読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Tactical Combat Series】THe Gamers「A Frozen Hell」

f:id:crystal0207:20140318214336j:plain

【回顧録:この記事は2014年3月に回想した記事である】

Tactical Combat Series第12作「A Frozen Hell」は、2001年1月25日に購入した。たしか発売と同時に注文して手に入れた覚えがある。そして本作が、自分が初めて買ったTCS作品である。TCSについては、自分がウォーゲームに復帰した1999年から触れてみたいと思っていたが、先にOperation Combat Seriesの購入を優先してしまったため、参入するのが随分遅れてしまった感はある。

本作のテーマは、1939年12月8日~12日フィンランド冬戦争におけるトルヴァヤルヴィの戦闘である。フルマップ2枚は一面森に覆われ、結氷した湖沼群が寒々しい雰囲気を醸し出している。ただし2枚のマップはややずらして連結しなければならないので、広いテーブルでも乗り切らない可能性もある。

f:id:crystal0207:20140318214353j:plain

最初に買ったTCS作品と云うことで、自分は本作でTCSに入門した。11本あるシナリオのうち、マップ1枚の一部を使うシナリオばかり遊んでシステムに慣れていった。特に「Head on Collision」「Hotel Hell」あたりは何度も遊んだと思う。遮蔽物の無い凍った湖を前に、どうやって接敵すればいいか悩み、TCSの地形を読む楽しみを知ったと思う。しばらくプレイはしていないが、シナリオは面白いものが多かったので、また挑戦してみたいタイトルではある。