読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【戦国群雄伝】「長元記」 AAR

戦国群雄伝 長元記 戦国群雄伝 秀吉軍記

f:id:crystal0207:20140318105735j:plain

Mi-boh氏と、かねて懸案だった「長元記」の 中富川原シナリオを対戦した。シナリオは長宗我部vs十河の四国統一決戦を表し、自分が十河方を担当した。お互い数年ぶりの戦国群雄伝プレイである。

長宗我部元親率いる本軍は阿波南部に集結し、十河軍・新開実綱の暗殺成功まで待機。一方、白地城を出た別働隊は岩倉城攻略へ向かった。これに対して十河在保本隊が岩倉城救援に駆けつけるも、後手の長宗我部軍に逃げられ、戦闘を仕掛けられず。 その間に新開実綱の暗殺が成功。元親本軍は牟岐へ入城。十河本隊は踵を返し、牟岐城へ接したが、ここでも長宗我部軍は後退。岩倉城も強襲で落とし、二方向から勝端城へ迫った。

こうなると十河軍は、勝端城にありったけの戦力を集めるしかできず、一宮城付近で、とうとう長宗我部軍と決戦。倍以上の戦力に一蹴された十河軍は、あえなく勝端城へ撤退した。当然、長宗我部軍は勝端城へ殺到し、最終ターンに強襲の後、降伏勧告。ぎりぎり第3ステージで勝端城を開城させ、勝利した。

十河方にとっては戦いようのないワンサイドな展開だったが、久しぶりにプレイした戦国群雄伝はやはり面白かった。行動順が確定しているため、相手の動きが読めるきらいはあるが、それでもなお、である。