Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【Campaigns of Napoleon】OSG「Napoleon at Bay」

f:id:crystal0207:20140321181807j:plain

OSG「Napoleon at Bay」を購入。本作は言わずと知れたナポレオン戦争戦役級ゲームの有名タイトルである。ゲームスケールは、1ターン=2日、1ヘクス=3.2km、1戦力=1000人。1814年フランス国内に攻め込んできた対仏連合軍を、ナポレオンが巧緻な内線作戦で翻弄すると云う展開をCampaigns of Napoleonシステムで表現している。AH版が出版されたのは1983年だが、あいにく当時はまだナポレオン戦争への興味も薄く、日本語ルールも無かったため、購入しなかった(しかし和訳の付いていた「Struggle of Nations」は当時買っている)。

しかしやはり高名なこの作品に触れたいと云うことで、OSG版を入手した次第である。ちなみにたまたま在庫のあった「Deluxe Edition」が送られてきたが、ただ単にボックスの題字が金色なのと、ルールブックにデザイナー、ケヴィン・ザッカーのサインが入っているだけの代物である。特段、ノーマル版と変わりはないはずだ。

Campaigns of Napoleonシステムでは、基本的に盤上を動くのは指揮官であり、指揮下の部隊は編成トラック上で管理される。移動には戦力の消耗が伴い、各戦闘部隊 の現有戦力もトラック上で示す。盤上にある指揮官は、ダミーカウンターを用いて正体を隠し、どこにいるか判らぬよう行動する。

この隠匿システムのためにソロプレイには向かず、一人で練習することも難しい。一応自分も、何度か確認作業的なソロプレイしてみたが、やはり隠匿前提ですべてのシステムが組まれているので、あまり練習にはならなかった。結局、自宅での対戦機会も無いまま、手放してしまった。