Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

コマンドマガジン131号「モジャイスクの戦い」138号「ムツェンスクの戦い」

f:id:crystal0207:20210923093508j:image

駿河屋の中古コーナーにて、コマンドマガジン131号「モジャイスクの戦い」(2016年発売)と、138号「ムツェンスクの戦い」(2017年発売)の中古新品を購入。どちらもすでに品切れだが、定価とほぼほぼ同じ値段だった。この2つの付録ゲーム、元々はGMT「Roads to Moscow」(2013年発売)に2in1として収録されていた作品で、自分も元ゲームは持っていたのだが、カウンターすら切らないまま売却してしまった。いや、悪いゲームではなかったけれど、個人的に2013年というと、アナログゲーム全般に対するモチベーションが下がり始めた時期であり、あまり向き合うことも無く、手放してしまったと。その後、このコマンドマガジン版が出た2016~17年も、引き続きウォーゲームの断捨離を続けていた時期であり、一回手放したゲームはもう入手しなくていいやと見送ったが、なぜか今、このタイミングで見かけて欲しくなったので注文してしまった。まあ、元々、1ユニット=大隊~中隊級の戦術作戦級ゲームであり、自分の好みとしてもストライクゾーンなので、せっかく日本語版になっているなら、やはり手元に置いておこうかと。でも結局、またプレイしないような気もする……

f:id:crystal0207:20210923093515j:image

あらためて見てみると、やっぱり日本語版になっていると便利だなあと。

f:id:crystal0207:20210923093521j:image

そういや、本作のデザイナー、Vance von Borries氏の「バルバロッサ」シリーズがGMTから再販されるが、あれも未見なのよね。ついついOCS(Operational Combat Series)を優先して、あちらはスルーしてきたが、ちょっと触れてみたい気も……いやいや、これ以上、積みゲームを増やしてどうする……