Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】アントニー・ビーヴァー「ノルマンディー上陸作戦 1944 (上下)」

ノルマンディー上陸作戦1944(上)

ノルマンディー上陸作戦1944(上)

 
ノルマンディー上陸作戦1944(下)

ノルマンディー上陸作戦1944(下)

 

新宿で「ノルマンディー上陸作戦 1944(上下)」を購入。数年前に原著を見かけてからずっと、翻訳が出るのを待っていた、待望の翻訳。上下巻6000円は、財布にキビシかったが、実際に店頭で分厚い本書をめくったら、このボリュームなら安いかもと感じた。

邦題は「上陸作戦」ながらも、内容はコタンタン半島の制圧、突破から、ファレーズ包囲戦を経てパリ解放に至るまで、ノルマンディー半島での戦闘全体を包括している。D-DAYの準備段階、空挺作戦、各ビーチでの戦闘は勿論、上陸後の諸作戦(エプソム、グッドウッド、コブラ、トータライズ等)についても、丁寧に一章ずつ割いて、戦闘経緯を記している。

まあ、今ではパウル・カレルも悪名高くなってしまい、長らくノルマンディ戦の定番だった「彼らは来た」の内容も怪しくなっているので、この本書が、ノルマンディ戦記の新・定番になるのではないだろうか。もちろん、ノルマンディ戦ウォーゲームの参考書としても活用できそうだ。