソロプレイ用キットで、初版は1995年にアバロンヒルから発売され、2001年にMMPからこの第2版が発売された。2001年当時は自分も『まあ、ソリティアはいいや』とスルーしたが、この初版と2版に結構な内容差があり、後から海外オークションで探してみたが、出品されているのは初版ばかりで、まったく2版を見かけないという状況。やはりASLは(特に正規アイテムは)出たら買っておけということか。

で、今回そのソリティアASL第2版を入手したので、日本語で書かれた情報(プレイ報告等)はないかなとぐぐってみたが、これもまず見当たらない。なので自分も、探り探りでこの記事を書いていきたいと思う。 

f:id:crystal0207:20200912094329j:image

ソリティアASLの遊び方は、まず任務(ミッション)と呼ばれるシナリオ状況と、自軍の国籍を選び、ポイント購入によって自軍部隊を編成する。そして、それぞれの任務で指定された地図盤を使い、任務の達成(勝利)を目指すというもの。敵軍は、盤上に「?Suspect」という、中身がなんだか分からないカウンターとして配置され、自軍による射撃などをトリガーとして活性化チェックが行われる。その判定結果として、実は歩兵でした、戦車でした、ダミーでしたと露見する。敵軍には「保持(Hold)」と「前進(Advance)」という態勢(Attitude)が定められており、中身が分からないまま前進してくる場合もあり。 

f:id:crystal0207:20200912094340j:image

カウンターシートは2枚入っているが、大半がその「?Suspect」マーカーばかり。しかし初版では、シート1枚260個のみだったとのこと。 

f:id:crystal0207:20200912094349j:image

ソリティア任務も、初版では14種類だったのが、2版では21種類に増えている。ざっと名前だけ挙げると「慎重な前進」「偵察」「道路の確保」「城塞(市街戦)」「敵戦車の攻撃」「敵側の攻勢」「戦線の保持」「追撃」「空挺降下」「橋の防衛」「渡河強襲」「脱出」「強襲上陸」「海岸の防御」等々。この任務を、どこの国の軍隊として戦い、どこの国の軍隊と戦うのかを選べるわけだ。 

f:id:crystal0207:20200912094359j:image

「?Suspect」マーカーが活性化された時、じゃあ実際それは、どの歩兵カウンターだったのか、支援火器はどれか、付随している指揮官のランクはどれか、車輌だとしたらどれなのかという表は、国籍毎にジェネレーションカードにまとめられている。これも初版は4カ国だったのが、2版では12カ国……ドイツ、ソ連パルチザン、イタリア、フランス、連合国中小国(ポーランドノルウェイデンマーク、オランダ、ベルギー、ユーゴ、ギリシャ)、イギリス(欧州戦線とアジア戦線)、アメリカ陸軍、アメリ海兵隊、日本、中国となっている。まあ、これだけ収録国が違ったら、第2版の方が人気が高いのもうなずける。また各国のチャート裏面は、それぞれランダムイベント表になっている。

ちなみにこのソリティアASL第2版ルールには『フィンランド軍のジェネレーションカードは、将来発売するHakkaa Päälle !に入るだろう』と書いてあるが、実際2015年に発売された「Hakkaa Päälle !」には、そんな物は入っていない……いや、本当に入っていないよね? 今回、あらためて「Hakkaa Päälle !」の中身を確認したが、やっぱり無い。まあ、このソリティアASL路線そのものが、もう廃線なんだろうなあ。 

f:id:crystal0207:20200912094411j:image

ソリティアASL用のチャートも2枚。「?Suspect」が何だったのか判定する活性化表の他にも、活性化した敵がどう行動するのか、敵がどう射撃するのか(スタックの全火力を使うのか、固有火力だけで撃ってくるのか)、 敵がどう移動するのか(全力なのか突撃移動を使うのか)という表がある。また、指定された地図盤外へ移動し、追加の地図盤をランダムに決める表や、地図盤毎に勝利ポイントヘクスを決める表(ただし地図盤1~51までしか対応していない)、キャンペーンゲーム用の表もある。そう、ソリティアASLとして、自分の部隊を編成し、それをキャンペーンゲーム式に連戦させる遊び方もあると。

f:id:crystal0207:20200912094419j:image

そしてこの「Solitaire ASL 2nd Edition」の後、2006年に発売されたASL枢軸中小国モジュール「Armies of Oblivion」には、枢軸中小国(ルーマニアハンガリースロバキアクロアチアブルガリア)のジェネレーションカードも入っている。

また1999年発売の「ASL Journal #1」には、初版に追加する形で、スターリングラード戦モジュール「Red Barricades」を使った、ヒストリカルソリティアルールが入っており、「赤いバリケード工場への強襲」など、ソリティア任務4本が追加されている。もちろん2版に追加しても問題は無いはず。ただ、初版のルールページ数に合わせているので、この追加部分のページ番号は2版とは合わない。

さらに2001年発売の「ASL Journal #3」にはイタリア・サレルノ戦の追加任務が、 2002年発売の「ASL Journal #4」にはノルマンディ・オマハ海岸の追加任務が収録されている。このあたりもすでに品切れだが、先日からWargame Vaultで、MMP公認の形でPDF販売されている。

まあ、眺めてみると、なかなか面白そうなシステムなので、なつかしの「Ambush !」とかが好きだった人は楽しめそう。しかし競技重視型のASLerからすれば、いくら態勢が決まっているとは言え、敵の動きは非論理的になるだろうから『どうしてそこで、そうするんだよ!』とツッコミまくるかもしれない。自分も、じゃあソロプレイする時にこのルールを使うかと言われれば……微妙。いつものように一人二役を演じつつ、隠蔽マーカーの中身を分からない振りをしてソロプレイすると思う。まあ、今のところ、あくまでASLの資料ということで……

【参考文献】ヒュー・アンブローズ「ザ・パシフィック (上下)」

ザ・パシフィック 上

ザ・パシフィック 上

 
ザ・パシフィック 下

ザ・パシフィック 下

 

先月、ふと古書店で見かけて、そういやまだ読んでいなかったなと思い出し「ザ・パシフィック(上下)」を購入。2010年にアメリカで、同年に日本でも放送されたテレビシリーズの原作本。著者は、アメリカ第101空挺師団第506連隊E中隊の戦闘を描いた「バンド・オブ・ブラザーズ」の著者スティーヴン・アンブローズのご子息、ヒュー・アンブローズ。テレビシリーズでは、アメリカ第1海兵師団の戦いを描き、ガダルカナル島ペリリュー島、沖縄などの戦闘が扱われていた。

しかしこの原作本をあらためて読むと、さらにメイン登場人物として、空母エンタープライズの急降下爆撃機乗りや、フィリピンで捕虜となった海兵隊員など、ドラマでは描かれなかった人々が登場し、太平洋戦線をより包括的に描く作品となっている。その分、海戦の話になったり、空戦の話になったり、上陸戦の話になったりで、個人的には読みにくかった。複数のキャラクターを散りばめて、それぞれの物語を追うというのは、一般的なアメリカのテレビシリーズでは良くある群像劇パターンなんだけどね。むしろ本書の元ネタの一冊でもある「ペリリュー・沖縄戦記」を読んだ方が、ずっとシンプルに物語を追えたし、そちらの方が好み。

一応、自分も2010年の放送時に「ザ・パシフィック」はひととおり観たけれど、結局その一回限りで、また観直すことはなく、この原作本も今まで買わなかった。同じ制作陣による「バンド・オブ・ブラザーズ」は何度も観返すほど気に入ったのに、「ザ・パシフィック」はそうではなかったのは何が理由なのだろう。西部戦線の方が、ヨーロッパ十字軍的な物語性があり、それを成し遂げたカタルシスもあったからだろうか。あるいは「ザ・パシフィック」では、アメリカ兵が感じていた『どうして俺たちはこんな島で死ななきゃいかんのだ』という、厭戦気分や徒労感が強調され過ぎていたのかもしれない。もちろんその厭戦感は、日本軍兵士としても同じだったのだろうが、観ている方としても疲れてしまうシリーズ演出だったので、これから先も観直す機会は無さそうだ……