Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】「城取りの軍事学 築城者の視点から考える戦国の城」

「戦国の軍隊」の著者、西股総生氏の新刊「城取りの軍事学」を購入。まず城とはなんぞや?というカテゴライズの問題から始まり、ドイツ軍の駆逐戦車、突撃砲をも引き合いに出しつつ、戦国期の城について、根本から問い直す一冊になっている。城の縄張りから各大名家の戦術ドクトリンを紐解く等、戦史ファンとしては、たまらない考察が満載。いや面白い。

ちなみに2018年には、角川から文庫化されている。 

「城取り」の軍事学 (角川ソフィア文庫)