Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Advanced Squad Leader】「ASL Journal #12」「ASL Action Pack #12 #13」「Winter Offensive Bonus Pack #7 #8」「Best of Friends」

f:id:crystal0207:20181205160340j:image

毎年恒例MMP秋のセールで、例年通り、ASLの小物類をまとめ買い。まずは2017年発売の「ASL Journal #12」。一応、最新号。記事としては「VBMフリーズ(車両による歩兵拘束)への対抗策」「AP119 Konev Cross(1945年ベルリン戦シナリオ)作戦研究」「朝鮮戦争における韓国海兵隊の歴史」「単一ヘクスの歩兵と機関銃を、どのように射撃グループ化するか」「AP71 Head in the Noose(1944年フランス戦)作戦研究」等々。それにしても、あらためて思うのは、シナリオ分析から、メタゲーム研究、史実の紹介と、ひとつのゲームシステムでこれだけ様々な記事が書けるのも、ASLというゲームの豊かさの現れだなあと。シナリオは12本収録+「Yanks」収録の「181 Gavin Take」シナリオカードの訂正版があり。 

f:id:crystal0207:20181205160353j:image

「Action Pack #12」(2015年発売)「#13」(2017年発売)も購入。「#12」は、地図盤73とシナリオ10本。「#13」は、地図盤78、79とシナリオ11本。「ASL Journal #12」に研究記事が載っているAP119シナリオは「#12」に収録。「#13」収録の「AP123 Busting in Balta」は、昔なつかしい「Cross of Iron」収録のシナリオ13「The Capture of Balta」のリメイクか。 

f:id:crystal0207:20181205160405j:image

さらに「Winter Offensive Bonus Pack #7」(2016年発売)「#8」(2017年発売)も購入。「#7」は、地図盤74、75とシナリオ3本。「#8」は、地図盤76とシナリオ3本。さらにスウェーデンのASLトーナメント Friendly Fireから厳選されたシナリオ集「Best of Friends」(2013年発売)も購入。

これにて、ここ数年、後回しにしていたASL小物商品もほぼ網羅。これからは、せめて「Journal」だけは発売直後に買わねばと思ったり……