Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Company Scale System】「Montelimar : The Anvil of Fate」Opening Blows : The Faint Solo-Play AAR

f:id:crystal0207:20180624140806j:image

CSS:Montelimar」のシナリオ1「Opening Blows:The Faint」(マップ1枚のみ、4ターン)をソロプレイしてみた。このシナリオ1は、ドイツ第11装甲師団による反撃を扱っているが、登場するのは師団の捜索大隊と空軍高射砲大隊が1個ずつのみである。師団の主隊(と言ってもそちらも装甲擲弾兵1個大隊だが)は、この東隣の地図盤で攻勢をかけており、そちらを扱うのがシナリオ2「Opening Blows:Strike to the East」(マップ1枚のみ)だ。シナリオ1と2を合わせたものがシナリオ3「Opening Blows:11th Panzer Attacks !」(マップ2枚)であり、反攻全体が俯瞰できるようになっている。

このシナリオ1に登場する捜索大隊+空軍大隊は、あくまで陽動(Faint)であり、アメリカ軍Butler任務部隊のユニットを除去するか、300高地(ヘクス1843)を奪うことで勝利条件が得られる。ただし各ターンにイベントチットが引かれた時、東隣にいる師団主隊の状況に変化が生じると、その得点が変わったり、あるいはMontelimarの防備で得点が得られるようになっている。また主隊の状況如何では、両軍に増援が(アメリカ軍の場合、ドイツ軍主隊の反攻を蹴散らして、東隣の地図盤から)登場するので、システム修得向けのシナリオ1にしては、なかなか趣向の凝らされたものになっている。 

f:id:crystal0207:20180624140915j:image

で、とりあえずプレイ開始。まずは先手を取ったアメリカ軍のM8偵察装甲車が、前のめりに前進。同じく前進してきたドイツ軍と四つに組み合ったが、なんと第1ターンのイベントチットで、早くも『東側でドイツ軍主隊の攻撃が成功、こちらの陽動部隊は後退し、Montelimar市を確保するに留まれ』という状況に変更。しかしドイツ軍も、市内に立て籠もるだけではたいした勝利得点は稼げないので、そのまま米軍装甲車隊を攻撃し、このうち1個中隊を撃破。一方のアメリカ軍も、高地に居座っていても得点が得られないため、陣地を放棄してMontelimar市に接近するも、ドイツ軍の連続チット攻勢に撃ちまくられ、2個歩兵中隊を失い、敗北した……

しかしどうもドイツ軍が有利過ぎる。アメリカ軍には、Butler任務部隊チットしかないが、ドイツ軍は、捜索大隊、空軍大隊、第11装甲師団チットを投入していたため、活性化チット的には1:3となってしまう。もしかして、こちらは陽動部隊なのだから師団チットを使ってはいけないのでは?と思い、公式サイトにあるシナリオ1のリプレイを読んでみると、やはり師団チットは投入していない(購入するだけの派兵ポイントはあるのに)。さらに増援部隊の箇所を良く見ると『ドイツ軍増援が登場したら、第11装甲師団チットは購入可能』と書いてあった! これはシナリオの書き方にも問題があって、「最初にカップに入れるチット」は書いてあるのに、「このシナリオで使って良いチット一覧」は書いていないのだ(この二つが異なるのは、GTS/CSSプレイヤー諸氏ならお分かりのはず)。やれやれ、このソロプレイは間違いじゃないかということで、早速、もう一度最初からやり直すことに。

https://s3.us-east-2.amazonaws.com/compassgamesbucket/downloads/AAR-Scenario_1-Montelimar.pdf 

f:id:crystal0207:20180624170446j:image

2回目は、公式リプレイと同様に、ドイツ軍捜索大隊は東寄りの道を、空軍大隊は西寄りの道を北上。やはりアメリカ軍偵察装甲車隊とぶつかった。公式リプレイでのアメリカ軍は、陣地部隊と協調するために後退しているが、今回のソロプレイでは、あえて陣地から離れたまま、抵抗線を維持した。アメリカ軍には、砲兵が2個中隊あり、その支援があれば、ドイツ軍の前進を阻めるのでは?と思ったからである。ドイツ軍にも迫撃砲中隊が2個あるが、対装甲火力は頼りない。 

f:id:crystal0207:20180624170500j:image

第2(1100)ターンには、アメリカ軍の間接砲撃とM8装甲車の射撃で、早くも空軍中隊が1個除去。第3(1300)ターンには、捜索大隊も空軍大隊もM8装甲車に白兵戦を仕掛けたが、わずかな混乱を与えただけで終わっている。最終(1500)ターンには、アメリカ軍の砲撃が先制し、捜索大隊の歩兵中隊を2個とも除去し、ドイツ軍の敗北となった。イベントで状況変化は無かったので、そのまま素でプレイすれば、こういう形になるのだろう。

最初はルールを間違えたが、ルール修得向けのシナリオ1としては、良く出来ているし、浮動的な状況も面白い。増援が出てくれば、展開ももっと派手になるだろう。とは言え、あくまで反攻作戦の陽動部分なので、本筋としてはシナリオ3か。シナリオ3にしても、マップ2枚とは言え、1日(8ターン)のみ、ユニット数もそこそこなので、遊びやすそうだ。とりあえず、次はシナリオ2を味見しつつ、シナリオ3を目指そうと思う。