Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの日記

【参考文献】毛沢東「遊撃戦論」

遊撃戦論 (中公文庫)

遊撃戦論 (中公文庫)

 

文庫化された、毛沢東の「遊撃戦論」を購入。後半の「文芸講話」はともかく、前半の「対日遊撃戦争の戦略問題」は、ウォーゲーマー的にも、なかなか興味深かった。遊撃戦争=ゲリラ戦とは言っても、やはりそこには大きな指針となる戦略があるわけで、その戦略目標(中国国内の日本軍を撃滅する)を達成するための、大きな補助的手段がゲリラ戦だったと。

このテーマを扱ったウォーゲームは手元には無いが、たとえば現代を舞台とした「A Distant Plain」のようなCOIN(対ゲリラ戦・治安戦)作品をプレイする際には、非常に役立つと思う。ゲリラ戦を仕掛けるにしろ、仕掛けられるにしろ……