Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Conflict of Heroes】「Awakening the Bear !」AAR

f:id:crystal0207:20151009200658j:plain

日曜日の続き。「KV2街道上の怪物」に続き、シナリオ3「ペトロフ将軍」も対戦した。戦傷を負ったソ連軍のペトロフ将軍をドイツ軍が確保に向かうシチュエーションで、ペトロフ将軍(SMGユニット)以外のソ連軍はすべて隠匿配置され、盤外砲の支援もあり。ドイツ軍を担当した自分は、盤外砲を避けるため、342高地の陰に迫撃砲を隠し、歩兵と機関銃ユニットも散開させつつ、ペトロフ将軍の村へ前進した。

やがて村に至る丘陵地帯にソ連軍が現れ、先行した歩兵ユニットが除去。一発当たったソ連軍の122ミリ盤外砲は、運良くノーダメージで済んだものの、ドイツ軍の迫撃砲も効果無く、将軍を守り抜いたソ連軍の勝利となった。

将軍が生き残ればソ連軍が6VPを受け取れるし、将軍を捕らえればドイツ軍が6VPを、除去しても4VPをもらえるので、結局このシナリオは将軍を殺るか殺られるかなんだなと理解。

2戦目は、陣営を入れ替えて自分がソ連軍を担当した。ソ連軍歩兵は、同一ヘクスに進入したドイツ軍歩兵を近接戦闘で屠り、高地上に陣取った機関銃、50ミリ迫撃砲でドイツ軍の前進を鈍らせたうえ、盤外砲撃を2回当てて、ドイツ軍ユニットを4個除去した。対するドイツ軍は、ペトロフ将軍に迫撃砲の猛射を浴びせ何とか1ヒット。これはまずいと最終ターン「使用済み」で迫撃砲1個を黙らせるも、唯一生き残ったドイツ軍歩兵がペトロフ将軍を射程内に捉え、ダイス目9以上なら将軍を除去できたはずが、出目は惜しくも8!2戦目も将軍が生き残り、ソ連軍勝利となった。

結果この日は、4時間で4対戦もしたが、さほど疲れもせず、一戦一戦、思考ゲームを楽しみ、ドラマを感じる事もできた。このゲーム、慣れてくるとチャート類を一切見なくても遊べるし、待ち時間が少ないのも良い。所謂「I Go,You Go」リズム。シナリオもうまくプレイバランスが取られていて、 ツボさえ分かれば、最後まで勝敗を争えると思う。