Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【Company Scale System】「The Little Land : The Battle of Novorossiysk」The Little Land Solo-Play AAR

f:id:crystal0207:20191012151735j:plain

引き続き「CSS:The Little Land:The Battle of Novorossiysk」をソロプレイ。今回はシナリオ2、メインタイトルにもなっている「The Little Land」を試してみた。こちらのシナリオは、Novorossiysk近郊に上陸したソ連第305海軍歩兵大隊(Kunikov少佐指揮)の戦闘を扱っている。元々は、あくまで陽動上陸部隊だったはずが、主上陸部隊(前回プレイしたシナリオ1)が壊滅してしまった代わりに、こちらに増援部隊が送り込まれ、小さな上陸堡=The Little Landを巡る戦いが続いたという展開。

一応、Tsemesskaya湾の対岸には、上陸部隊を支援する沿岸砲兵部隊も展開している。この沿岸砲兵、なんと射程81ヘクス=40.5kmなのだが、装備砲は不明。ちなみにシナリオブックに記載されている沿岸砲兵の配置位置は間違っており、エラッタで訂正されている。 

CSS:The Little Land Errata 2019/10/10

f:id:crystal0207:20191012151440j:plain

ではソロプレイ開始。1943年2月3日夜間、Novorossiysk近郊に上陸したKunikov少佐の第305海軍歩兵大隊は、まず制圧状態から回復。唯一、Kunikov少佐と行動を共にしていたスタックだけが、防御の堅い、魚の缶詰工場(ヘクス2725)に進出した。しかし守る枢軸軍も、他のソ連軍部隊が防御の堅い都市ヘクスに入る前にと、ルーマニア軍騎兵中隊2個を派遣し、先に泥風呂施設(2628)などを確保。前進したKunikov少佐のスタックを、本隊から切り離す格好となった。 

f:id:crystal0207:20191012150247j:image

明けて第2(2月4日0700時)ターン。ソ連軍は早速、対岸の沿岸砲兵に間接砲撃を要請。ルーマニア騎兵部隊に猛砲撃を加え、早くも1個中隊が潰走(師団ディスプレイへ撤退)した。ちなみに潰走した場合、 司令部かその隣接ヘクスに復帰できるが、このシナリオの場合、両軍ともに司令部が無い。そのため潰走=事実上の除去となるが、そういう解釈で良いんだよな?後からエラッタで『ああ、本当は司令部もあります。表記忘れです』とか言わないよな? 

f:id:crystal0207:20191012150320j:image

第3(0900時)ターン。ソ連軍は、早くもルーマニア軍騎兵2個中隊を蹴散らし、Novorossiysk市内へ突入。しかし枢軸軍にも、増援のドイツ第73歩兵師団の3個中隊が到着し、市内に入った。ここからはもう、お決まりの市街戦と砲撃の応酬。 

f:id:crystal0207:20191012151517j:plain

結局、第7(1700時)ターンまで進めたが、両軍とも一歩も譲らぬ膠着状態となった。さらにこの後、第20ターンまで双方ともに増援が来ず、このユニットだけで戦う予定なので、うーん、あまり面白くないなあと感じて中止してしまった。まあ、一応メインタイトルではあるけれど、あくまで陽動作戦だしな……

また今回のソロプレイでは、ドイツ軍の沿岸砲兵(21cm砲と15cm砲)も、ソ連軍の前進を防ぐのに大活躍してくれた。ただ、これ便利すぎない?という印象も。CSSの先輩格GTS(Grand Tactical Series)では「間接砲撃は3ヘクス以内に行えない」という縛りがあったが、CSSではその制限が撤廃されているため、敵の懐に飛び込み、間接砲撃を阻むという戦術が成り立たなくなっている。上の写真にあるように、21cm野砲が、まるで迫撃砲のように1km(2ヘクス)先でも間接砲撃を当ててくるのが困ったもの。まあ、実際それが可能だったかもしれないし、デザイナーはバグを取ったつもりなのかもしれないが、個人的にはGTSの3ヘクス砲撃制限を適用したい。

GTSでは「間接砲撃は3ヘクス以内に行えない」の他にも、「砲撃要請が通るかダイスで判定する」「砲撃(10面体)ダイスで9が出たら、砲兵隊との連絡が切れ、もう一度要請判定を行う」という縛りがあったにも関わらず、「砲兵ゲーム」と呼ばれるほど間接砲撃の威力が大きかったと思う。ところがCSSでは、その3つの縛りをすべて撤廃しているので、GTSよりも砲兵支援が強力になっているはず。そのあたりは、昨年「CSS:Guam」をソロプレイした時にも感じたが、果たしてこの調整で良いのかどうか、自分の中では、まだ審議中である……