読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

「Red Dragon Rising」AAR

CMJ092 Red Dragon Rising

f:id:crystal0207:20100425150300j:plain

昨日はYossy氏宅にて「レッドラ」を対戦してきた。自分が中国軍、Yossy氏が米軍を担当して都合3戦。結果から書くと、またも中国の3連勝に終わった。一、二戦目は早期に台湾が脱落して中国軍VPが一気に増え、第二次朝鮮戦争に勝利、米空母1隻撃沈という感じでエンド。三戦目は、Yossy氏も勝ち筋が見えたらしく、 序盤の連続行動を生かして米英日台の連合艦隊スタックを組み、中国主力艦隊に決戦を挑んで、これをほぼ殲滅した。しかし中国軍は艦隊を失いつつも第二次朝鮮戦争に勝利し、逆上陸してきた米英軍を空爆で撃退し、韓半島を維持。さらに中国軍は台湾へ上陸し、こちらも空爆で全滅しかけるも、またしても台湾脱落イベントによってこれを占領。動揺したのか日本も脱落し、連合艦隊スタックが薄くなったのを機に、損傷した米空母めがけてロシア艦隊が襲いかかり、これを撃沈して勝利。

前日から含めると中国軍の6連勝なので、もしやバリアント入れすぎてバランス崩したかと思ったが、実は最新兵器にアップデートしてもゲームの大勢に影響は少なく、やはりイベントの影響力が大きすぎた(そしてイベントが起こりすぎた)と云う結論に。まあ米軍側も、早期に強力な艦隊スタックを組み、中国艦隊を(相討ち上等で)撃滅してしまえば、中国軍に増援は無く、一方の米軍は続々と増援を投入できるので、数的優位に立てるけど、それでも負ける時は負けるのがこのゲームの怖いところだろうか。