読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

Wargame Japan #09「東国争乱」AAR

WGJ09 東国争乱

f:id:crystal0207:20110404204300j:plain

ウォーゲーム日本史9号「東国争乱」を対戦。変則的だが3人で5カ国を分担した。Mi-Boh氏が武田・今川、Karter氏が上杉・北条、自分が織田を担当。さんざん「織田はヒドいよゾンビだよ」とおどかしたせいか、開始早々武田・今川連合軍が一気に東海地方へ攻め込んできた。さすがの織田も戦国初期では米が少ないため兵力が増せず、今川が参加しているため1コマ配置も不可。今川はここぞとばかりに尾張へ攻め込み、織田滅亡。仕方なく自分はランダムに担当大名を変更し、今川を担当した。

今度は、三方を敵に囲まれた武田がピンチとなり、下総を平定した北条が甲斐東に攻め込みこれを奪取。以後の数ターン、甲斐を巡る武田・北条の争いが続いた。タイムリミットがあったので第11ターン終了と決めると、北条が甲斐東へ、上杉が信濃東へ、今川が美濃東へと、武田の領土に三方から襲いかかってゲームエンド。一応、米俵的には今川がトップ。しかしやはり本作は5人前提ゲームだし、織田も最初にぶっ潰すべきだと思う。中期以降は危険すぎる……