Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

MMP「PanzerBlitz:Carentan」(Operations Special Issue #2)

f:id:crystal0207:20210217105530j:image

「PanzerBlitz:Hill of Death」を買ったついでに、同じく2009年に発売されていた「Operations Special Issue #2」がまだクロノノーツゲームさんに在庫があったので、こちらも購入。この付録は「Hill of Death」と同システムの「Carentan」だったので。もちろんこちらも、1944年のノルマンディ戦線、カレンタンの街を舞台とする、ヒストリカル戦術級モジュールになっている。 

f:id:crystal0207:20210217105538j:image

地図盤はハーフマップサイズ。シナリオは2本付いている。 

f:id:crystal0207:20210217105546j:image

「Hill of Death」ではイギリス軍・ドイツ軍のみが登場したが、こちらの「Carentan」ではアメリカ軍・ドイツ軍が登場。アメリカ軍ユニットは、M4シャーマン、M10駆逐戦車、M8グレイハウンド装輪車、歩兵、空挺歩兵とオーソドックスな構成だが、ドイツ軍ユニットは「Hill of Death」には入っていなかったIV号突撃砲、ヴィルベルウィンド対空戦車、Sdkfz234/2プーマ装輪車、Sdkfz250/8・7.5cm自走砲などが登場している。こういった追加ユニットやモジュールが継続して出ていれば、このシリーズももう少し注目されたかもしれないが……

f:id:crystal0207:20210217105553j:image

ちなみにこの号の付録には、かつて翔企画のSSシリーズ第1弾として発売された「ロンメルアフリカ軍団」の英語版「Bravery in the Sand」も付いている。デザイナーの鈴木銀一郎氏は、先月亡くなられ、あいにく自分の手元にはもう鈴木氏デザインのウォーゲームはひとつも無いのだが、これがあれば追悼プレイも出来るかもしれない。

そしてこの「Operations Special Issue」シリーズ、結局、発売から10年以上経って、1号から3号まで全部買い揃えてしまった。この2号も、よく見れば「GTS:The Devil's Cauldron」の追加キャンペーンシナリオが付いており、だったら当時買っておけよと思うのだが、ちょうどお金が無い時期だったり、逆にいろいろ手を出しすぎて注意力が散漫な時期でもあったからなあ。それでも、こうして無事に入手できたので、結果オーライということで。