Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

GMT「Simple GBoH Battle Manual」

f:id:crystal0207:20070325173100j:plain

GMT社の古代戦GBoHシリーズの シンプル版バトルマニュアルを購入。今までC3I誌で発表されたGBoHシナリオをシンプル版にコンバートする情報が載っている。掲載されているのは55シナリオ。マラトンの戦い、トイトブルク森の戦い等あるが、本誌だけ買っても、これらを遊ぶのは無理で、各シナリオが掲載されたC3I誌を参照する必要がある。かなりのシナリオがC3I誌のページでpdf化されてるものの 「SPQR Player's Guide」も別途、手に入れる必要あり。また各誌に分散されていた追加カウンターがまとめて添付されている。

ところでシンプル版ルール。実際遊んでみると、つい同じフォーメーションばかりを連続活性化してしまう。おかげで部隊の右翼だけがガンガン敵と殴り合い、その間に中央も左翼もぜーんぜん動いてないとか妙な事になる。まあ自分の動かし方がヘタだと言われればそれまでだが。そこで活性化の順番だけ本番ルールを採り入れようと思っている。つまりイニシアチブ値の低い指揮官/フォーメーションから活性化し、より高い能力を持つ指揮官は割り込み活性化が行え、すべてのフォーメーションが活性化したらターンを終了する……という感じで。年末に「Devil's Horsemen」をプレイした時もこのルールを用いてみた。これだと全軍が均等に活性化するので、より「らしく」なるかなと。 まあ、あくまでも私案だし、研究途上なのであしからず。