Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

GMT 「Normandy'44」 AAR

f:id:crystal0207:20140227175935j:plain

「Normandy'44」を再び3人で対戦した。いつもなら自分がドイツ軍を受け持つのだが、たまには違った立場も試したいと云うことでイギリス軍を担当した。アメリカ軍はkarter氏、ドイツ軍はMi-boh氏といずれも初担当である。

序盤、いきなりアメリカ第82空挺師団が5ステップロスという損害を被るも、連合軍の上陸侵攻は順調に推移し、内陸部へ。ドイツ軍は早々と艦砲射撃範囲から退いて、薄い戦線を構築した。イギリス軍は、カーン西方から突破を図ったが、増援で駆けつけた ドイツ第12SS装甲師団、装甲教導師団に阻まれ、進撃停止。それでもバイユーを落とし、海岸拠点を補給切れで潰し、増援部隊を第6空挺師団と合流させ、カブール奪取を狙った。

一方アメリカ軍は、要衝カランタンを2方向から攻撃。しかし立て籠もる降下猟兵が「断固たる防御」に成功し、これを死守。それでも第5、第6ターン連続の晴天によって得た航空支援をつぎ込み、遂にカランタンから籠城部隊を叩き出した。同じ頃イギリス軍も、航空支援・砲兵を総動員してカブールを占拠。アメリカ軍が第82空挺師団の降下ヘクスをひとつ奪われていたが、 これにて14VPを達成し、サドンデス勝利となった。

あらためて写真で見ると、オマハ海岸から揚がった米軍もサン・ローまであと2ヘクスに迫っていた。もっとも今回の対戦では、ドイツ軍に有利な嵐が一度も無く、連合軍がここぞというターンで晴天が続いたので、ある意味仕方なし。 いずれまた立場を入れ替えて再戦してみるつもりである。