Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Wargaming Column】「ゲーム猿のUstreamで生放送」を観る

「Game Ape on USTREAM」

Togetter「ゲーム猿のUstreamで生放送・第一回」(6月25日)

Togetter「ゲーム猿のUstreamで生放送・第二回」(7月7日)

「A Home of Game Ape」の中の人こと、たかさわ氏がUstreamを使ってウォーゲームおしゃべりを生中継してくれた。突発的っぽく始まった第一回はともかく、事前に告知された第二回では視聴者さんも増え、Twitterを介したツッコみもでき、自分も楽しませていただいた。第一回では「A Home of Game Ape」の更新作業が中継され、たかさわ氏が、どんな基準で記事を取捨選択しているかが丸分かり。そこで「SF・アニメゲームは載せないけど嫌いではないです」とか「ああ、やっぱりそうだったのか」と納得する部分が多かった。

第二回は「A Home of Game Ape」で2010年前半にブックマークされたウォーゲーム・タイトル、ベスト30を肴にあれこれ語る回で「広く浅い人気のゲーム」と「狭く深い人気のゲーム」を比してみたり、ランキングの向こう側にあるゲーム人気の本質を探る回でもあった。自分は、たかさわさんの語り口の中でも「Aかもしれない、Bかもしれない、Cな人もいるかもしれない、もしかしてDだったらどうしよう、でもEだとしても……」のように 無数の仮定を投げかけておいて、最終的な結論を出さず、また唯一の結論を押しつけないと云うスタイルがすごく好きだ。勿論たかさわ氏ご自身は「結論」をお持ちなのかもしれないが、それを押し出さない奥ゆかしさ、押しつけないジェントルさが今回のUstream生放送にもにじみ出ていたように感じた。たかさわ氏の仮定を聞いて「自分はAかなBかな」と考えるのも楽しく、また次回があれば、思考のキャッチボールを受け止めてみたい。