Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【Advanced Squad Leader】「Yanks 2nd Edition」

f:id:crystal0207:20181002171320j:image

前々から買おうと思っていた、ASLアメリカ軍モジュール「Yanks」2版(2016年発売)をようやく購入。初版「Yanks」(1987年発売)以来、約30年ぶりのリニューアルだ。我が家の「Yanks」初版も、発売当初に買ったので、だいぶカウンターが古びているし、これでやっと現行MMP製品らしい、印刷のきれいなカウンターで遊べる。しかし疑問なのは、なぜこのアメリカ軍モジュールは、30年近くも再版されなかったのだろう?たとえば他のイギリス軍セットなどは、2回再版されていたのに。それとも、よっぽど初版を多く生産して、ASLerの間には十分出回っていたのだろうか? 

f:id:crystal0207:20181002171331j:image

地図盤は、16、17、18、19、24、40、41、46の8枚収録。地図盤24が入っているあたり、アメリカ軍空挺部隊ミニモジュール「Paratrooper」の再版でもあり。 

f:id:crystal0207:20181002171341j:image

カウンターシートは、6枚。ヨーロッパ戦線でのアメリカ軍カウンターが網羅されている(太平洋戦線のアメリカ軍カウンターは「Rising Sun」収録)。またボート、グライダーなどの汎用カウンターもあり。旧版カウンターとの入れ替え作業は、時間がかかりそうだ…… 

f:id:crystal0207:20181002171350j:image

シナリオは41本収録。多いな!そのうち16本は、旧版「Yanks」と「Paratrooper」に収録されていたシナリオの改訂版。それ以外は、GENERAL誌やASL Annual誌、Action Packなどに収録されていたシナリオの、これまた改訂版。ちなみにASL初心者にうってつけの入門シナリオASL181「Gavin Take」(旧T1シナリオ)は、エラッタがあるため、MMPサイトで正しいシナリオカードが公開されている。

ASL181 Gavin Take Corrected Version

ということで、前々から懸案だった本作も入手してひと安心。まあ、ASLはそれだけでひとつのジャンルと呼べるほど製品も多く、すべて買おうとすると泥沼にハマるが、やはりコアモジュールぐらいは、揃えておかないと。いったん入手しそびれると、次の再版がいつになるのか不明なのも恐ろしい……。