読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

HJ/サンセットゲームズ「太平洋艦隊」

HJ SG 太平洋艦隊

【回顧録:この記事は2015年10月に回想した記事である】

ホビージャパン太平洋艦隊」がサンセットゲームズから再版された時は、やはりプレオーダーを入れて購入したと思う。しかし本作もサンセット版を遊ばずに手放してしまった。元々自分はあまり太平洋戦争の戦略級ゲームに惹かれないし、自宅会でも太平洋戦争の戦略級モノは人気薄なのだ。

とは言え、ホビージャパン版は何度かプレイした。高校のクラスメイトが本作を買い、その対戦につき合って、なかなか面白いなあと思い、自分でも購入したのだ。ホビージャパン版のユニットには艦名が書いていなかったが、わざわざ自分でボールペンで書き込み、雰囲気を高めていた。たしかKarter氏とも対戦した気がするし、その時はターン進行表にずらずらと並べられた増援のアメリカ軍空母ユニットを見て「まるで月刊航空母艦だな」と言い合った覚えがある。そんな思い出があったからこそサンセット版も買ったのだが、やはり出番はなかった。

本作はデザイナー氏の「所詮、日本軍は勝てない」というコンセプトが論議を呼んだが、個人的にはそれはそれでありだと思っていた。