読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

Game Journal「信長最大の危機」Solo-Play AAR

f:id:crystal0207:20151010210450j:plain

昨日は、久しぶりに「信長最大の危機」をソロプレイ。まず織田軍が手番を連取し、無事に金ヶ崎から撤退。しかし畿内では本願寺&雑賀軍が怒濤の進撃を開始する。序盤にして、茨木・信貴山大和郡山城が次々陥落。守将佐久間信盛松永久秀筒井順慶が討ち死にし、あっと言う間に京の南は門徒衆に席巻された。

この間に信長は、徳川家康を呼び寄せ、佐和山-観音寺で浅井・朝倉連合軍と対峙。しかし織田チットが出ぬまま2ターンがすっ飛び、その間に京が三好・本願寺・雑賀によって包囲された。信長はなんとか浅井・朝倉軍を合戦で撃破したものの、二人の総大将を討ち漏らす始末。それでは追撃と思う間もなく、武田信玄が上洛開始。風林火山の旗印が、ガラ空きの徳川領を通過していく。

信長は、本城との連絡を断たれた徳川軍と共に岐阜へ。しかし足の遅くなった家康連れでは思うように動けない。その隙に本願寺・雑賀軍が京へ侵攻。守備兵力では織田軍優位だったが、雑賀孫一に先手を取られ続け、明智光秀荒木村重が敗走し、遂に京の都を明け渡すハメに陥った。おかげで織田軍必殺の手持ちカード「鉄砲の集中使用」が使えず、逆に反織田方へとカードが流れ込む。

そして直後のターン、最初のチットで武田軍が起動。清洲の織田・徳川軍に攻めかかった信玄が先手を取って勝利。信長は敗走中に討ち死にし、ゲームエンドとなった。ここまで12ターン。上杉どころか毛利の出番も来ず……。