Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【Advanced Squad Leader】AP52「Into Vienna Woods」Solo-Play AAR

f:id:crystal0207:20171020115351j:plain

久しぶりにASL(Advanced Squad Leader)にも触れようと思い、2010年5月以来7年ぶりにソロプレイを開始。あれこれシナリオを眺めるうち、なんとなく「ASL Action Pack 5」収録の「AP52 Into Vienna Woods」を選んでみた。設定としては1945年4月17日、オーストリア、ウィーン近郊の高地に陣取ったソ連軍第39親衛ライフル軍団の支隊に対し、ドイツ軍第12SS装甲師団のHauschild戦闘団が攻撃を仕掛け、高地の奪取を狙うもの。使用するのは地図盤58の半分のみ。全6ターン。第3ターン裏には、SU-85駆逐戦車、SU-76M自走砲各1輌を含むソ連軍の増援が到着する。The ASL Scenario Archive に登録された本シナリオの対戦記録を見ると、ドイツ軍14勝、ソ連軍13勝、ROARでもドイツ軍55勝、ソ連軍47勝となっていて、まずまずバランスも良さそうだ。

ドイツ軍が、3レベル高地すべてを支配すれば勝利するが、その3レベル高地にはあらかじめソ連軍の塹壕が据えられている。ただ今回ソ連軍は、その3レベル高地塹壕を最終陣地とし、その手前の斜面に個人壕を配置し、前哨陣地とした。

本来は隠匿ルールもあるのだが、ソロプレイなので割愛。

f:id:crystal0207:20171020144559j:plain

まず第1ターン。ドイツ軍主力(SS6-5-8✕7個分隊)は、高地前面に展開し、ソ連軍前哨陣地を攻撃。9-1指揮官とパンツァーシュレックを持った支隊(SS6-5-8✕4個分隊)は、高地の背面に回り込み、第3ターンの増援を待ち構える算段だった。 

f:id:crystal0207:20171020150625j:plain

第2ターン。ドイツ軍は、ソ連軍前哨の個人壕2つを奪い、3つ目の個人壕には白兵戦を仕掛け、混戦中。パンツァーシュレックを抱えた一隊も側面に回り込んだ。 

f:id:crystal0207:20171020154319j:plain

第3ターン表。ドイツ軍は、勝利条件であるヘクスU4、V4を同時に奪おうと、先鋒を半個分隊✕2に分けて前進させたが、このうち1半個分隊が混乱。それでも残る1半個分隊がヘクスV4に突入し、ソ連軍陣地を分断した。一方、側面に回った支隊は、援護のつもりでパンツァーシュレックを歩兵火器としてソ連軍陣地に発射したものの、最初の一発でDR12が出てしまい、貴重な対戦車火器が(ソ連軍戦車が登場する前に)壊れて除去されてしまった……。この時点で、ソ連軍の初期配置戦力(5.5個分隊)は、半数以上除去されていたが、なんとか増援が来る第3ターンまで粘った形だ。

f:id:crystal0207:20171020165250j:plain

そして第3ターン裏。ソ連軍待望の増援(エリート4-5-8✕10個分隊)が到着。増援部隊は早速、すでにスカスカになっていた3レベル高地塹壕に入るべく、斜面を駆け上がった。途中、ドイツ軍の臨機射撃で2個分隊が除去されるも、凶暴兵(バーサーク)化した分隊が、ドイツ軍半個分隊が立て籠もるヘクスV4の3レベル高地塹壕に突入。これと混戦に入った。またSU-85駆逐戦車は、ドイツ軍支隊に致命的命中(DR2)を与えて、1個分隊を吹き飛ばし、9-1指揮官も混乱、潰走させた。 

f:id:crystal0207:20171020170955j:plain

第4ターン。このあたりから塹壕内が忙しくなってきたので、塹壕マーカーは下に配置して中身を見ながらプレイしている(本来は塹壕の上下におくことで、塹壕の外にいるか中にいるかを表す)。ドイツ軍は、Y5の3レベル高地塹壕にも突入したが、すでに高地中央はソ連軍増援部隊によって守りが固められている。ソ連軍の射撃も厳しくなり、さしものSS部隊も混乱・潰走するユニットが頻出した。 

f:id:crystal0207:20171020175045j:plain

第5ターン。ソ連軍は、ヘクスV4での混戦を制し、これを奪回。ソ連軍右翼は、SU-76M自走砲の支援もあって、そのまま後退するドイツ軍を追って前進した。ドイツ軍右翼は、SU-85に射すくめられ、潰走⇨回復⇨前進⇨撃たれてまた潰走、を繰り返している。 

f:id:crystal0207:20171020181233j:plain

第6ターン。もはやこの最終ターンだけで、ドイツ軍が3レベル高地すべてを奪うのは無理、とは思ったが、とりあえず第6ターン表だけでもプレイすることにした。そんな諦めムードの中、何気なく高地中央ヘクスW5に放ったドイツ軍の射撃が、ソ連軍最高レベルの9-1指揮官を除去し、2個分隊を混乱に。こういう場面があるからASLは最後まで分からないよなあ……とは言うものの、あいにくそのW5を奪いに行ける分隊がいない。ドイツ軍は最後に、やるだけやってみるかとヘクスX3、X4に突撃を仕掛けたが、どちらも混戦でヘクスは奪えず。ソ連軍勝利でソロプレイを終えた。

まあ、7年ぶりのソロプレイなので、部隊の動かし方がどーのこーのという段階以前に、かなりルールを忘れていた。ああ、そういやそんなルールあったなあの連続だったので、あくまでASLリハビリみたいなものだ。しばらくは数を重ねてソロプレイし、ルールと実戦感覚を取り戻そうかと思う。  

f:id:crystal0207:20171020183802j:plain

ちなみに今回、両軍のDR(ダイスロール、2d6の出目)をすべて記録してみた。よくASLのプレイ後に『今日はダイス運が悪かったよ~』『いやそんなことないだろ、あそこでDR2を出したじゃないか』とか何とかダイス目のせいにする場合が多々あるので、実際どれくらいの出目に分布していたのか、調べてみようと。ちなみに今回のソロプレイでは、ドイツ軍がDR平均値7.19。最良のDR2は一度も出なかったのに、最悪のDR12は3回出ている。一方のソ連軍は、DR平均値6.47。DR2も2回出し、その1回で凶暴兵が出現し、もう1回はSU-85の致命的命中だ。平均値はソ連軍の方が良いし、ここぞという場面でDR2を出したのもソ連軍だったので、今日のダイス運はソ連軍の方が良かったかなと。今回使ったDR集計シートは、Dropboxに上げておくので、ご興味のある方はご自由にお使いください。