Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【Air Power Series】「View from a Cockpit Issue #1 #2」

f:id:crystal0207:20211226180823j:image

今日も6ゾロ氏が出版されている同人誌「View from a Cockpit 」シリーズを購入した。このシリーズは「Air Power」シリーズのデータを補完するもので、正規に発売された「Air Superiority」「The Speed of Heat」等には含まれていない各種データ、シナリオ等が収録されている。たしかにGDWから「Air Superiority」が発売されたのが1987年、CoAから「The Speed of Heat」が発売されたのが1992年と、いくら現代空戦ゲームとは言え、すでに30年前の出版物となっている。その後、さまざまな機種や兵器が登場したり、かつては謎のベールに包まれていた旧東側の兵器の情報が入手できたり、シナリオとしても新たな戦場が想定されており、このような形でアップデートされていると、本当の意味での現代空戦ゲームとして引き続きプレイできるなあと。

そんな「View from a Cockpit Issue #1」は、航空機に搭載されるミサイル、ロケット、ECMポッド等の兵装編。このデータの導入によって、最新のミサイル戦闘が行えるようになると。

f:id:crystal0207:20211226180832j:image

「View from a Cockpit Issue #2」は、進捗著しい中国空軍と、それに対抗する台湾空軍のデータ集。台湾海峡を巡る空戦を、1950年代から現代まで扱っており、フランカー・シリーズ(の中国版)や、謎の第5世代戦闘機J-20、台湾軍が採用していたかもしれないF5G(エリア88ファン的にはF20タイガーシャークと呼びたい)等々のデータも収録されている。F16ファイティング・ファルコンもブロック別に機種データが用意されているという念の入れよう。

 

そしてこれに続く「View from a Cockpit Issue #3」(朝鮮半島編)も注文しようと思ったら、そちらは今現在改訂中だそうで、出来次第、入手することに。

このシリーズについては、もうすでに「Air Superiority」「The Speed of Heat」ユーザーの多くが入手されていると思うが、たしかにもの凄い労作なので、未見の方は是非是非。