Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

GMT「The Napoleonic Wars」

【回顧録:この記事は2015年10月に回想した記事である】

GMTのカードドリブン式ナポレオン戦争ゲーム「Napoleonic Wars」は、発売直後に購入した。この頃のGMTは、次から次へとカードドリブンゲームばかり出版していた記憶がある。

本作は一応、マルチプレイまで漕ぎ着けた。たしか3~4人で複数国を担当し、最後はスペインから攻め上がったウェリントンが、パリに追い込まれたナポレオンを討ち取ったような気もする。終盤はちゃんと国内戦役に持ち込まれるんだなと感心もした。

しかしデンマーク等の小国にも手番があり、それを消化するのが面倒だった。そのあたり端折ってくれれば、もう少し遊びやすくなったように思う。

これも「Barbarossa to Berlin」同様、手放してしまい、後に出た第2版にも触れてはいない。自分の場合、カードドリブンゲームはすぐ飽きてしまうようだ。