読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Tactical Combat Series】MMP「Bloody Ridge」

f:id:crystal0207:20090331103202j:plain

Tactical Combat Seriesの新作「Bloody Ridge」が到着。1942年9月11日~14日にかけての ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場南に位置する血染めの丘(日本名ムカデ高地)での戦闘が主眼である。福岡歩兵第124連隊を基幹とする所謂川口支隊がアメリカ海兵隊陣地めがけて夜襲斬り込みを企図するも、闇夜のジャングルで部隊はバラバラに。それでもかろうじて敵陣に到達した日本軍は、アメリカ軍指揮官エドソン中佐をして「奴らにはガッツがある」と言わしめ、海兵師団司令部まで迫る猛攻を見せた一戦だ。しかしあてにしていた米軍食料が奪えず、 以降の日本軍が「餓島」に苦しんだのも悲しい事実。太平洋戦線モノは、やはり気が重くなる。

TCSとしては珍しくハーフマップの小品であり、車輌ルールも無いことから入門編として遊べそうだ。特別ルールとして日本軍はバンザイ突撃を強いられ、アメリカ軍は士気チェックを無視するため成るようにしか成らない展開かもしれない。それでもユニットは日米各80ユニット未満なのでボリューム的には遊びやすいか。早速試してみよう。

ガダルカナル (文春文庫 (115‐10))
 
太平洋戦争 日本の敗因〈2〉ガダルカナル 学ばざる軍隊 (角川文庫)

太平洋戦争 日本の敗因〈2〉ガダルカナル 学ばざる軍隊 (角川文庫)