Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

GMT「Ardennes'44 3rd printing」

f:id:crystal0207:20190824165633j:image

GMTの「Ardennes'44  3rd printing」を購入。初版は、発売されたばかりの2003年に購入し、その手堅いスタンダードな作りから、自分の中で「連隊級ベストバルジ戦ゲーム」になっていた。その後、2012年に第2版が発売され、カウンターとヘクス径が拡大されたフルマップ2枚のゲームとなったが、まあ中身はたいして変わらないだろうとスルーしているうちに売り切れ。そして初版も処分してしまったが、それからさらに6年が過ぎた昨年2018年、第3版が出たので、買い直した格好である。しかし初版を買ったの、もう16年も前か!自分の中では、まだまだ新しい時代のゲームに感じるが……

しかし本作以後、もっとトガったゲームシステムの、大隊級バルジ戦ゲーム「GOSS:Wacht am Rhein」「BCS:Last Blitzkrieg」の方に好みが移ってしまったので、それらがあればバルジ戦ゲームは十分とも言えるが、連隊級で何か1個手元に置くとなれば、やはれこれだなと。ちなみに第3版を手に取ってみると、ボックスもカウンターシートも、一般ボードゲームのような堅牢な作りで、なんだか重厚な感じがする。GMTのゲームを買うのは、とても久しぶりだけれど、最近はみんなこうなのか? 

f:id:crystal0207:20190824165655j:image

ヘクスとカウンターが大きくなったのは、ありがたい。もちろんそれに合わせて、より広いプレイ空間が必要となるが、まあこの程度なら。

f:id:crystal0207:20190824165704j:image

あいにく第2版には触れていないが、変更点を見ると、第2版の時点でだいぶ弄られていたようだ。そこからさらに、第3版になって細かな修正が加えられているので、初版しかプレイしたことのない自分の経験や感想は、もうあまり役に立たないかもしれない。幸い、すでに日本語版ルールがアップされているので、いずれ第3版もプレイしてみないと。 

f:id:crystal0207:20190824165712j:image

このBlogにアップされた初版のプレイ写真を見ると、たしかに数値が変わっているユニットが多々ある。

f:id:crystal0207:20190824165800j:image

今年は、バルジ戦75周年(1944年⇨2019年)なので、年末には一度プレイしたいかなと。シナリオも、初版に比べると増えたが、まずは最初の6ターンシナリオから。