読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

GMT「Rise of The Roman Repubric」

GMT AW Rise of Roman Repubric

f:id:crystal0207:20090331112900j:plain

【回顧録:この記事は2015年10月に回想した記事である】

GMT「Rise of Roman Repubric」は、2003年発売当時に購入した。古代戦役級ゲームもいろいろあるが、ヘクス式に好印象を抱いた覚えがある。当時すぐには翻訳ルールが出なかったため、基本ルールと図表類だけ自前で翻訳もした。移動距離が長くなればなるほど部隊の損耗が激しくなる、というのはCampaign of Napoleon的だなと思ったりもした。ただ特別ルールを訳そうかと思ったものの、その分量の多さ、共和制ローマの職制などを含む歴史用語の多さに辟易し、手が止まってしまった。

2005年にはシリーズ第2作「Carthage」が発売され、さらに数年後にはネット上で基本ルール訳も公開された。ようやくプレイする環境も整ったが、どうもそこまでに時間がかかりすぎたのか、モチベーションも落ち、今ではもう手放してしまった。シリーズ第3作としてペロポネソス戦争編が予告されていたが、いまだに発売されず、シリーズとしても終わった感があるのが残念だ。