読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Bataille Series】CoA「La Bataille de la Moscowa」

f:id:crystal0207:20140227171311j:plain

バタイユ初心者会の興奮も醒めやらぬ本日、新作「La Bataille de la Moscowa」が到着した。 今回は初めてプレオーダーで購入。送料込み約13000円。テーマは勿論、来年200周年を迎えるボロジノ会戦(1812年)で、マーシャル版、GDW版に続くバタイユ・モスクワになる。

ただし単なる再版ではなく、地図盤(フルマップ4枚)も一新。驚いたのはバタイユ基本ルールが入っておらず、代わりに最近発表された簡略ルール(通称マリー・ルイーズ・ルール)が入っていたこと。この簡略ルールについてはプレイ経験が無いため何とも言えないが、できれば以前の版と遊び比べてみたい。

※ルール和訳 クロノノーツゲーム http://www.chrononautsgames.com/archives/coa/mos.lzh

シナリオは「Schevardino」「La Bataille de la Moscowa」 「The Bagration Fle'ches」「The Great Redoubt」「Utitsa」に加え、仮想シナリオ「Barclay in Command」を含めて6本。

f:id:crystal0207:20140227171334j:plain

そしてバタイユと言えば、やはり美麗なユニットである。金銀色まで駆使したその見映えは、美しすぎるあまり見惚れるほどだ。このユニットだけで1200個近くあり、さらにマーカー類が700個、カウンター総数は約2000個にもなる。もっとも旧来のシリーズ作では、部隊編成表がモノクロだったため、ユニット色が見分けられず、配置にもの凄く時間がかかっていたが、本作では編成表もフルカラー化され、並べる手間が軽減されている。

フルマップ4枚広げて遊ぶのは難儀だが、南西マップだけを用いる「Schevardino」シナリオぐらいプレイしたいと思っている。

f:id:crystal0207:20140227171440j:plain