Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Battles for Age of Reason】「Kolin」AAR

f:id:crystal0207:20111126181600j:plain

昨日は、上京されたサッポロ辺境伯氏をお迎えしてのゲーム会。幹事Dublin氏からBAR(Battles for Age of Reason)シリーズ、 7年戦争1757年コリン会戦のミニシナリオをインストしていただいた。自分はオーストリア軍騎兵を任され、yagi氏率いるプロイセン軍騎兵と対決。精鋭プロイセン騎兵は、序盤からぐいぐいと攻め寄せ、早くもオーストリア騎兵ユニット2個が突撃をくらって降伏したものの、返す刀の反撃が運良く成功し、プロイセン騎兵2個を除去。降伏したオーストリア騎兵も取り返し、優勢となった。

ここまでやればもう十分と思い、観戦していたさかみち氏に指揮権を委譲。ところがさかみち氏は、重・軽騎兵の連携突撃に失敗し、24戦力プロイセン騎兵めがけて2戦力軽騎兵だけが単独突撃して自爆死…… さらに3個騎兵による連携突撃に成功して圧勝かと思われたのに、対するyagiさんの出目に負けてまさかの敗退…… このBARシステム、堅実と思われる戦力比や戦闘修整を立てても、ダイス目によってアクシデント的な展開になるようだ。単位毎に活性化させるため、バタイユ・シリーズより時間はかかるが、手番の奪い合いや、緻密な部隊機動を楽しめるような気がした。