Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Advanced Squad Leader】「Hakkaa Päälle !」

f:id:crystal0207:20180406154217j:image

発売された2015年から買おう買おうと思っていたASLのフィンランド軍モジュール「Hakkaa Päälle !」が、いつの間にかMMPで品切れになっていた。あわてて確認したが、クロノノーツは在庫切れ。しかし運良くi-OGMが在庫があったので、すぐに発注。多分、最後の1個。やれやれ、なんとか確保できて良かった。まあ、発売されてから三年も経てば品切れるのも無理はないか……

フィンランド軍ユニットは、ASLのドイツ軍+ソ連軍モジュール「Beyond Valor」にも歩兵と支援火器が収録されているが、本作では砲兵器や車両はもちろん、「BV」には入っていない一線級歩兵(5-4-8)、二線級歩兵(4-4-7)、徴集兵(3-4-7)も収録されている。ASLのフィンランド軍と言えば、指揮官がいなくても自己回復するという、ASLシステムの異端的存在だが、さすがに徴集兵には自己回復能力はなかった。

f:id:crystal0207:20180406154230j:image

フィンランド軍の車両は、ドイツ軍から貸与されたもの、ソ連軍から鹵獲したもの、さらにそれを魔改造したBT42など、ごった煮的な品揃えである。他にもソ連軍初期の車両や、氷上スノーモービル(アエロサン)、英米からのレンドリース車両も収録。ドイツ軍VI号ヤークトティーガーの訂正ユニットや、シュトルムティーガーの追加ユニットなどもあり。

シナリオは、17本。1939年の冬戦争から、1941年以降の継続戦争、さらに1944年のフィンランド降伏以後のラップランド戦争(vsドイツ)など様々。ただ個人的には「地図盤は緑だけど、一面、雪の銀世界だと思ってプレイする」冬季戦シナリオが苦手なので、プレイするなら夏場のシナリオかなと思っている。VASLを使えば冬季戦仕様の地図盤が表示できるのだが、うちのPCは、VASSAL/VASLが使えなくなってしまったので、実プレイに頼るしかない……

とりあえず3年前から懸案だった本作を入手したので、次はアメリカ軍モジュール「Yanks 2nd」と朝鮮戦争モジュール「Forgotten War」を確保しなければ。そしてなんとなく、スターリングラードヒストリカルモジュール「Red Factories」が欲しくなっているが、そこまで手を出すかは未定…… 

フィンランド軍入門 極北の戦場を制した叙事詩の勇者たち (ミリタリー選書 23)

フィンランド軍入門 極北の戦場を制した叙事詩の勇者たち (ミリタリー選書 23)