Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【The Second World War】「TSWW : Hakkaa Päälle」The Battle of Suomussalmi Solo-Play AAR

f:id:crystal0207:20200120125927p:plain

「TSWW : Hakkaa Päälle」の特別ルールを翻訳したので、これで冬戦争(ソ・フィン戦争)もプレイ可能に。しかし史実に寄せるための仕掛け(陰謀ルールとも言う)が結構キツく、実際に確かめることにした。

まずは冬戦争中、フィンランド軍が最も輝かしい勝利を収めた「スオムッサルミの戦い」をソロプレイしてみることに。この戦闘は、フィンランド領内に侵攻したソ連第9軍の先鋒・第163歩兵師団が、スオムッサルミの街を奪ったものの、シーラスヴォ大佐率いる寡兵のフィンランド軍に各個撃破に遭ったうえ、後続の第144歩兵師団まで撃滅されてしまったというソ連軍の大敗。まあ、数個師団程度の戦闘なので、もっと細かいゲームスケールの方が楽しそうだけども。

シナリオ開始時点で、ソ連第163歩兵師団は3個連隊に分割され、それぞれ1一般補給ポイント(GSP)は持っているものの、第9軍司令部と補給所スタック(画像右下)からは、かなり離れている。1939年のソ連軍の主要補給ルート許容量は4と定められ、簡単に言うと、補給所から平地4ヘクス先まで補給下にできる。しかしシナリオ開始時=1939年12月Iターンの天候は、過酷(Severe)かつ凍結(Frozen)であり、主要補給ルートが各ヘクスを通過する消費コストが増し、第163歩兵師団の3個連隊も、この範囲外にあるため、最初から補給切れとされている。

TSWWでは、補給切れと判定された場合、補給源や補給所からの無制限の陸路=補給線(LOS)が断たれた「孤立」なのか、それとも補給所からの主要補給ルート(MSR)から外れた「補給負荷」なのかを判別する。今回の場合、ソ連第163歩兵師団の3個連隊は、補給所からの陸路=補給線(LOS)は通っているものの、主要補給ルート(MSR)範囲内にはいないので「補給負荷」となっている。「補給負荷」には2段階あり、「補給負荷1」では、攻撃力1/2、移動力1/2、影響ゾーン(ZOI、他のゲームで言うZOC)は減少状態、戦車ショック効果(ASE)-1、反応移動無しとなる。現状のまま、もう1ターン経過すると「補給負荷2」となり、攻撃力1/4、防御力、移動力、対空力1/2、影響ゾーン、戦車ショック効果、対戦車効果、装甲防御値無し、反応移動と突破移動も不可となる。

f:id:crystal0207:20200120130356p:plain

さてソロプレイ開始。1939年12月Iターン。先手フィンランド軍の移動フェイズから。最初のターンの増援として到着した、第27軽歩兵連隊(2-6)は、スオムッサルミに陣取るソ連第613歩兵師団第759歩兵連隊(4-6)へ接敵。同じく第25連隊(1-6)も、スキー部隊は移動時に敵ZOIを無視できるというフィンランド軍特別ルールを活かし、ラーテ(Laate)道ヘクスへ進出。これとシーラスヴォ大佐直率のRasanan軽歩兵旅団(1-6)と併せて攻撃をかける。最初のターンには、一般補給ポイント4も届いているので、これを3消費して、3個ユニット(3スタックポイント)を攻勢補給下とし、額面100%の攻撃力を発揮させる(攻勢補給にしなかった場合、額面戦闘力✕0.75のみ)。一応、フィンランド軍には、対地支援にも使えるブレンハイムI型爆撃機0.5ステップ(作戦爆撃力1のみ)も控えているが、天候が過酷なので爆撃力50%となるため、今回は使わず。

続いて戦闘フェイズ。額面戦闘力だけなら、フィンランド軍の攻撃力4:ソ連軍の防御力4(補給負荷1でも防御力は変化しない)=戦闘比1:1だが、もちろん修整が加わる。

1939年のフィンランド軍の戦闘効率補正(CEV)は1.4。シーラスヴォ大佐の攻撃補正は0.2。フィンランド軍の攻撃力は、4✕1.6=6.4となる。また3ヘクスサイドからの集中攻撃でダイス修整+1、過酷な天候時の攻撃でダイス修整-1、1/2スタックポイント(=大隊)以上の軽歩兵スタックが森林を攻撃する場合はダイス修整+2、併せて+2となる。フィンランド軍の場合、スキー部隊も軽歩兵として扱えるのが便利。

f:id:crystal0207:20200120150737p:plain

対するソ連軍は、戦闘効率補正0。防御力は変わらず4となり、攻撃力6.4:防御力4=戦闘比1.6:1となる。ここでd100を振って出目は19。60以下が出たので、最終戦闘比は2:1、ダイス修整+2で判定する。出目は4。足して6。結果は「QH(Quater/Half)」。まず攻撃側フィンランド軍は、防御側ソ連軍のスタックポイント(1)の1/4を失う。防御側ソ連軍は、スタックポイント(1)の1/2を失って後退する。フィンランド軍は第25スキー連隊を除去し、ソ連軍第759歩兵連隊も除去された。フィンランド軍第27軽歩兵連隊は、空いたスオムッサルミヘクスに前進し、これを奪回。遺棄されたソ連軍の一般補給ポイント1に対しても1d10を振り、出目8=1x0.8=整数にして1ポイント捕獲となった。ここでフィンランド軍Rasanan軽歩兵旅団も前進出来るが、あえてしないのが重要(後述)。

f:id:crystal0207:20200120173450p:plain

続いてソ連軍の反応移動フェイズ。特別ルールによって、ソ連軍は毎ターン、西に進まなければならないが、道路沿いに西進するということで、いったんスオムッサルミに接近。

さらに手番代わって、ソ連軍の移動フェイズ。しかしこの1939年12月Iターンはソ連軍の師団分割ユニットはスタックできないという特別ルールがあり、過酷な天候によって移動も阻まれ、2個連隊がかりでは攻撃できない。先行した第163歩兵師団第662歩兵連隊は、一般補給ポイントを消費して補給負荷1を維持してOltavaに入ったが、ソ連軍には、額面戦闘比3:1以上なら必ずフィンランド軍を攻撃しなければならない、という特別ルールもある。第163歩兵師団第662歩兵連隊の額面戦闘力は4、隣接するRasanan軽歩兵旅団は額面戦闘力1なので、ここはマストアタック。と言うより、フィンランド軍は、わざとソ連軍に攻撃を強制させるため、あえてスタックを集めなかった(フィンランド軍がスタックすると合計3戦闘力になり、強制攻撃の3:1にならない)。

そしてソ連軍の戦闘フェイズ。第662歩兵連隊の額面戦闘力は4だが、補給負荷1によって攻撃力は1/2に。また司令部の攻勢補給下にないので、攻撃力✕0.75。よって4✕0.5✕0.75=攻撃力1.5となる。河川は凍結しているため無問題だが、過酷な天候時の攻撃なのでダイス修整-1。

対する防御側フィンランド軍Rasanan軽歩兵連隊は、額面防御力1なれど、戦闘効率補正1.4、シナリオ地域外にいるマンネルハイム将軍の防御補正1.0があるため、1✕2.4=最終防御力2.4となる。

攻撃力1.5:防御力2.4=1:1.6となり、ソ連軍はd100を振り、出目は49。最終戦闘比1:2、ダイス修整-1となる。ソ連軍の出目は5。引いて4。結果はHR(Half & Retreat)。ソ連第662歩兵連隊は攻撃にしくじり除去された。

f:id:crystal0207:20200120174309p:plain

ターン代わって、1939年12月IIターン。スオムッサルミには、フィンランド軍増援のスキー守備連隊((1)-6)✕4個が到着。それに留守番を任せ、Rasanan軽歩兵旅団と第27軽歩兵連隊は、ソ連第163歩兵師団第529歩兵連隊を追撃。東西から挟み撃つ形で攻撃をかけた。もちろんフィンランド軍は、攻勢補給も消費し、額面戦闘力100%。

フィンランド軍の攻撃力は、合計3✕1.6=4.8。ソ連軍の防御力は3。戦闘比1.6:1。d100で48が出たため、戦闘比は2:1へ。ダイス修整+2。出目は7。足して9。結果は「DQ(Defender Quartered)」。ソ連第529歩兵連隊も除去され、第163歩兵師団は全滅した。 

とまあ、ソ連軍はロボット的にしか動けなかったが、史実に忠実に、スオムッサルミの戦いっぽくなっているなあと感じた。フィンランド軍の戦力ばらまき+攻撃強制テクニックも面白いと思う。こういった史実的な縛りについては、好き嫌いもあるだろうが、TSWWは全体的に史実に寄せたシステムなので、自分としては、そりゃあ状況設定も縛るだろうと割り切っている。展開の自由さや、競技バランスは低いが、図上演習ツール、史実再現キットとしては最高。ソ連軍に不利な陰謀ルールも、時期が進むにつれて次第に解除されていくので、次は冬戦争後期のシナリオも試してみよう。

【参考文献】喬良・王湘穂 「超限戦 21世紀の新しい戦争」

超限戦 21世紀の「新しい戦争」 (角川新書)

超限戦 21世紀の「新しい戦争」 (角川新書)

 

2001年に日本語版が発売され、品切れていた「超限戦」が新書化されたので購入。中国で原書が発行されたのは1999年だそうで、2001年の「9.11テロ」前にハイブリッド戦争に言及していたことで話題になったそうだが、自分が触れるのは初めて。マーチン・ファン・クレフェルトも、1991年の「戦争の変遷」で、すでに非正規戦に触れていたが、本書はより具体的にハイブリッド戦争に触れている。

もはや21世紀の戦争は、通常戦争やゲリラ戦争は優に及ばず、金融、メディア、心理戦争など、あらゆる境界や制限を超越して複合されているという意味で「超限戦」なのだろう。まあ、さすがに生態戦争(天候や気象を利用する)となると「?」と思ったりもするが、ちょうど今オーストラリアで起きている大規模な山火事のような災害なら人為的に起こせるだろうし、それも将来戦の一手段なのかもしれない。

ただ、自分の手元には、あいにくハイブリッド戦をテーマとしたウォーゲームは無い。たぶん「ModernWar」誌あたりで発表されているゲームの中に、ハイブリッド戦的な作品はあるだろうが、まだまだ作品数は少ないと思う。なにしろハイブリッド戦自体、実例も少なく、現在進行形でもあることから、制作側としてもモデル化・ゲーム化しにくいのだろう。一方、プレイする側としても、(自分も含めて)まだこの新時代の戦争観に追いつけていなかったり、むしろなじみ深い、旧来のクラウゼヴィッツ的な通常戦争ゲームを好む人も多いのではないだろうか。いずれ新時代の戦争が、普遍的な形でモデル化されたら触れてみたい気もするが、さまざまな分野での変化スピードが上がっている現代では、なかなかそれも難しいかもしれない。それよりは、個々のハイブリッド戦争を、その時の状況だけ切り取ったり、仮想設定を組み立てて、個別に表現していくという「取って出し」な形で対応するしかないのかも……などと思いつつ、自分も、もはや失われつつある、通常戦争ウォーゲームと、ノスタルジックにつき合っていくのだろうな。

GMT「Stalingrad'42」Fall Brau AAR

f:id:crystal0207:20200105193413j:image

今日は、2013年2月以来、7年ぶりにYossyさん宅で対戦。Yossyさんも、この7年間はウォーゲームと縁遠かったそうで、だったらオーソドックスな作戦級をということで「Stalingrad'42」を選択。シナリオ1「Fall Brau」を、Yossyさんがドイツ軍、自分がソ連軍を担当した。 

f:id:crystal0207:20200105200401j:plain

序盤、快活に進撃するドイツ第4装甲軍。 

f:id:crystal0207:20200105200808j:plain

ドイツ軍は、一番手前の勝利ポイント地点Staryy Oskolを占領し、先鋒部隊は早くもVoronezh(勝利ポイント2)に達した。しかしドイツ装甲師団は、各地でステップロスをくらい、早くも消耗しつつある。そして南部では、まだ攻勢に出られず。

f:id:crystal0207:20200105201221j:plain

ドイツ第4装甲軍が消耗したうえ、Don川にぶつかったあたりで、今度は南部での攻勢が開始。ドイツ軍は、Valuyki、Voroshilovgradも占領。しかし各司令部を戦闘支援に使った代わりに、それを回復させる補給ポイントが不足してきた。 

f:id:crystal0207:20200105193557j:image

対するソ連軍は、反撃する余裕も無く、ZOCボンド戦線を繋ぐのみ。 

f:id:crystal0207:20200105193607j:image

そのソ連軍戦線も、広い範囲でドイツ軍の攻撃をくらい、一斉に後退、そして混乱。それでも何とか勝利ポイントの達成は防いでいる。  

f:id:crystal0207:20200105193625j:image

南部でのドイツ軍の進撃は、Voroshilovgradで停止。その先にあるMillerovoまでは奪えなかった。

f:id:crystal0207:20200105210124j:plain

最終第8ターン。ドイツ軍のSvobodaに対する攻撃は、EX(相互損失)止まり。しかしVoronezhに対する攻撃はようやく成功し、ソ連軍も「断固たる守備」にしくじって後退。あえなくVoronezhは陥落した。しかしその勝利ポイント2点を加えても、合計5点。勝利基準の8点には足りず、ドイツ軍敗北と相成った。

まあ、7年ぶりのリハビリ的対戦とはいえ、8ターン進めるのに4時間ほどだったので、さくさくと進められた感じ。ドイツ軍は、後退するソ連軍を追って、ついついDon川方面に装甲師団を送ってしまったが、そちらは渡河攻撃をするのだし、歩兵師団を送れば良く、装甲師団はDon川とDonetz川の間の平野部を突進させれば良かった……というのは後知恵。まあ一度プレイすれば、そのあたりの戦力配分もすぐ見えてくるかなと。今回は、その戦力配分に手間取り、Voronezh陥落も遅れたが、次回はもう少しスムーズにできるはず。とは言え、Svobodaまでは取れるとしても、勝利ポイント7点目、8点目を取るのは、まだ難しそうに見える。たぶんプレイ回数を重ねれば、また違って見えるのだろうが。

ソ連軍としては今回、ほとんど反撃をしなかったが、枢軸軍も徐々に消耗し、戦線が薄くなっていたので、一発殴れそうなチャンスも何度かあった。一応、予備選力も保持していたが、その時、その近くに反撃できる戦力が無かったのが残念。予備を配置する場所がまずかったのだろうか。あるいは、枢軸軍戦線が綻ぶ場所をあらかじめ予想して、反撃用の予備を準備しておくか……などと対戦後、あれこれ話し合ったので、いずれまた再戦するかもしれない。とにもかくにも、安心安定のSimonitch路線は健在だった。

GMT「Stalingrad'42」Fall Brau Self Study

f:id:crystal0207:20200104164549j:image

2020年新年早々「Stalingrad'42」の対戦予定が入ったので、シナリオ1「Fall Brau(青作戦)」を並べ、プレイブックに載っている例そのままに2ターンほど動かしてみた。 

f:id:crystal0207:20200104164556j:image

基本的なシステムは、近年のSimonitch作と共通ながらも、航空支援(ドイツ軍の場合、戦闘フェイズに攻撃スタックに載せると、突破戦闘にも残り、さらにはソ連軍ターンにも残って防御支援もするという便利さ)、補給ポイント(自前で砲兵支援をするか、砲兵支援をした司令部を回復させる)が特徴的に感じた。

しかしドイツ空軍マーカーは2個しかない(ルーマニア軍用に1個追加される)ので、全戦線にわたって派手に暴れられるワケでもなさそう。実際、史実でも(そしてプレイブックでも)、まずは北部からの攻撃に限定されているし。対するソ連軍としては、戦闘比が多少低くても反撃する気概が必要だなと。

まあ、事前にゲームが見えすぎてしまうとつまらないので、今日はルール確認のみ。

【Wargaming Column】ゆく年くる年2019、そして2010年代総括

f:id:crystal0207:20191230175207j:image

【2019年の購入ウォーゲーム】

今年購入したのは、ウォーゲーム12個+ASL5個+ASL小物4点。購入が10個を超えたのは、2012年以来7年ぶり。その大半が、昨年末の時点で『来年は買う』と想定したモノなので、それは良しとしよう。問題は、昨年末の時点でまったく買うつもりが無かった「TSWW(The Second World War)」シリーズと「A World at War」「Gathering Storm」に手を出してしまったこと。いったん断捨離もしたので、もうWWII作戦級~戦術級だけあれば良いじゃないかと言っていたのに、戦略級方面にも手を出してしまった。まあ、先日のWWIIクリスマスツリー記事でも書いたが、これによって第二次世界大戦を複数のレイヤーでプレイできることになったので、それもまた良し。

【2019年のウォーゲーム活動】

引き続き、ほぼ引退状態のソロプレイ専門。しかし今年は仕事が忙しくなったので、ソロプレイに割く時間も限られてしまった。それでも今年購入したゲームの大半は、一度はソロプレイして、とりあえず稼働状態とした。今年こそ回数を増やそうと思っていたASLも、相変わらずのコレクター状態。「A World at War」も手が出なかったけれど、先に「Gathering Storm」のルールを訳している。

そして、分厚いTSWWのルールを訳し、ミニシナリオながらも、実際のソロプレイまで漕ぎ着けただけでも、自分で自分を褒めても良いんじゃないだろうか。実際、今年プレイした中では「TSWW:Day of Infamy」がマイベスト・ウォーゲーム2019。

また今年は、このBlogに読書記事を追加した。やはりウォーゲームと戦史書は切っても切り離せないということで、戦史書の記事でもウォーゲーム・タイトルに言及するようにしてみた。このあたり、うまくリンクさせていきたいところ。

【2020年の購入ウォーゲーム予想】

とりあえず新年早々、ASLフランス軍モジュール「Croix de Guerre 第2版」、デラックスASL総集編「Delux ASL Redux」、ASLヒストリカル・モジュール「Onslaught to Orsha」と、またASL部隊が続々到着しそう。「TSWW:Barbarossa」も、そろそろのはず。「CSS:Fulda」「GOSS:Lucky Forward」は3月という話だが、それもどうなるんだか。他にも「OCS:Hungarian Rhapsody」「GTS:Race for Bastogne」も注文済みだが、どちらもいまだにP500に達していないので、来年以降かもしれない。

【2020年のウォーゲーム活動予想】

今年は、TSWWのルールを訳したが、来年「TSWW:Barbarossa」の発売に伴ってルールもアップデートされるはず。そのルールも訳す予定だし、すでに「TSWW:Hakkaa Päälle」の特別ルールは翻訳済み。「Singapore !」の特別ルールの翻訳も始めているし、プレイ環境は少しずつ整えつつある。TSWWに関しては、まだまだ練習段階なので、来年は本格的なシナリオ……冬戦争、マレー半島戦、インパール作戦、ミッドウェー作戦あたりに触れてみたい。もちろん「TSWW:Barbarossa」が届けばそれも……

さらに平行して「Gathering Storm」の翻訳も進めている。こちらは、本体ルールを45%ぐらい訳したところで止め、TSWWの翻訳を優先している。「Gathering Storm」も、カードの訳まで含めると結構な分量なので、あまり焦らず進めようかと。そして出来ればその後には「A World at War」にも着手したい。一応、2003年版の翻訳データはあるが、最新ルールの翻訳も作っておきたいなと。

そして「Lucky Forward」の発売に伴い、GOSS(Grand Operational Simulation Series)のルールもアップデートされるはずなので、それも訳しておきたい。また「GOSS:Atlantic Wall」の訳も途中で止まっているので、GOSS最新ルールが出たらそちらも……とまあ、面倒なシステムのルール修整ばかり抱えているが、そのうちのどれかひとつぐらいは、来年中に達成したいなと。

また、友人からは『ASLをプレイしたい』というリクエストも来ており、できればヒストリカルASLのシナリオを中心に再開しようかと思っている。しかしASLは、毎年毎年『今年こそは』と言って尻つぼみに終わっているから、期待は薄……

【2010年代の総括】

このBlogの年別記事数を見ても分かるように、2010年は、一番ウォーゲーム活動が活気づいていた年だった。それがゲームの断捨離をした2014年には記事が最低数になり、ほぼ引退状態に。それでもボードゲームTRPGTCGを手放したのに、ウォーゲームだけは残ったというのも面白い。結局、2014年を底として、再びV字回復し、今年の記事数は、その2010年に次ぐ、第2位の年となった。と言っても、積極的にプレイ回数を増やしたわけでもなく、対戦をするわけでもなく、ただ時間が空いた時にソロプレイをする程度。まあ、そのプレイスタイルは、来年以降も続くかなと。

というわけで、2020年も引き続きほぼ引退状態でしょうが、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

【Advanced Squad Leader】「Hell's Corner」(Operations Special Issue #3)

f:id:crystal0207:20191227171522j:image

2019年最後の買い物。海外オークションにて、2010年に発売されたMMP「Opeartion Special Issues #3」を購入。プレミア価格なれど、諭吉1枚で収まったので、まあまあかと。

お目当ては本誌ではなく、付録の、ガダルカナル島・マタニカウ河付近での戦闘を扱った、ASLヒストリカル・モジュール「Hell's Corner」。今年2月に、ガダルカナル島のムカデ高地戦を扱った「Operation Watchtower」を買った時にも書いたが、実はこの2つ、もともとワンセットとして企画されていたが、2001年に「Operation Watchtower」として発売される際に「Hell's Corner」部分が省略されてしまったという曰く付きのシロモノ。そして9年後の2010年になってようやく「Hell's Corner」が発売され、この2つを合わせてASLヒストリカルガダルカナル戦もコンプリートということになる。自分も2月の日記で『いずれそちらも入手したい』と書いたが、一年以内に買い揃えられてひと安心だ(買い揃えるばかりで、全然プレイはできていないが……)

f:id:crystal0207:20191227171533j:image

ヒストリカル・モジュールとは言っても、1ページだけの簡単な特別ルールが付いている他には、マタニカウ河付近のフルマップ1枚、シナリオ5本、2ページの紹介記事があるのみ。こちらが、陸軍一木支隊が壊滅したマタニカウ河口。ASLスケール(1ヘクス=40m)ではこのように。 

f:id:crystal0207:20191227171543j:image

こちらは河の上流、やはり激戦地となった丸太橋近辺。 

f:id:crystal0207:20191227171552j:image

「Hell's Corner」用のシナリオは5本収録されているが、うち3本は「Operation Watchtower」にも、同じ戦闘ながらも、汎用地図盤を使うバージョンとして収録されている(戦力も若干異なる)。そう、本来「Hell's Corner」用のシナリオもあらかじめ準備されていたのに「Operation Watchtower」発売時に地図盤を省略したため、シナリオだけ残して汎用に改造したということ。まあ、せっかく「Hell's Corner」を入手したのだから、ヒストリカル地図盤バージョンでプレイしたいところ。

また本誌には、ASLスターターキット用のシナリオも2本掲載されている。 

f:id:crystal0207:20191227171600j:image

ちなみに本誌のメイン付録は、日本のゲームジャーナル1号「真・バルバロッサ作戦」と同3号「決戦ガダルカナル」の英語版。記事としては、GTS(Grand Tactical Series)での諸兵科連合(コンバインド・アームズ)に関する分析(7.5ページとなかなかの量)も載っているので、これだけ訳してみようかな。

【参考文献】Lars Celander「How Carriers Fought」

How Carriers Fought: Carrier Operations in World War II

How Carriers Fought: Carrier Operations in World War II

  • 作者:Lars Celander
  • 出版社/メーカー: Casemate Pub & Book Dist Llc
  • 発売日: 2018/08/03
  • メディア: ハードカバー
 

「TSWW:Day of Infamy」の参考書として、第二次世界大戦の空母戦を扱った「How Carriers Fought(空母はどのように戦ったのか)」をざっくり読了。Kindleでは安かったのに、またハードカバー版を購入。

第1章「空母作戦」では、索敵、発艦、航空攻撃、対空防御といった空母戦の仕組みを詳解し、WWII空母戦ゲームが好きな方にはとても参考になりそうな内容。第2章「第二次大戦の空母戦」では、ケーススタディとして、珊瑚海、ミッドウェー、マリアナ、レイテ海戦等が分析されている。この第2章も、いずれTSWWでそのあたりをプレイする際には、もう一度読み直すつもり。

個人的に、一番参考になったのは第3章「空母作戦術と進化」。ここではランチェスターの法則などを使って空母戦をモデル化しているが、中でも「(空母を)集中するのか分散するのか」という命題は、先日TSWWでウェーク島シナリオをプレイした際にも気になった。本書では、メカメカしい部分にも多く触れているが、やはり気になるのは、TSWWのプレイでも必要となる、作戦レベルでの空母の運用なので。

もう10年前に刊行されたムックだが「決定版 太平洋戦争シリーズ④第二段作戦」にも「空母はこう戦う」(古峰文三氏)という記事があり、「How Carriers Fought」の第1章に書かれてあるような内容が簡単に図示されているのでオススメ。このムックには、第二次大戦当時の海軍作戦の進化を分析した「狭海パラダイムへの変換」(片岡徹也氏)も載っていて、こちらも海軍作戦に興味のある方は是非是非。