Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

Game Journal #25「謀略級三国志」AAR

f:id:crystal0207:20151009204209j:plain

ウォーゲーマーズと「レッドクリフ part.I」を観てきた。評判通りのリアル三国無双だったがそれは全然OK! 孔明vs周瑜のお琴バトルとか、張飛パーンチ!には笑ったが、いかにも「演義」な見せ方は面白かった。part.IIも期待。

さらに映画鑑賞の後は我が家に集まり「謀略級三国志」を遊んでみたり。今回も4人対戦だったが、自分は司馬懿を担当。魏の軍師になって、クーデターを虎視眈々と狙った。Karter氏は袁紹に、Mi-Boh氏は劉璋に、Waffle氏は孫策の軍師に就職。

んで着実に魏の領土を広げた後、長安・洛陽の都から軍勢を遠ざけ、空いていた新城にて晋勢力を立ち上げ、長安を奪取。さらに弘農・洛陽を奪って、勝利を決定するつもりだった。

しかしそうはさせじとWaffle氏が呉の軍勢を率いて許昌へ。軍師を失った曹操を倒して、こちらの勝利ポイントを削ってくる。ところがこの曹操除去によって、漁夫の利を得たのがMi-Boh氏。実は賈詡だったので、曹操除去により+2VPを得た上、 玉璽を握っていたため、さらに+1VPで一気に勝利となった。やはりクーデター勝利は、タイミングが難しい。

ちなみに田豊だったKarter氏も、建業さえ取れば勝利だったのに、水路伝いに攻め込んだら火計を使われ敗退。まさにレッドクリフ……。それにしても三国志漬けな1日であった。