Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【戦国群雄伝】「越登賀三州志」

f:id:crystal0207:20140227200113j:plain

冬コミ初日に行けず、同人ゲームは買えなかったが、なんと一番欲しかったモノをAMI氏が代理購入して送ってくださいました。AMIさん、本当にありがとうございます。送っていただいたのは、戦国群雄伝・北陸エキスパンション「越登賀三州志」である。収録シナリオは下記6本。

・シナリオ1「越能併得」1577年、上杉謙信vs織田信長

・シナリオ2「織田も手取川」上記シナリオの手取川合戦バージョン

・シナリオ3「後手からの一撃」1578年、御館の乱に乗じた織田軍北陸侵攻戦

・シナリオ4「さらさら越え」1584年、前田利家vs佐々成政

・シナリオ5「関白出陣」1585年、羽柴秀吉vs佐々成政

・シナリオ6「飛騨攻略」1585年、金森長近vs三木自綱

是非遊んでみたいのは、やはり謙信最後の戦いであるシナリオ1だが、信長は出てこず、柴田勝家と反目した秀吉の帰国判定もあるので謙信一向一揆が一方的に暴れまわるのかも。シナリオ3は大河ドラマ天地人」にも繋がる戦いなので興味あり。シナリオ4は「一夢庵風流記花の慶次」でもお馴染みの末森城戦。慶次ユニットが無いのは仕方ないかと(奥村助右衛門は222)。

本作も有名無名の武将ユニットがずらりと並んでいるが、丹羽氏・金森氏の家臣はほとんど知らず、佐々氏家臣も井口太郎左衛門(丹波哲郎利家とまつ)ぐらいしか覚えがない。また羽柴氏を譜代・外様に分ける等の工夫もあり、よりヒストリカルな方向への修正も為されている。そのうちユニットを作って遊べるようにしておこう。