Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】ジョン・ルイス・ギャディス「大戦略論 戦争と外交のコモンセンス」

文庫された「大戦略論 戦争と外交のコモンセンス」を購入。書籍版は2018年に出ていて、パラパラ立ち読みしたのだけれど、今ひとつ買う気になれなかったので、このタイミングで入手。と言うのも内容的に、戦略理論書ではなく、歴史上の人物たちを通じて戦略的意志決定について語っている読み物なので、ちょっと自分が求めているものとは違うかなと。いや実際読んでみれば、戦争に限らず、人間が生きていく上での戦略も含まれていて、それはそれで面白い。とは言え、人生戦略については自分の本業にも関わってくる分野なので、著名人の戦略性が、個々人に適用できるとは限らないぞと。

一応、ひとつのこと(大戦略)を知っている「ハリネズミ」と、無数のこと(摩擦と選択肢)を知っている「キツネ」という例えを用いて、相反する2つの考えを持ちながら、そのバランスを取る、というのは自分の本業的にも納得。まあ、そういう判断能力は、ウォーゲーマーにしろ、ボードゲーマーにしろ、ある程度は身につけているはず。ただしゲーム程度ならともかく、人生を正しく歩む知性を育むには、長い時間をかけて本来の自分らしい決断能力を取り戻す必要があるんだけどね。