Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

GMT Borodino 1812

「Triumph & Glory:Borodino」 200th Anniversary AAR

「Triumph & Glory:Borodino」を対戦した。今回自分はフランス軍左翼、ネイの第III軍団、ウージューヌの第IV軍団などを担当。karter氏がフランス軍右翼、Mi-boh氏がロシア軍を受け持っている。フランス軍としては、とにかく前進して殴るだけである。 第1ター…

「Triumph & Glory:Borodino」AAR

「Triumph & Glory:Borodino」を対戦した。自分は珍しくフランス軍左翼を任され、ダヴー第I軍団の一部とウジェーヌ第IV軍団、ネイ第III軍団を指揮する事に。当然ながら攻撃目標は大堡塁だが、特別な作戦は無し。とにかくロシア軍の一斉砲撃に屈せず、いかな…

GMT「Triumph & Glory:Borodino」 Solo-Play AAR

「Triumph & Glory:Borodino」を再びソロプレイ。今回は一斉砲撃マーカーを早期投入してみた。その分、命令が行き届かない軍団には個別命令チェックを期待するしかない。ロシア軍に対して機動で優位に立てれば何とかなると。もっともチット引きと接敵チェッ…

GMT「Triumph & Glory:Borodino」AAR

「Triumph & Glory:Borodino」をソロプレイしてみた。とりあえず2ターンほど進めてみたが、すでにジュノー第IX軍団がボロジノを占領。大堡塁正面にはネイ第III軍団が取り付き、ロシア軍右翼を圧迫している。ダヴー第I軍団は、チットが遅れたため、バグラチオ…

【Triumph & Glory】GMT「Borodino:1812」

【回顧録:この記事は2014年3月に回想した記事である】 GMTのナポレオン戦争戦術級ゲーム「Triumph & Glory」シリーズ第二弾「Borodino」を買ったのは2004年10月26日だった。本作も発売後すぐ買ったように思う。なにしろ前作「Triumph & Glory」は仲間内での…