Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】ミリタリーナレッジレポーツvol.26「小隊/分隊の戦術」

久しぶりに神保町に出て、FORGER氏とウォーゲーマーお茶会。他人とウォーゲームの話をするのも久しぶり。そしてその前に、書泉グランデの同人誌コーナーにも寄り、ミリタリーナレッジレポーツvol.26「小隊/分隊の戦術」を購入。現代の米英軍の小部隊戦術を解説した一冊で、建物の掃討(クリアリング)手順や、火力チームの連携、待ち伏せ、車輌移動、捕虜の取扱等々が記されている。

火力チーム単位で、建物を奪い合うレベルのウォーゲームと言うと、自分は触れたことがないが「Urban Operations」がかなり良さげ。なにしろフランス軍の市街戦教官が作ったというだけあって、各地でのリプレイを見る限り『本当の市街戦はこうなんだぞ』という再現度にこだわりがある模様。今現在も入手可能だし、日本語訳も付いているという意味でもオススメしやすい。

DVGの「Warfighter Modern」シリーズも、カードを多用して現代の小部隊戦を再現しているはずだが、あいにく日本語版が無いのが残念。カードはやはり、日本語訳が欲しいところ。