読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

Game Journal #31「文禄・朝鮮の役」AAR

f:id:crystal0207:20090822162701j:plain

昨日は、Mi-Boh氏と「文禄・朝鮮の役」を初対戦。自分は朝鮮軍を担当し、国王様を逃がして漢城を明け渡すも、義兵をわらわら湧かせて、日本軍の補給路を断つことに成功。日本軍は、義兵討伐用に待機していた毛利隊が動けず、補給切れのまま黒田・島津隊で平壌に突撃してきた。激戦の末、日本軍が勝利したものの、すぐさま李如松が駆けつけ、黒田・島津隊は戦わずして平壌から撤退。途中からKarter氏が指揮した加藤清正隊も思わぬ損害を被り、小西、宗の和平工作も1ターンしか進まず、第10ターンで終了とした。ちょっと経験の差が出てしまったかもしれないが、今回は練習プレイという事で感触はつかめたんじゃないかなと。

ゲームジャーナル31号 文禄朝鮮の役

ゲームジャーナル31号 文禄朝鮮の役