Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】ロドリク・ブレースウェート「モスクワ攻防1941 戦時下の都市と住民」

「TSWW:Barbarossa」のルールを訳していたら、特別ルールとして「ドヴァトール将軍の騎兵コマンド」やら「OMSBON(Otdel'naya Motostelkovaya Brigada Osobogo Nannachenia=特殊作戦用独立自動車化旅団)」なる、知らないネタが多々あって、これなんか元ネタ本があるのかと思って探してみたらこれにぶち当たった。2008年に邦訳が出ていた、ロドリク・ブレースウェート(元イギリス諜報部員にして駐ソ大使)の「モスクワ攻防1941」。たしかに出版されているのは知っていたが、「戦時下の都市と住民」というサブタイトルから、ははーん、民衆史なんだろうなと思ってスルーしていた。しかしあらためて読んでみると、たしかに「下からの歴史」寄りだが、独ソ戦の、ソ連側の雰囲気が伝わる、なかなか面白い一冊だった。「TSWW:Barbarossa」はイギリス発のウォーゲームだし、本書もイギリスで出版されたので、内容的にも元ネタ本の一冊であるのは間違いないかと。 ということで「TSWW:Barbarossa」オーナーは是非是非。