Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】「日本の軍事革命」

日本の軍事革命

日本の軍事革命

 

前々から読もうと思っていた「日本の軍事革命」を購入。「軍事史学」「城郭史研究」掲載の論文+新稿で組み立てられ、日本人の筆で「長篠合戦の世界史」をより深く再検証したような戦国軍事史書である。

ざっと章タイトルを列挙すると「日本の槍戦術の推移と特徴」「銃兵の訓練と常備兵化」「近世初期までの日本での大砲使用」「鉄砲による山城の弱体化と城郭立地の変遷」「鉄砲の普及による野戦の決定力の上昇と大名勢力圏の拡大の促進」「兵農分離の進展とその要因」「近世初期の日本の兵站・輜重隊の整備とその限界」「近世城郭築城に関わる作業量の増大と大名財政」「大名における軍事要員雇用態様の変化と財政」といった内容で、日本は勿論、ヨーロッパでの戦例も多々、比較引用されている。

いずれの章も戦国時代の合戦ディティールを詳解していて、読んでるうちに戦国ウォーゲームが作りたくなったり。例えば「Campaign of Napoleon」「GCACW」の戦国版とか、「Musket & Pike」「GBACW」「バタイユ・シリーズ」の戦国版とか。最近は戦国再検証本もいろいろ出ているので、それらを読み比べ、様々な戦国合戦イメージを膨らませるのも楽しいかなと。