Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【Advanced Squad Leader】「Singling Campaign」(Operations Special Issue #1)

f:id:crystal0207:20200422161524j:image

2008年夏に出版された「Operations Special Issue #1」を、海外オークションにて購入。今回も、お目当ては本誌ではなく、付録のASLヒストリカル・モジュール「Singling Campaign」が欲しかったので。この戦闘は、1944年12月6日(バルジの戦いが始まる10日前)、フランスのロレーヌ地方で行われた、アメリカ第3軍の攻勢の一環であり、アメリカ第4機甲師団エイブラムズ支隊(そう、あのM-1エイブラムズ戦車の元ネタの)による、Singlingという小村への攻撃を扱っている。対するドイツ軍は、第11装甲師団を投入しており、小部隊戦闘の戦例としては有名らしい。GMTの「Panzer」シリーズでも「Expansion #3 Drive to the Rhine」に、やはりこのSinglingのヒストリカル・マップが入っている。詳しい戦闘経緯は下記に。

Small Unit Actions: Singling 

ヒストリカル・モジュールと言っても、地図盤1枚のみ、専用ルールは3ページのみ、新規カウンターは無し、キャンペーンゲームの他にシナリオが2本入っているだけという、小振りなものになっている。

で、なんでまたそれを12年前に買わなかったかと言えば、当時(2008年夏)、自分の作家仕事が思わぬアクシデントで滞り、一時的にお金が入ってこない状況だったため、まあ仕方ないと思いつつスルーしたのだ。その後、海外オークションで探し求め、ようやく手頃な値段のモノを見つけたと。まったく、貧乏には困ったものだが、気長に探せばそのうち手に入るものだ。

f:id:crystal0207:20200422161533j:image

また、この雑誌には、スターリングラード戦を扱ったASLヒストリカル・モジュール「Valor of the Guards」の追加シナリオVotG18「In sight of the Volga」も付いているが、実はこれも欲しかったのだ。「Valor of the Guards」には、追加シナリオが10本存在するが、そのうちVotG19~VotG27までは「ASL Journal」に掲載されていたから、手元にあったものの、このVotG18だけが「Operations Special Issue #1」に入っていたため、そこだけ欠けた形に。まあ、これでようやくコンプリートと。 

ちなみにこのVotG18「In sight of the Volga」と同名のシナリオが「Beyond Valor」のシナリオ5にあるが、どちらも1942年9月14日、スターリングラードでの同じ戦闘を扱っている。シナリオ5は汎用マップを使い、VotG18は史実マップを使うという違い。

f:id:crystal0207:20200422161542j:image

また、本来この「Operations Special Issue #1」のメイン付録は、硫黄島での戦闘をエリアシステムで再現した「Rage Against the Marines」=ゲームジャーナル16号付録「激闘硫黄島」のMMP版である。他にも「GTS:Devil's Cauldron」「OCS:Korea」の訂正カウンターも入っており、そのあたりも持っているのに、経済的な理由で当時買えなかったことを思い出すと、なんとなーく切ない気持ちになる。あれから12年かあ……(遠い目)