Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Wargaming Column】宮永さんと上野で鰻の日

f:id:crystal0207:20110713171101j:plain

元コマンドマガジン編集者で戦史ライターの宮永忠将氏から「上京するので、お茶でもしませんか?」とお誘いをいただいた。ご面識は無かったものの、Twitterでの相互フォローから発展しまして。で、昼前に上野公園口で合流し、昼メシ求めて御徒町へ。残念ながら上野藪そばが定休だったので、ぱっと目についた鰻屋へ入り、食後は喫茶店で3時間以上、だべってきた。宮永さんとは今回が初対面になるが、ウォーゲーム話や戦史・戦記の出版事情など話題は尽きず。どんな話題が出たか、適当に列挙すると……  

 ・共通言語的なウォーゲーム、キラー・タイトルが少ない。進む細分化。

 ・Compass Games「Spartacus」は面白いとのこと。

 ・GCACWシステムの戦国時代ゲームは、地図を作るのが難しそう。

 ・自分のゲーム記事が唯一の情報源になるかもしれない。

 ・ゲーマーが歴史を知り過ぎているテーマの難しさ。

 ・モデラー、ウォーゲーマー、サバイバルゲーマーの差異。

 ・関ヶ原合戦を面白く、かつ台無しにした小早川秀秋

 ・自分のプロパティを明らかにしてゲームを語ろう。

 ・映画「アレキサンダー」における騎歩兵複合戦術について。

 ・宮永さんのロードス島ヴェネツィア旅行話。

お話してみると、ゲームに求めるモノが結構共通していて、もしかしたらウォーゲームの遊び方も近いかもなあと思ったり。宮永氏とお別れした後は、一人で浅草かっぱ橋商店街へ。しかしあまりの暑さに耐えかね、さっさと帰宅した。 東京スカイツリー、ずいぶん出来てきたなあ。