読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Great Battles of History】「Ran」 長久手合戦 Solo-Play AAR

f:id:crystal0207:20140225145805j:plain

・「RAN」エラッタとルールの明確化

・長久手マップの修正パッチ

上記2点、Consimworldの「RAN」フォーラムに出ていた。早速、修正パッチを印刷し、ついでに長久手合戦シナリオを試してみる事に。今回は、徳川家康織田信雄軍(薄紫ユニット)vs豊臣方諸将(緑ユニット)の対決である。これに先立つ小牧合戦で敗れた池田恒興森長可が、 汚名をそそぐべく、家康の本拠地・三河への奇襲作戦を敢行。 しかし奇襲を察知した徳川軍が、逆に豊臣方を撃滅した戦いである。ちなみにユニット表記は池田信輝だが実際には池田恒興である。池田之助も池田元助のはず。

f:id:crystal0207:20140225145820j:plain

とりあえず先手、豊臣方の池田輝政隊、元助隊から前進。 徳川軍・井伊直政隊に猛射を浴びせ、早くも優勢な展開となった。これに対して徳川軍は、後備の信雄隊を救援に向かわせたが、仏ヶ根の森は入り組んでいて、なかなか前進できず。そうこうするうち、混乱が重なり井伊隊が敗走……どうも展開に違和感が。

しかし池田輝政隊・元助隊ともに、井伊隊との戦闘で射撃ユニットを失っており、接近する織田信雄隊を迎撃できず、今度は撃たれるがままとなった。信雄隊は兵力も多く、池田両隊を圧倒し、遂に敗走に追い込んだ。この時点で、徳川軍の勝利が決定……って何か違う。徳川が勝つのはともかく、織田信雄が活躍してどうする。信雄は仏ヶ根から動かさず、家康隊で勝利を決めるべきであった。

シナリオとしては特別ルールもまったく無く、 ユニットも少ないので遊びやすいものの、イマイチな展開になってしまった。小競り合いで終わった感……まあ、こんな時もある。

f:id:crystal0207:20140225145833j:plain