Wargaming Esoterica

After Action Reports & Reviews of Simulation War Games ほぼ引退したウォーゲーマーの置き土産

【Grand Tactical Series】「Operation Mercury」 Descent into Hell Solo-Play AAR

「GTS:Operation Mercury」のシナリオ5「Descent into Hell」をソロプレイしてみた。こちらもMalemeマップ1枚のみ使用のシナリオだが、最終的には4個師団が登場するため師団ディスプレイ4枚を広げる必要があり、ルール的にも砲兵集結地が導入されるため…

【Grand Tactical Series】「Operation Mercury」A Heraklion Effort Solo-Play AAR

シナリオ1「SNAFU」に続き、シナリオ3「A Heraklion Effort」をソロプレイしてみた。こちらも空挺侵攻初日1941年5月20日の1700ターンからスタートだが、シナリオ終了は22日夜間ターンと、やや期間が長い。ドイツ軍第7航空師団第1降下猟兵連隊(と第2連隊…

【Grand Tactical Series】「Operation Mercury」SNAFU (Rethymnon Historical Airdrops) Solo-Play AAR

「GTS:Operation Mercury」のシナリオ1「SNAFU(Rethymnonへの史実降下)」をソロプレイしてみた。お題は、1941年5月20日、ドイツ軍空挺侵攻第一波である第7航空師団第2降下猟兵連隊が、Rethymnon港と飛行場の奪取を図るというもの。5月20日1500ターン開始…

【Grand Tactical Series】「Operation Mercury」Storming the Kastelli Solo-Play AAR

「GTS:Operation Mercury」のルールを訳したので、早速ソロプレイ開始。まずは練習用シナリオ「Storming the Kastelli」から。A4マップ1枚、双方10ユニット以下、全5ターンというミニシナリオである。状況としては、クレタ島に空輸されたドイツ第5山岳師…

【Grand Tactical Series】「Operation Mercury:The Invasion of Crete」

プレオーダーしていたMMP社の新作、GTS(Grand Tactical Series)第5作「Operation Mercury」が到着。お題は1941年5月の、ドイツ軍によるクレタ島侵攻作戦=メルクール作戦である。 これまでGTSのメインデザイナーはAdam Starkweatherが務めてきたが、どうや…

【Operational Combat Series】「Sicily II」Campaign AAR part.3

今日は秋葉原イエサブにてFORGER氏主催の「OCS:Sicily II」キャンペーン会、第三回。第6(7月28日)ターンからの再開である。自分の担当は、引き続きシチリア島東部の枢軸軍。前回の終わりに「戦線の破断界も近いような気がする」と書いたが、まさに今回はその…

【Battalion Combat Series】「Baptism by Fire」Between a Rock and a Hard Place Solo-Play AAR

「Baptism by Fire」の「Between a Rock and a Hard Place」シナリオをソロプレイしてみた。先日プレイした「Operation Spring Wind」シナリオは、戦役序盤を扱っていたが、このシナリオは枢軸軍がKasserineを落とした後、戦略目標をTebessaかLa Kefに決定し…

【1979 China Vietnam War / Company Tactics System】「The Battle of South Caobang 高平南之戦」軽取広淵 Solo-Play AAR

「The Battle of South Caobang 高平南之戦」を早速ソロプレイ開始。まずはシナリオ1「納隆保衛戦」を配置したが、山岳地帯の小道(機械化移動が不可)を、どうやって中国軍司令部(機械化移動ユニット)が前進すればいいか分からず、いったん撤収。多分、正解…

【1979 China Vietnam War / Company Tactics System】「The Battle of South Caobang 高平南之戦」

5/14(日)の東京ゲームマーケット2017にて、中国のウォーゲーム・メーカー、Kuro Neko Design Workshopの中越戦争シリーズ「The Battle of South Caobang 高平南之戦」(日本語ルール付属)を購入。 本作は、1979年2月に始まった中越戦争を戦術作戦級スケール(1…

Kuro Neko Design Workshop 「Red Dragon Storm 赤龍風暴」

5/14(日)の東京ゲームマーケット2017にて、中国のウォーゲーム・メーカー、Kuro Neko Design Workshopの「Red Dragon Storm 赤龍暴風」(日本語ルール付属)を購入。本作は、1979年2月から始まった中越戦争(中国vsベトナム)全般を再現したゲームである。この中…

【Battalion Combat Series】「Baptism by Fire」Operation Spring Wind AAR

昨日は、久しぶりに自宅会。Karter氏と「Baptism by Fire」の「Operation Spring Wind」シナリオを対戦した。Karter氏は枢軸軍、自分は連合軍を担当。 第1ターン、枢軸軍の4個カンプフグルッペは、いずれも第2活性化ができず、緩慢な前進。その間にアメリ…

【Battalion Combat Series】「Baptism by Fire」Operation Spring Wind Solo-Play AAR

「Baptism by Fire」の序盤4ターン(2月14日~2月17日)を扱う「Operation Spring Wind」シナリオをソロプレイしてみた。盤上に配置されたアメリカ第1機甲師団CCA・CCC戦闘団に対し、ドイツ軍第10・第21装甲師団が攻撃をかけるという設定である。4ターン終…

【Battalion Combat Series】「Baptism by Fire」

MMP社に直接プレオーダーしていた、BCS(Battalion Combat Series)第2弾「Baptism by Fire(業火の洗礼)」が到着。お題は、1943年2月14日~23日(1ターン=1日)までの北アフリカ・チュニジアにおけるドイツ軍の反撃「春風作戦」から始まる、いわゆるカセリー…

【Operational Combat Series】「Sicily II」Campaign AAR part.2

今日は秋葉原イエサブにてFORGER氏主催の「OCS:Sicily II」キャンペーン会、第二回に参加してきた。前回、第2(7月14日)ターンまで進めたユニットを再配置し、第3(7月18日)ターンから再スタート。自分の担当は、前回と同じくシチリア島東部の枢軸軍である。…

【Operational Combat Series】「Beyond the Rhine」 A Time for Trumpets AAR

「OCS:Beyond the Rhine」のバルジ戦シナリオ「A Time for Trumpets」第1(12月15日)ターンは、地表状態:雪、上空:飛行不可という天候でスタート。先攻ドイツ軍は、9SPを獲得し、装甲教導師団、第1SS、第12SS装甲師団を斬り込み役に攻撃開始。後方に控え…

【Operational Combat Series】「Beyond the Rhine」 A Time for Trumpets Set-Up

「OCS:Beyond the Rhine」のバルジ戦シナリオ「A Time for Trumpets」をセットアップした。本シナリオは、1944年12月15日ターン~1945年1月12日ターンまでの全9ターンを用いてバルジ戦の時期を扱うが、対象範囲は一般的なバルジ戦ゲームよりかなり広く、ド…

【Operational Combat Series】「Beyond the Rhine」Nordwind AAR

今日は秋葉原イエローサブマリンにて、FORGER氏主催の「OCS:Beyond the Rhine」に参戦。シナリオは、1945年1月1日に始まったドイツ軍最後の攻勢「Nordwind(ノルトウィンド=北風)」である。今回はFORGER氏が連合軍を担当、自分はノルトウィンド作戦の主攻勢…

【Battalion Combat Series】BCS Rules v1.1 First Impression part.3

WWII大隊作戦級BCSルールv1.1の第一印象・その3。OCS先輩は「13:1で攻撃したはずなのに、逆奇襲をくらった結果3:1になってしまった」という振れ幅の大きい戦闘システムだったが、BCSにそのような戦闘の変動はない。むしろBCSは、第2活性化に成功し、1ター…

【Battalion Combat Series】BCS Rules v1.1 First Impression part.2

MMP/The Gamersの新WWII大隊作戦級シリーズ、BCS(Battalion Combat Series)ルールv1.1の第一印象・その2。今回はユニットの能力値(特に攻撃能力)を中心に、戦闘ルール周辺を眺めてみたい。 まずユニット右側に記された数値は、移動力(MA)。赤い移動力は戦術…

【Battalion Combat Series】BCS Rules v1.1 First Impression part.1

そろそろ発売予定のBCS(Battalion Combat Series)第2弾「Baptism by Fire:The Battle of Kasserine」(業火の洗礼:1943年2月カセリーヌ峠での戦闘)をMMP社に直接プレオーダーした。昨年、シリーズ第1弾の「Last Blitzkrieg」(こちらは1944年12月のバルジ戦…

【Operational Combat Series】「Operational Matters / Sicily II」

昨年発売された「OCS(Operational Combat Series)」専門の特別冊子「Operational Matters(作戦課題集)」を購入した。「ASL Journal」のOCS版といったところか。付録ゲームは、以前から遊ばせていただいている「Sicily II」。やはりキャンペーンプレイも始ま…

【Operational Combat Series】「Sicily II」Campaign AAR part.1

2017年初ウォーゲーム。今日は秋葉原イエサブにて、FORGER氏主催の「Sicily II」キャンペーンプレイ第1回に参加してきた。本日は第2ターンまでプレイしたが、カウンターの位置・状態をすべて記録し、次回また同じ状態で、第3ターンから続きをやっていこう…

【Wargaming Column】コレクションを整理する:2017冬

年末年始にかけて、所有ウォーゲームをかなり処分した。所有しているゲームは、BGG(Board Game Geek)でリスト化しているが、今回の整理で所有タイトルは130になった。BGGに登録されていない日本の同人ゲーム(ツクダ「戦国群雄伝」のエキスパンション等)も持…

【Wargaming Column】ゆく年くる年2016

2016年の購入ウォーゲームは、「GTS:The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」と「OCS:Beyond the Rhine」の2個のみ。2016年にプレイしたのも、このGTSとOCS、そして戦国群雄伝の3シリーズのみだった。昨年末の記事でも、2016年の自分を『引き続…

【Operational Combat Series】「Sicily II」Landing AAR

昨日は、秋葉原イエサブにてFORGER氏主催の「OCS:Sicily II」勉強会に参加。キャンペーン序盤の上陸プロセス(1.5ターンのみ)を遊んでみた。なにしろ長年OCSは遊んでいても、上陸作戦はあまりやったことがない。そのうえOCSでは、海上輸送と揚陸のルールがか…

【Operational Combat Series】「Beyond the Rhine」

昨年発売されたOCS(Operational Combat Series)第14作「Beyond the Rhine」をMMP社の秋季セールにて購入した。本体74ドル+送料67.15ドル。事前にプレオーダーもしていたが、昨年は経済的にバタバタしていたので、いったんキャンセル。しかし一年経って安く…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Khar'kov 1942:The Failed Offensive AAR Part.2

OCS第2次ハリコフ戦、後半戦。第4ターン表は、枢軸軍が先攻を選択。ハリコフ危うしと見た枢軸軍は、南部からドイツ第3装甲師団を引き抜き、市内へ急派した。ソ連軍の足を止めるべく、阻止砲撃も実施したが、運悪く効果無し。 南部のソ連軍突出部は抑え込…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Khar'kov 1942:The Failed Offensive AAR Part.1

さてソロプレイ開始。第1ターン、先攻ソ連軍は、派手な事前砲撃(補給ポイント消費無し)を行った後、ハリコフの南で突破口を啓開し、予備モードだった第21戦車軍団でドイツ第8軍団司令部を攻撃。あいにく第8軍団司令部は取り逃がしたものの、ドイツ軍の補…

【Operational Combat Series】「Case Blue」Khar'kov 1942:The Failed Offensive Set-Up

先日、MMPの秋季セールにて「OCS:Beyond the Rhine」をようやく注文。今年発売された「OCS:Sicily II」へのお誘いもあり、そろそろOCSに復帰すべく、ソロプレイをすることにした。 復帰ソロプレイに選んだのは、OCSスターターガイド(Reluctant Enemies収録)…

【Operational Combat Series】「Sicily II」Primasole Bridge AAR

昨日は「Western Sicily」シナリオに続き、「OCS:Sicly II」のイギリス軍シナリオとも言うべき「Primasole Bridge」シナリオを対戦した。今回は自分が攻撃側、連合軍を担当。連合軍は2ターン以内に、アウグスタ、シラクサを占領するのが勝利条件である。チ…

【Operational Combat Series】「Sicily II」Western Sicily AAR

今日は、秋葉原イエサブにてN村氏とOCS最新作「Sicily II」を初対戦。旧版は所持しているもの「II」はまだ入手しておらず、N村氏所蔵のモノで味見とあいなった。旧版は、OCS非標準スケールかつフルマップ2枚だったが、「II」はフルマップ1枚に収まっており…

【戦国群雄伝】「関八州古戦録」箱根の坂 (小田原征伐) Solo-Play AAR

さてセットアップ編に続いてソロプレイ編。まず第1(3月第2週)ターン。先手・北条方は、各地の城に籠城しつつも、総大将・北条氏直隊1万6千だけは、小田原城を出て足柄城に布陣。徳川隊約3万との野戦に及んだ(双方山地ヘクスにいたので総大将同士の合戦…

【戦国群雄伝】「関八州古戦録」箱根の坂 (小田原征伐) Solo-Play Set-Up

大河ドラマ「真田丸」もいよいよ小田原征伐。ということで、ツクダ戦国群雄伝シリーズ「関東制圧」の同人エキスパンション「関八州古戦録」収録の小田原征伐シナリオ「箱根の坂」を初めてソロプレイすることにした。ゲーム期間は、天正十八年(1590)3月第2…

【Wargaming Column】あれから35年:三つ子の魂百まで。

10年前の記事の続き。今日でウォーゲーマー歴35年になった。と言っても「あれから25年」記事を書いた2006年当時と比較すると、ウォーゲームに対するモチベーションもずいぶん下がった。コレクションは半分以上、処分したし、月イチで開催していた自宅会もと…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」On to Bayeux AAR

昨日は、Karter氏と3ヶ月ぶりの自宅会。自分もソロプレイ含めてウォーゲームをプレイするのは2ヶ月ぶりだった。とりあえずカンを取り戻すために「GTS:The Greatest Day:Sword, Juno, and Gold Beaches」の「On ti Bayeux」シナリオを初対戦。ドイツ装甲教…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」O Canada Solo-Play AAR

引き続き「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」シナリオ検証作戦を継続中。今回はD-Day当日のジュノー海岸上陸から翌日日没までの戦闘を扱う「O Canada(初めて知ったがカナダ国歌の名前だとか)」をソロプレイしてみた。 タイトル通り、主役は…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」The Race for Caen AAR

昨日はFORGER氏と 「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」の「The Race for Caen」シナリオを対戦。こちらは先日ソロプレイした「To the Sea」の拡張版・本格版とも言うべきシナリオで、6月6日のD-Day当日、上陸直後のイギリス第50歩兵師団…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」On to Bayeux Solo-Play AAR

今日は「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」の「On to Bayeux」シナリオをソロプレイ。このシナリオは、D-Day+3日の6月9日、ようやくこの戦域に到着したドイツ装甲教導師団による反撃と、内陸へ向かおうとするイギリス第50歩兵師団らの遭…

【戦国群雄伝】「関八州古戦録」天正壬午の乱 Solo-Play AAR

今年は久しぶりに大河ドラマを初回から見続けている。「真田丸」も先日の放送で天正壬午(じんご)の乱が終わったが、この戦いを扱ったウォーゲームはプレイしたことが無い。しかしよくよく考えてみると、2007年に購入した戦国群雄伝シリーズ「関東制圧」の同…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」To the Sea Solo-Play AAR

昨日に続いて「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」の「To the Sea」シナリオをソロプレイしてみた。この導入シナリオは、D-Day当日の夕刻に行われたドイツ第21装甲師団の反撃を扱っている。史実では、ブロニコウスキー大佐率いる戦車隊が海…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」Day of Days AAR

本日はFORGER氏に誘われ、秋葉原イエサブにて「GTS:The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」の「Day of Days」シナリオを初対戦。このシナリオは、6月5日夜間に行われたイギリス第6空挺師団の降下に始まり、翌D-Day日没までを扱うもの。第6空…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」Storming Gold Solo-Play AAR Part.2

さてゴールド海岸上陸シナリオ「Storming Gold」6月6日0700ターン、最初の海上チットが終わったところから。ドイツ軍は、続く第716歩兵師団チット、直接指揮チットで反撃開始。しかしWn33aが地雷原処理中のイギリス軍工兵を射撃し1ステップロスさせた程度…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」Storming Gold Solo-Play AAR Part.1

いよいよ「GTS:The Greatest Day」の上陸シナリオに挑戦。ルールブックによると、ジュノー海岸はドイツ軍の防備が固く、狭いソード海岸は渋滞地獄だそうで、まずは上陸するのが一番簡単なゴールド海岸シナリオ「Storming Gold」からソロプレイしてみた。 使…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」Day of the Tiger AAR

入手以来1ヶ月がかりでようやく「The Greatest Day(以下TGD)」のルールを翻訳完了。これにてルール全体が見通せたので、今日はKarter氏をお招きし、おなじみ「Day of the Tiger」シナリオを対戦した。 初戦は初「TGD」のKarter氏がドイツ軍を担当。忽然と現…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」(Battle for Normandy vol.1)

昨年発売されたGTS(Grand Tactical Series)第4作にして、ノルマンディ上陸作戦三部作の第一弾「The Greatest Day:Sword, Juno, and Gold Beaches」を入手した。前々から欲しかったが予算が無かったため、そのうち買えればいいやと思っていたところ、なんと…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」Day of the Tiger AAR

昨日は、2016年初のウォーゲーム会。昨年末に続き、FORGER氏と「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」のヴィレル・ボカージュ戦シナリオ「Day of the Tiger」を対戦させていただいた。 今回はまず自分がドイツ軍を担当。前回同様、第1ターン…

【Wargaming Column】ゆく年くる年2015

ウォーゲーマーとして「ほぼ引退」状態に入ったため、2013年・2014年はお休みした「ゆく年くる年」記事だが、今年は3年ぶりに書いておこう。 2014年は購入ウォーゲームわずか2個+1冊だったが、2015年に至ってはとうとう1個+2冊にまで減ってしまった。…

【Grand Tactical Series】「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」The Black Baron / Day of the Tiger AAR

MMP「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches」 GTS(Grand Tactical Series)第4作「The Greatest Day: Sword, Juno, and Gold Beaches(以下TGD)」(1944年6月のノルマンディ上陸作戦~上陸後一週間のイギリス軍戦区を扱う)はまだ未購入だが、N村氏…

【Grand Tactical Series】「The Devil's Cauldron」 A Bridge too Far AAR

昨日は、Karter氏と2015年最後の自宅ゲーム会。来年もGTSを遊ぼうということで、久しぶりに「The Devil's Cauldron」の「A Bridge too Far」シナリオを対戦した。GTSはあれこれ遊んでいたものの「TDC」に触れるのは2012年3月以来である。 今回はKarter氏がド…

【Grand Operational Simulation Series】「Wacht am Rhein 2012」Ride of the Valkyries Solo-Play AAR Part.3

WWIIバルジ戦ゲーム「Wacht am Rhein 2012」第6装甲軍シナリオ最終回。 12月19日裏のドイツ軍ターン。3920-3821の重橋梁(重戦車が踏んでも壊れない)が完成。これで河岸に接したパイパー戦闘団スタックには補給が通った。すぐさま待機していた第501重戦車大…