Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

「PanzerBlitz:Hill of Death」First Crack Solo-Play

f:id:crystal0207:20210418151854j:plain

仕事も一段落したので、2月に購入した「Panzer Blitz:Hill of Death」をソロプレイしてみることに。まずはシナリオ1「Fiest Crack」を選択。112高地周辺に陣取ったドイツ軍に対し、イギリス軍が攻めかけるという状況。ドイツ軍側のチットは、OP0(1スタックのみ行動)が2枚、OP1(1ヘクス以内のスタックが行動)が1枚なので、まとまった行動はあまりとれない。対するイギリス軍側は、OP1が1枚、OP2(2ヘクス以内のスタックが行動)なので、基本的には2ヘクス以内のフォーメーションとして固まって行動する形か。ドイツ軍は、防御の要として高地の左右に88mm砲を配置しており、イギリス軍としては、それをどうにかするのが最初の課題かと。 

f:id:crystal0207:20210418151914j:plain

第1ターンは作戦チットを投入せず、イギリス軍の入場と、ドイツ軍の臨機射撃のみ。イギリス軍は、高地の東側に部隊を集中。ドイツ軍は、最初に88mm砲の射界に入ったM4シャーマン小隊に対して臨機射撃を行い、混乱/疲労+3とした(それ以上の移動不可)。しかし臨機射撃は1回しか行えないため、これで88mm砲も沈黙。その隙に、他のイギリス軍戦車隊が前進。一応、IV号戦車小隊も臨機射撃を行ったが、ダイス目が悪く、効果無し。さらにイギリス軍のタイフーン戦闘爆撃機が飛来。88mm砲めがけてロケット弾を撃ち込み、こちらも混乱/疲労+3となった。今回は、作戦チットを入れていないので、イギリス軍移動の後に航空支援チットを解決したが、もしかしたら順番が逆なのかもしれない。 

f:id:crystal0207:20210418151932j:plain

第2ターン、ここからが本番。高地東側に進出したイギリス軍は、再びタイフーン戦闘機(すでにロケット弾は撃ち尽くしたので機銃で)と、M4シャーマンによる対歩兵攻撃によって88mm砲を除去。ハルダウン状態のIV号戦車に対しても、M4ファイアフライ1個小隊+M4シャーマン2個小隊による集中攻撃で、これを除去した。一方、第2ターンのイギリス軍増援部隊は、高地の西側に進出。しかしこちらは逆に、西側を守る88mm砲とIV号戦車の連続攻撃を食らい、あっという間にファイアフライ小隊が全滅、シャーマン小隊もステップロスと相成った。

この後、第3、第4ターンと進めてみたが、お互い足を止めて撃ち合い、混乱を与え合いつつ、回復していくという停滞した展開になったので、途中でお開きとした。

うーん、別に悪くはないけど、心の中で何度も『これならGTS(Grand Tactical Series)で良いんじゃないか』と思ったので、まあそういうことなんだろう。ルール的には、混乱と疲労と回復に関して頭がこんがらがったし、BGG(Board Game Geek)のスレッドを見てもそのような書き込みが複数見受けられたので、ああ、みんな混乱ルールで混乱しているんだなと。とりあえず一回触れたということで、次行こう次。 

【参考文献】「後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線」

後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線 (角川新書)
 

新刊「後期日中戦争 太平洋戦争下の中国戦線」を購入。あとがきにもあるように、研究者である著者御自身が『そういえば、太平洋戦争のときって、日中戦争ってどうなってたんだっけ』と質問され、その経緯を不思議なほどよくわかっていなかった……という執筆のキッカケは、同じように感じるウォーゲーマー諸氏も多いのではないかと思う。

自分も、ヨーロッパの東部戦線なら『1941年6月にバルバロッサ作戦でドイツ軍がソ連に侵攻して、秋のタイフーン作戦でモスクワ攻略につまづいて、翌1942年6月には青作戦でスターリングラードへ……』と、すらすら言えるのだが、この程度の簡単なレベルですら、中国戦線の推移が説明出来ない。まあ、ウォーゲーマーと言えど、中国戦線に対する歴史的な興味が薄いと言えばそれまでだが、我ながら、他人様の戦争には詳しくて、自分の国の戦争には疎いというのもどうかと思う。

しかしこれも著者御自身が触れられているが、日中戦争関連の書籍では、満州事変からの戦争初期については詳しく述べているものの、太平洋戦争開戦後の経緯については省かれているモノが多いのも事実。そのため本書では、日中戦争に長く関わった名古屋第三師団の戦歴を軸にしているので、それを物語的な柱として、日中戦争を理解していく入口になりそうに感じている。

また本書では、日本軍が行った細菌戦、毒ガス戦にも触れているが、その手の手段まで再現したウォーゲーム作品となると、これまた数少ないと思う。一応、21世紀のエウロパシリーズことTSWW(The Second World War)シリーズでは、選択ルールながらも、生物兵器化学兵器ルールが導入されている。TSWWでは、将来のシリーズ作として、日中戦争全体を扱った「The China Incident」も発売される予定なので、道徳的な善悪はともかく、ゲーム上で日本軍による細菌戦、毒ガス戦の再現も可能になるだろう。 

【参考文献】「バトル・オブ・ブリテン1940 ドイツ空軍の鷲攻撃と史上初の統合防空システム」

ぶらり八重洲ブックセンターに寄ったら、 「バトル・オブ・ブリテン1940 ドイツ空軍の鷲攻撃と史上初の統合防空システム」という新刊を発見。へえー、こんなの出てたんだと、よくよく帯を見たら、オスプレイ社の「Air Campaign」シリーズの邦訳だった。オスプレイの各種シリーズは以前、大日本絵画が出していたが、最近はそちらもあまり刊行されていないようだしなあ……と思いつつ、一応購入。

大日本絵画から出ていた日本語版オスプレイは、原書に忠実に、イラストや図版も日本語化されていたが、こちらはカラー図版は一部のみ、説明も英語のままの部分ありと、グラフィック面に関しては、やや乱暴な形になっている。しかし内容的には、日本語版として、現役の航空自衛隊幹部諸氏による、当時のレーダーや電子戦の解説が追加されているので、読み物部分は原書よりもボリュームアップされている。 

自分も学生時代、GDWのエウロパ・シリーズ「英国本土決戦」や、エポック「バトル・オブ・ブリテン」を購入したものの、どちらもたいしてプレイしないまま、挫折した形で手放してしまった。そのうちTSWWシリーズで「英国本土決戦」のリメイク版となる「Blitzkrieg II」が発売されたら、今度こそ挑戦したいとは思っているが、いつ出るのやら……

【Advanced Squad Leader】「AP#16 From The Land Down Under」「Winter Offensive Bonus Pack #12」

f:id:crystal0207:20210322172917j:image

Advanced Squad Leader(ASL)の新作2点をクロノノーツゲームさんから購入。まず1点は「Action Pack #16 From The Land Down Under」。地図盤1枚と、オーストラリアのASLクラブ作によるシナリオ15本のセット。そのうち8本は、第二次大戦中にオーストラリア軍が関わった戦闘で、北アフリカクレタ島ニューギニアあたりはすぐ分かるものの、西ティモールでの日本軍との戦闘となると珍しいかもしれない。また、ヒストリカルASLモジュール「Hatten in Flames」の追加シナリオも1本入っている。

f:id:crystal0207:20210322172927j:image

もう1点は「Winter Offensive Bonus Pack #12」。こちらは、地図盤1枚、シナリオ3本(いずれも1944年西部戦線)のセット。

まあ、いつものようにコレクションの整備というか、売り切れる前に確保しておけということで。そのうち集中してプレイする時期も来るだろう……(と言いつつ幾星霜)

【Advanced Squad Leader】ASL Starter Kit Style Maps (For King and Country)

f:id:crystal0207:20210316174249j:image

ASL(Advanced Squad Leader)のイギリス軍モジュール「For King and Country」を購入。自分も2005年に初版を買ったが、16年ぶりの再購入と相成った。シナリオは20本収録、カウンターシート5枚で、イギリス軍の歩兵・車両・砲兵器カウンターが網羅されている……のだが、今回それはどうでもいい。なぜわざわざこの「For King and Country」を買い直したかと言えば、それは収録されている地図盤が欲しかっただけなのだ。なので今回は地図盤のお話。

ASLの地図盤は、旧「Squad Leader」時代から厚手のハードボードだったが、「ASL Starter Kit」にて薄手の地図盤が登場して以来、順次、そちらに切り替えられつつある。この現行の「Starter Kit Style」の地図盤の方が、グラフィックも描き直され、曖昧なLOS(視認線)も明確になっている。ハードボード盤では、地図盤の接合部も若干離れていたため、地図盤をまたぐようなLOSになると判定が微妙になったが、「Starter Kit Style」ではきっちりつながるようになっており、そのような問題も解決されている。

なので自分としても、そろそろ「Starter Kit Style」の地図盤を全部揃えようかと思ったが、MMPサイトの別売地図盤を見ると、自分が欲しい中で、地図盤#7だけが売り切れていた。おいおい、それどっかのモジュールに入ってないのかよと思って調べたら、「For King and Country」に入っていたし、他に欲しい地図盤も全部「For King and Country」に入っていたので、まったくASLは「金のかかるイイ女」だぜ……と思いつつ、再購入したと。 

f:id:crystal0207:20210316174258j:image

まずこちらが、「For King and Country」には入っているけれど、別売としては売り切れていた地図盤#7と#6。旧「Squad Leader」シリーズの英仏軍モジュール「Crescendo of Doom」に入っていた地図盤と言えば分かる方も多いはず。いや懐かしいですね。 

f:id:crystal0207:20210316174306j:image

そしてこちらも「For King and Country」に入っていた、地図盤#10、#12、#13、#14、#15、#32。地図盤#10と#32は「Partisan !」に入っていたモノで、#12~#15はやはり昔懐かしい「G.I Anvil of Victory」に入っていたモノ。自分も「G.I」のハードボード盤は持っているけれど、なにしろ買ったのが30年前で、すでに印刷が色褪せ、シミも浮き出ているので、ようやく新調できたなと。

そして今回、まだ「Starter Kit Style」で持っていない地図盤もバラ売りで購入した。 

f:id:crystal0207:20210316174314j:image

まず、地図盤#25~#31。旧イギリス軍モジュール「West of Alamein」と、イタリア軍モジュール「Hollow Legions」に入っていた、砂漠戦仕様の地図盤である。これもハードボード盤(写真手前)は持っていて、前々から買おうと思っていたけれど、ようやくの購入。しかし初めて見たけど、ハードボード盤とは、ずいぶん色合いが違うなあ。 そして眺めているうちに、だんだん砂漠戦シナリオとかやりたくなってきますな。

f:id:crystal0207:20210316174323j:image

さらに地図盤#48~#51。これは、枢軸中小国軍モジュール「Army Of Oblivion」に入っているモノ。自分も、2006年に「Army Of Oblivion」は買ったが、初版だったため、まだその地図盤もハードボード盤だったのだ。現行の「Army Of Oblivion」(2018年再版版)では「Starter Kit Style」に変わっているので、だったら「Army Of Oblivion」も買い直せばいいじゃないかと言われそうだが、さすがにそこまでの予算は無かった……「金のかかるイイ女」とは言え、なんでも買ってやれるワケじゃないんだよHoney

ということで、まだ自分が持っていない「Starter Kit Style」の地図盤は、#68(Special Issue #5の付録だった)と、未発売の#77のみ。今回#68は買い忘れたが、まだ別売されているので、そのうち注文する予定。#77は、これから発売されるか、または次の「ASL Journal」に付くのかもしれない。自分がどの地図盤を持っていて、それがどのモジュールに入っているのか確認するには、下記をご参照下さい。

【参考文献】「三八式歩兵銃 日本陸軍の七十五年」

文庫化された「三八式歩兵銃 日本陸軍の七十五年」を購入。サブタイトルの方がその内容をよく表していて、明治期における日本陸軍の創設から、西南戦争日清戦争日露戦争日中戦争、太平洋戦争に至るまでの変遷を追った日本陸軍史になっている。

著者の加登川幸太郎氏は、本書の前に「帝国陸軍機甲部隊」という著書も出されており、そちらでは機械化部隊を中心に書かれていると思うが(未読)、こちらの「三八式歩兵銃」は、歩兵と砲兵を中心とし、さらに航空部隊にも触れている。明治から昭和に至るまでの師団編成にも触れ、政治的意図や経済的事情による軍縮によって、日本軍師団が火力不足に至り、それを精神論で穴埋めしたことに憤っている。

手元にあるウォーゲームで、日本軍師団の火力不足が表現されている作品というと、まず「OCS:Burma」だろうか。本書でも「将兵は超一流」と書かれているが、実際この「OCS:Burma」でも、日本軍歩兵大隊の練度(アクションレーティング)は高い。しかしそれを支援する砲兵火力が貧弱で、事前砲撃で相手を混乱させられないまま攻撃し、歩兵がすり潰される……という展開もままある。

逆に「CSS:Saipan」「CSS:Guam」あたりは、日本軍の砲兵火力が妙に強力で、上陸したアメリカ軍が水際で砲撃を浴びまくり、海岸ヘクスから一歩も動けずに撃滅されることもあり、いや待て、これちょっとどうなのよと思った。元々のGTS(Grand Tactical Series)では、砲撃要請にもダイス判定が必要だったり、その連絡が途絶する可能性があったが、弟分のCSS(Company Scale System)ではそれがバッサリ削除されたため、やたらと砲撃機会が増えたことが原因だと思う。本書で語られるような、日本軍の火力不足を痛感できるような作品ではないかなと。

ちなみに著者の加登川幸太郎氏は、第二次世界大戦ブックス等の翻訳書も多く、自分も学生時代から「ドイツ軍は装甲師団」「英米軍は機甲師団」「ソ連軍は戦車軍団」という訳し方に慣れてしまい、このBlogでも、その訳し方を使っている。そのうち「帝国陸軍機甲部隊」も復刊されないかな…… 

陸軍の反省〈上〉

陸軍の反省〈上〉

 

GMT「A World at War」を学ぶ Part.2:1939年ポーランド戦

f:id:crystal0207:20210314151415j:image

http://aworldatwar.org/Files/Articles/Poland.pdf

今週末も「A World at War」のお勉強中。専門誌「ULTRA」の、1939年ポーランド戦の分析記事を訳したので、まずはそこから陸上戦闘を覚えていこうと。記事中には『ポーランドを正しく守っても、ドイツが正しく攻めても、たいした違いは生じない』と身も蓋もないことが書かれているが、そういう些細な戦闘でも分析記事を書いてしまうあたり、「A World at War=第三帝国」マニアの性(さが)を感じた(^_^;)

まず中小国であるポーランドは、枢軸側戦闘フェイズの終了時に、首都であるワルシャワを占領された時点で降伏する。そのためこの記事も、いかに効率よくワルシャワを攻めるか、守るか、という視点で書かれている。

記事中では、ポーランド軍の配置として4パターンが図示されているが、実際、大きな違いは無い。上写真は、最も基本的な配置(防衛計画①)で、3個ある2-3歩兵ユニットのうち2個を首都ワルシャワにスタックさせ、その周囲を1-3歩兵ユニットで囲み、ワルシャワに接する河川が無いN35ヘクスには、唯一残った2-3歩兵ユニットを配置。その隣のN36(ブレスト・リトフスク)にも1-3歩兵を配置し、都市(=基地)にしか置けない陸軍航空隊(AAF)ユニットは、ワルシャワとブレスト・リトフスクに配置している。

各都市には、5戦力までの陸軍航空隊を配置できるので、だったら首都ワルシャワに陸軍航空隊2戦力をスタックさせればいいじゃないかという意見もあり、実際そのパターンもあり得る。ただ記事中では、1カ所に陸軍航空隊をまとめた場合、航空優勢を取るための空中戦でダイスを1回振り合うだけだが、2カ所に分散させれば、ドイツ軍は2カ所に対して空中戦を仕掛けなければならず、ダイスを2回振らせた方が、ドイツ軍が損失を被る可能性が、僅かながら高まるとしており、今回はその分散策を採ってみた。 

f:id:crystal0207:20210314154329j:plain

順番としては、まず移動フェイズ中に、航空優勢(ルール18.52)という敵航空基地に対する撃滅戦から始まる。ポーランド軍の2航空戦力に対して、ドイツ軍はそれぞれ1航空戦力を割り当てればいい。空中戦解決は、それぞれの航空戦力からダイス2個を振り合って、お互いの損失を出す形だが、優秀なドイツ軍は有利なダイス修整+2があるため、ダイス2個振って5を出さない限りは、必ずポーランド軍に損失を与えられる。逆にポーランド軍は不利な-2修整をくらうが、それでもドイツ軍に損失を与えたいので、2回ダイスを振った方が可能性が高まるよと。

そのように、まず間違いなくポーランド空軍は無力化されるので、次は陸上部隊によるワルシャワ攻略である。基本的に陸上ユニットはすべて、防御時に戦力+2となる(15.32A)ため、首都ワルシャワに立て籠もった2-3歩兵ユニット2個は、合計防御力8となる。そしてもしワルシャワを河川越しに攻撃した場合、さらに地形効果で+1防御力となり、ユニット2個の合計防御力は10となってしまう。そのため、河川を渡らずにワルシャワを攻撃できる、首都南東のN35ヘクス(2-3歩兵ユニット1個)を事前に奪う必要がある。ワルシャワへは、そのN35とN34ヘクスから攻撃することになるが、どこか1カ所でも河川越しでなければ、河川防御修整も得られないので(15.31C)。

f:id:crystal0207:20210314162656j:plain

まずは移動フェイズ、オーバーランによってN34ヘクスを奪うところから。オーバーランは、2個以下のユニット(うち1個は機械化ユニット)で、戦闘比6:1が立つ必要がある。N34ヘクスを守るポーランド軍1-3歩兵ユニットは、防御時+2、戦闘訓練レベル(CTL)が0で首都や目標ヘクス以外で防御している場合-1となり、最終防御力2となる。

となるとドイツ軍が戦闘比6:1を立てるには、12戦力以上が必要ということで、4-6装甲ユニット2個、航空隊4戦力、合計12戦力によってオーバーランを行う。これは自動的に成功し、N34ヘクスはドイツ軍によって支配される。以前は「オーバーラン時の攻撃側の損失(15.34)」というルールもあったが、煩雑という理由で、すでに最新版ルールからは削除されている。

そして4-6装甲ユニット2個のうち、1個がN34ヘクスに前進し、1個はN33ヘクスに留まる。この後置された装甲ユニットが、後々、突破・展開攻撃を行う予定になるので、あえて残しておくのがミソ。 

f:id:crystal0207:20210314164751j:plain

さらに移動フェイズで、先ほどオーバーランで占領したN34ヘクスに、追加の3-3歩兵ユニットを1個送り込み(スタック制限は2個まで)、O33ヘクスには3-3歩兵2個ユニットを入れ、その背後にも突破・展開用の4-6装甲ユニットを準備する。このN34、O34ヘクスに集められた4-6装甲1個、3-3歩兵3個、合計13戦力で、ワルシャワ南東のN35を守る2-3歩兵ユニットを攻撃するわけだ。

ここから戦闘フェイズ。ワルシャワ南東の2-3歩兵は、防御+2、河川+1、戦闘訓練レベル修整-1で、最終防御力は4となる。戦力比13:4で、戦闘比は3:1。ここでさらに航空隊を注ぎ込んで戦闘比を上げたい気もするが、ポーランド戦時に用意されたドイツ軍の航空戦力は20戦力であり、すでに航空撃滅戦で2戦力、オーバーランで4戦力を使い、残り14戦力はワルシャワ攻略に取っておくことにする。

まあ、戦闘比3:1で、防御側に1個ユニットしかないなら、まず確実に2-3歩兵を除去できる。ドイツ軍としては無用な損害は避けたいが、最新ルール15.54では「大戦初期のドイツ軍のオーバーランと展開攻撃でのEXはEX-1とする」ため、損失を被ったとしても歩兵1個を生け贄に捧げれば良しと。

ドイツ軍は、この戦闘にも勝つと、戦闘訓練レベル(CTL)2を有し(41.92A)、攻撃部隊には装甲ユニットも加わっていたため、N35ヘクスには「突破(Breakthrough)」マーカーが置かれる。この突破マーカーが置かれたヘクスには、展開(Exploitation)移動によって、戦闘フェイズ中に攻撃していなかった機械化ユニット(戦闘訓練レベル1以上)を、移動力やZOCに関係無く配置できるので、オーバーランだけして戦闘はせずに後置してきた装甲ユニットを、N35ヘクスへと送り込む。 

f:id:crystal0207:20210314172052j:plain

そして展開移動が終わると、いよいよ、展開攻撃によるワルシャワ攻略である。この展開攻撃に参加できるのは、装甲ユニットや、展開移動で降下してきた空挺ユニット、対地支援の航空ユニットだけなので、N34に前進している3-3歩兵ユニットは参加できない。そのためN34から4-6装甲ユニット1個、N35から4-6装甲ユニット2個、残っていた航空戦力14、合計26戦力でワルシャワを攻撃することになる。

対するポーランド軍は、2-3歩兵ユニット2個、各ユニット防御+2となるため、合計防御力8となる(N35から非河川越しの攻撃を受けるため、河川の防御効果は得られない)。

戦力比26:8=戦闘比3:1。ドイツ軍にとって最悪な「d=防御側は戦力の半分を失う」が出てしまうと、ポーランド軍2-3歩兵2個のうち、1個は除去できるが、ワルシャワはまだ堅持されてしまう。

ただし「A World at War」の陸上戦闘では、戦闘訓練レベル(CTL)1なら第2戦闘ラウンドも可、レベル2なら第3戦闘ラウンドも可となっている。ドイツ軍は、CTL2なので、ワルシャワへ再攻撃、再々攻撃も可能となる。その場合、戦力比も計算し直し、すでに航空戦力を使い切った状態で、4-6装甲ユニット3個=12戦力のみで、2-3歩兵ユニット1個=防御力4を攻撃し、やはり戦闘比3:1、最悪でも残った1個歩兵は除去できるので、空いたワルシャワに前進し、この展開攻撃の後に、ポーランドは降伏となる……

……とまあ、記事に書いてある通りにユニットを動かしつつ、そのルールどこに書いてあるんだよとルールブックと首っ引きになりながらも、基本的な陸戦の仕組みは理解できたかなと。自分からは、こういった理詰めの作戦研究はやらないが、理論的な記事を読むのは好きだし、今回もだいぶ助けられた。

ただ、前回も書いたが、手元にある2003年版のルール和訳と、最新版のルールがかなり違うので、自分で本格的にプレイするなら、まず最新版の和訳ルールを作るところからだなと。それもなかなか骨が折れる作業なので、とりあえず今回のように、最新版ルールが反映された攻略記事を読み、それに沿ってユニットを動かす練習を続けていこうかと思う。いやホント、先は長い……