Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

MMP OCS Case Blue

【Operational Combat Series】「Case Blue」Khar'kov 1942:The Failed Offensive AAR Part.2

OCS第2次ハリコフ戦、後半戦。第4ターン表は、枢軸軍が先攻を選択。ハリコフ危うしと見た枢軸軍は、南部からドイツ第3装甲師団を引き抜き、市内へ急派した。ソ連軍の足を止めるべく、阻止砲撃も実施したが、運悪く効果無し。 南部のソ連軍突出部は抑え込…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Khar'kov 1942:The Failed Offensive AAR Part.1

さてソロプレイ開始。第1ターン、先攻ソ連軍は、派手な事前砲撃(補給ポイント消費無し)を行った後、ハリコフの南で突破口を啓開し、予備モードだった第21戦車軍団でドイツ第8軍団司令部を攻撃。あいにく第8軍団司令部は取り逃がしたものの、ドイツ軍の補…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Khar'kov 1942:The Failed Offensive Set-Up

先日、MMPの秋季セールにて「OCS:Beyond the Rhine」をようやく注文。今年発売された「OCS:Sicily II」へのお誘いもあり、そろそろOCSに復帰すべく、ソロプレイをすることにした。 復帰ソロプレイに選んだのは、OCSスターターガイド(Reluctant Enemies収録)…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Summer 1942 EATG Solo-Play AAR

「Case Blue」の青作戦2枚マップシナリオ「Summer 1942 EATG」ソロプレイ開始。 第1ターン。先攻ドイツ軍は、6SP+増援プールから3SPを積んだトラックを獲得(増援プールには常に3SPを積んだトラックがあるものとして解釈。ハリコフに備蓄した補給を運んでい…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Summer 1942 EATG Scenario Set-Up

OCS - Case Blue Support - Scenario OCS史上最大規模を誇るビッグゲーム「Case Blue(CB)」には、マップ1~2枚でプレイできるシナリオが少ない。まして「Guderian's Blitzkrieg II(GB II)」との連結キャンペーン(フルマップ10枚以上)なぞ、我が家の六畳敷…

【Operational Combat Series】「Case Blue」 Khar'kov 1942:The Failed Offensive AAR

「Case Blue」のミニシナリオ2、 第二次ハリコフ戦をソロプレイしてみた。こちらはユニット数も多く、標準的なOCSの規模に近い。もっとも増援部隊はほとんど無く、再建も無し。各ターン補給固定なので、その分の手間は軽減されている。第1ターンのソ連軍砲撃…

【Operational Combat Series】「Case Blue」 Edge of the World Solo-Play AAR

「Case Blue」全カウンター、切断完了。 早速、ミニシナリオ1「Edge of the World(世界の果て)」をソロプレイしてみた。テーマは1942年8~10月、ドイツ軍のコーカサス・グロズヌイ油田攻略戦。 写真は、自作ターンレコード。全25ターンで登場する増援はこれ…

【Operational Combat Series】「Case Blue」

Operational Combat Series(OCS)第10作「Case Blue」を購入。自分のウォーゲーマー史上において間違いなく最高値のゲーム購入である。しかし2003年発売予定が、延びたものだ。 内容は、タイトル通り「青作戦」…… つまり1942年ドイツ軍夏期攻勢だが、スターリ…