Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【The Library of Napoleonic Battles】OSG「Napoleon's Last Gamble」

f:id:crystal0207:20220725145414j:image

The Library of Napoleonic Battles(TLNB)シリーズ第6弾「Napoleon's Last Gamble」の新ボックス版もOSGから購入。テーマは言わずと知れた、ナポレオン最後の百日天下ワーテルロー決戦と、それに前後する諸会戦をまとめたもの。本作が2015年に発売されたのは、そのワーテルロー会戦(1815年)から200周年という意味合いだったのだろう。しかし2015年に発売された当時のボックスには、ウェリントン公とイギリス軍が描かれていたが、この新ボックス版では、ブリュッヒャー将軍とプロイセン軍に置き換えられている。なんなの、プロイセン推しなの?

また本作のベースになっているのは、1976年にSPIから発売され、1982年にはTSRから再版され、さらに1995年、2015年にDecision Gamesからも再版された「Napoleon's Last Battles」である。DG版は今でも入手可能なので、ある意味、ほぼ同じ作品が違う形で2つ、市場に並んでいることになる。

それだけ「Napoleon's Last Battles」はポピュラーかつ歴史の長い作品なのだが、個人的には、今まで一度も買ったことがないし、プレイしたこともない。「Napoleon at Leipzig」は4回も買ったくせに、なんなんだろうねこの差は。かつてシミュレイター誌23号(1989年発売)のナポレオニックゲーム特集号でも、ワーテルロー会戦ゲームのクロスレビューで、当時の識者たちが「Napoleon's Last Battles」をこぞって褒めていたが、それを読んでもピンと来なかったなあ。まあ、そんな歴史あるゲームタイトルを、今になって、最新版の衣装をまとった形で触れるというのも感慨深い。

f:id:crystal0207:20221127180137j:image

f:id:crystal0207:20220725145425j:image

主戦場は、フルマップ2枚に収められている。そもそもの「Napoleon's Last Battles」がSPIのクワドリ(ハーフマップ×4作)として発売されていたので、基本的な戦場範囲は「Napoleon's Last Gamble」になっても変わらない。

f:id:crystal0207:20220725145435j:image

こちらはフランス軍vsプロイセン軍の前哨戦が行われたリニー付近。

f:id:crystal0207:20220725145536j:image

こちらはフランス軍vsイギリス軍の前哨戦が行われたカトルブラ付近。より詳細な戦術級、バタイユ・シリーズでは両会戦とも単独タイトルとして発売されている。

f:id:crystal0207:20220725145445j:image

そしてこちらが、いわゆるワーテルロー会戦の主戦場。お馴染みのウーグモン城館、ラ・エイ・サンテ農場も見える。こちらの本戦をバタイユ・システムに落とし込んだのが、先日購入した「La Bataille de Mont Saint Jean   Deluxe 2nd Edition」。しかし何も、同じ月にワーテルローのゲームを2個買わなくてもいいのに……(^_^;)

f:id:crystal0207:20220725145551j:image

さらにワーテルロー戦から10日後のスフェル川での戦闘も、ハーフマップのゲームとして収録されている。シナリオは、リニー会戦、カトルブラ会戦、ワーテルロー会戦、さらにその後のワーブル会戦、スフェル川戦シナリオに加えて、リニーとカトルブラを合体させたミニキャンペーン、主戦場での3日間の戦闘を扱うキャンペーンゲームがある。

さらに言うと、この「Napoleon's Last Gamble」には、3つの追加エキスパンションが発売されているので、さらなる追加シナリオも用意されている。すでにそのエキスパンションも入手しているので、その紹介はまた別の記事にて。

f:id:crystal0207:20220725145600j:image

こちらはフランス軍ユニット。BGG(Board Game Geek)で「Napoleon's Last Battles」のカウンターと見比べてみたが、各旅団ユニットの戦力値などはだいぶ修整が加えられているし、目立つところではグルーシーの統率値が1に低下している(Napoleon's Last Battlesでは統率値2)。しかしワーテルロー戦役には参加しなかったダヴーのカウンターまであるけど、これどこで使うんだろう?

f:id:crystal0207:20220725145609j:image

こちらはプロイセン、イギリス、その他オランダやらハノーバーやらの対仏連合軍。ウェリントン公は「Napoleon's Last Battles」以来、変わらず統率値4(4個軍団を一斉に活性化できる)と、ナポレオン陛下を上回る評価。

f:id:crystal0207:20220725145618j:image

発売当時と同じ、2015年製の「Napoleon's Last Gamble」専用カードデッキ。

とまあ、本来のデザイナー、Kevin Zucker御大が自ら手を加えた、真の2015年版「Napoleon's Last Battles」がこの「Napoleon's Last Gamble」になるわけで、せっかく歴史ある有名タイトルなので、前哨戦のカトルブラ、リニー含めて、ワーテルロー戦役をプレイしておきたい。3つのエキスパンションについては、後日……

Napoleon's Last Gamble – Operational Studies Group

※ページの一番下にユニット配置表などのPDFデータあり。