読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

Command Magazine #78「天下強奪」

f:id:crystal0207:20090331115800j:plain

ぶらり神保町に行ってみたら、もうコマンドマガジンの78号が売っていた。今号の付録は「天下強奪」。フルマップに美濃~大坂までを収めた戦略/作戦級・関ヶ原ゲームである。デザイナーは平野茂さんで、同氏作「赤い夕日のナポレオン」は結構好き。にしてもコマンド続けて買うの、何年ぶりだろう。

さてユニットを眺めてみると、なにやら収録武将に違和感が。と云うのも、関ヶ原ゲーム常連の吉川広家安国寺恵瓊が見あたらず、史実的には割とどーでもいい山崎家盛とか谷衛友がユニット化されている。これはどういう事なの?と思ってルールを読んでみたら、基幹部隊となる徳川家康石田三成宇喜多秀家福島正則などの他は、 A/Bランクに二別され、裏返し&ランダムに配置されたうえ、敵ZOCに入った後の戦力確認フェイズで表向きとなり、正体が分かるそうで。

つまり両軍とも、序盤は自分が動かしてるユニットが誰だか分からんのだ。戦闘に突入したら、実は小早川秀秋だったので東軍へ寝返るとか、戦力4の黒田長政を期待したら、戦力1の山内一豊でガッカリとか、そんな感じ? デザイナーズノートを見ると「目指したのはアヴァロンヒル・クラシック」と書いてあった。史実の再現は目指さず、関ヶ原と云う史題で作られたウォーゲームのようだ。自分は「そういうゲームもありだなあ」とは思う。裏切りが主眼でなければ、吉川広家がオミットされたのもまあ納得。 あくまで戦力の不確定さと、機動の妙を楽しむゲームなのだろう。いずれにしろ、一度プレイしてみよう。 

コマンドマガジン Vol.78(ゲーム付)『天下強奪〜関ヶ原を越えて〜』

コマンドマガジン Vol.78(ゲーム付)『天下強奪〜関ヶ原を越えて〜』