読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Bataille Series】CoA「La Bataille de Lutzen」

CoA La Bataille de Lutzen

f:id:crystal0207:20140318154522j:plain

【回顧録:この記事は2014年3月に回想した記事である】

2003年2月22日にナポレオン戦争戦術級ゲーム「La Battaille de Lutzen」を購入した。本作は1813年5月、リュッツェンにおけるフランス軍とロシア・プロイセン連合軍の戦闘を扱っている。

前年あたりからBattailleシリーズにも手を延ばしてきたが、どうも古い作品はユニットが薄っぺらくて扱いづらく、あまり遊ぶ気にはなれなかった。その点本作のユニットはしっかりとした作りで好感が持てた。ユニット裏の数値も書き殴ったような手書き書体ではなくなり、読みやすくなっている。地図盤に等高線が記されるようになったのも本作からだろうか。しかし本作に添付されていたルール訳が無く、結局ほとんどプレイする機会は無かった。(例の如くセットアップだけした記憶しかない)

f:id:crystal0207:20140318154537j:plain

本作に添付のルールは「第5版」とも云うべきもので、騎兵突撃ルールが簡素化され、それまであった大規模騎兵突撃に関しては削除されている。またスタック制限、横隊移動時のペナルティも厳しくなっている。この辺り、古くからの「第3版」に慣れた方には違和感があるのかもしれない。自分はあまり気にならないが、Battailleシリーズの場合、異なるバージョンのルールで遊び比べてみるのも一興だろう。ただ自分の場合、どのバージョンが一番好みなのか、定まっていない感もあるが……

Luetzen & Bautzen 1813: The Turning Point (Campaign)

Luetzen & Bautzen 1813: The Turning Point (Campaign)