Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】ペトリ・サルヤネン「白い死神」

白い死神

白い死神

 

1939年の冬戦争で活躍したフィンランド軍・伝説の狙撃手、シモ・ヘイヘの評伝「白い死神」を購入(実際には、シモ・ハユハという発音が近いとの注釈あり)。著者は、フィンランドの歴史作家?ペトリ・サルヤネン氏で、シモ・ヘイヘ本人へのインタビューを為して、本書を執筆したとのこと。評伝とは言っても、あくまで戦場での戦いぶりに焦点が当てられているため、冬戦争に従軍した狙撃手の戦記、としてシンプルに読める。なにせ冬戦争の本自体、日本語で読めるモノは少ないし。それにしても顎を撃たれた後のシモ・ヘイヘの顔は、なんとも痛々しい……

ちなみに2013年には文庫化もされている。早いなあ。 

白い死神 (アルファポリス文庫)

白い死神 (アルファポリス文庫)